SLAM DUNK 全国制覇だ!桜木花道の作品情報・感想・評価

「SLAM DUNK 全国制覇だ!桜木花道」に投稿された感想・評価

美音氏

美音氏の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます


「リバウンドを制する者はゲームを制す」とか「庶民シュート」とか、名言すっかり忘れてたから急に思い出してなんか感動した(笑)

あとまさかの退場オチでコメディだった(笑)

安西先生の奥さん初めて見た気がする👘若女将って感じ
星彰

星彰の感想・評価

3.3
相変わらずの軽快なステップで苦痛なく視聴できた。ただ、目新しいものはない。
劇場版2作目?
これも初めて観た❣️
アホ同士の頭突きのやり合い、めっちゃ笑った😆南郷も桜木同等のアホさwww 楽しい〜癒される😊💖笑

津久武🆚湘北!も、楽しかった😆💖スポーツはイイね〜〜🍀✨
全然詳しくないけど、
スラムダンクは楽しい〜〜😊🍀✨
大好き💖
manami

manamiの感想・評価

-
受け継がれる「諦めたらそこで試合終了」精神、次の世代、さらに次の世代へと。
ふんふんディフェンス、リバウンドを制する者はゲームを制す、退場に対しての意識などなど、花道が真のバスケットマンらしくなりつつある本作。
リョーちん出てきて嬉しい。
「要チェックや!」も見たかった。

このレビューはネタバレを含みます

劇場版第二弾。
花道が坊主頭になる前の最後の劇場作品。

ゴリとメガネ君に因縁のある相手のいる高校との対戦だが、インパクトは立木文彦さん演じる先方の一年生と花道とのハルコさんをめぐるやんややんやがメインのお話。
計4本ある劇場作品の中では一番コメディ色が強いか。

流川は基本ニヒルさが信条のイメージがあり、それも間違いではなかろうが、彼の稀に見せる愛嬌というかユーモアが、短い尺の中にも垣間見えるおいしさのある一本。
ゲームセット直後、花道のスーパーリバウンドに対する観衆の声援はベタながらなんとも胸熱な展開。

それにしても立木さんが高校生役......そうした今現在ならほぼあり得ないキャスティングを体験できるのも往年の作品ならでは、というところ。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

3.4
インターハイ予選。湘北は津久武と対戦する。その高校には赤木と木暮と同じ中学だった伍代がいる。津久武には新人の南郷という実力者がいて、桜木の恋のライバルとなる。試合当日、桜木はこれまでの試合は全て5ファールで退場していた。退場したくない不安な思の中試合に臨む、、、。

ミッチーとりょーちんが加わって本来の湘北バスケ部になった本作。原作では相手の高校は名前は出ても試合シーンはなかった。なので本作は原作に出てないストーリー。

スポーツならではのドラマがあって人間味溢れてます。

柔道部の堀田面白い。
問題児軍団

スラムダンク劇場版2作目。
前作で登場しなかったミッチーとリョーチンが登場し、湘北メンバーが勢揃いするが花道とゴリ以外は、ほとんど描写されないため集まった感じがしない凄く残念な作品である。

湘北メンバーで一番好きなのがミッチーこと三井寿。キャラもそうだが、プレースタイルが大好きである。スリーポイントシューター、かっこいい。バスケで一番点が取れるスリーポイントを連発するその姿に憧れてしまうのだ。

インターハイ予選4回戦、津久武高校との試合が舞台となる。
原作9巻の165、166ページにダイジェストで描かれている。
手元にある人は確認してみてください。

中学時代の赤木と小暮のチームメイト伍代と桜木にそっくりな南郷が津久武高校のメインとなる。
この映画、色々適当である。相手チームのキャラ設定もどっかで観たことあるキャラだし、試合内容もどっかで観たことある展開だ。
原作の色んな場面をツギハギしたような内容である。

原作の魅力、湘北メンバーの活躍が無視されておりチームプレイというものが感じられない。バスケはアニメで描くのが難しいのかカクカクした動きで違和感だらけである。

あっ、安西先生。アニメはやばいです。

とりあえず、明日新装版届くみたいで楽しみでごわす。

Amazonビデオ/Primeビデオ
666

666の感想・評価

3.5
2018.6.3
桜木、あと一息。
相変わらずの桜木節を全開にしていた。

相手の津久武高校の伍代のドラマもあり楽しめた。
鑑賞回数:1
物語:★★★☆☆ 3.0
配役:★★★☆☆ 3.5
演出:★★★☆☆ 3.5
映像:★★★☆☆ 3.0
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★☆☆☆ 2.0

人気漫画の劇場版アニメ2作目
IH4回戦、赤木と木暮の中学時代のチームメイトである伍代が主将を務める、津久武高校との試合
宮城と三井が加わり、湘北がいよいよフルメンバーへ
アホだけど憎めない、桜木のライバルキャラも登場で試合を盛り上げる
桜木のリバウンド能力の開花と、退場に対する意識改革が見所
伍代の活躍が少なかった点と、絵の使い回しが多かった点が残念
Mado

Madoの感想・評価

3.0
「所詮、この天才のおこぼれで得点しているに過ぎんのだ。」

フンフンディフェンス
リバウンド22本タイ記録