ALIVEHOON アライブフーンの作品情報・感想・評価

『ALIVEHOON アライブフーン』に投稿された感想・評価

鑑賞はだいぶ前に映画館でですが、今年のかずのこ的「なぜこれがバズらなかったのか?」作品NO1なので感想を書いておきます。

2022年劇場で見るべき映画はトップガンマーヴェリックとノープと、このアライブフーンの三本でした。空のトップガン、陸のアライブフーン。

ゴプロを地面に置いてその上をドリフト走行させるという撮影方法によりど迫力のスピード感を生のままスクリーンに持ってきてます。更にプロのドリフトドライバーが協力しているので引きの映像はアイスダンスのような美しさがありました。

ストーリーは邦画にありがちなアレ。だってこの映画で表現したいのはストーリーではないから…と言いたいところですが、キャラクターの魅力で最後まで飽きずに見れます。特にヒロインの夏実が良い。強引なところもありますがちゃんと「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えるので気づいたら夏実のこと好きになっちゃうんですよ。地味に邦画だと珍しくない?2022年のベストヒロインでした。

とにかくもっと語りたいし、世間のみんなに知ってほしい作品です。
☆5じゃないのはストーリーでおいおいと思うことが少しあったから。

最後にゲーム好き的に「映画館のスクリーンでゲームしてみてぇ」を擬似的に叶えてくれた作品でもありました。大画面で見るグランツーリスモ最高!!!!
2022-238本目

とにかく熱量を感じる作品。
ドリフトレースシーンはとんでもない迫力。
下手したらブイシネなどで見かけそうな話を、それとは一線を画す存在感に作り上げてます。
それは、やっぱり画面の迫力。CGなしで2台の車がおそらくガチのスピードでぎりぎりスレスレで走る姿は必見です。 
それから音楽の力も凄い。

良くも悪くも手作り感。低予算を情熱でカバーした感じを受けます。
監修に土屋さんはわかるのですが、解説役には本物の役者を使った方がいいかなぁ。素人感丸出しだと、やはり萎えてしまいました。

迫力とスローモーションのバランス。ドリフトなのでスレスレ感を見るためにはスローモーションにしなくちゃいけないのですが、そうするとせっかくのスピード感が…。やや残念でした。

役者さん的には野村くんも青柳翔も、役作りですかね?いつもよりぽちやぽちやしてるように見えました。謎ですね。

最終的にバーチャルの世界に戻る主人公。結局ゲームとしてやってた部分が強いので当たり前の流れとは思うけど。このストーリーは見たことなく、斬新に思いました。時代ですねぇ。

映像だけなら4点レベル。
あすか

あすかの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

車好きな人に付き合って観たが、あまり刺さらなかった

ストーリーはよくある感じで、少し恥ずかしくなる感じだった

ドリフトや車の表現はアクロバティックでワクワクしたので、車好きな人は良いと思います
制作側が実況と解説でわざわざ状況を説明してくれてるのに、レースのルールが分からなすぎて置いてけぼりだったが、迫力は伝わった。
ゲーマーがいきなり活躍するってあるのかな?
プロドライバーがいきなりゲームでハイスコア出す事はありそうだけど。
ゆ

ゆの感想・評価

4.0
劇場の音響が良く、爆音のドリフトシーンにニコニコしてしまいました
ストーリーはベタすぎて先が全部読めます

キッズリターンのせいでモロ師岡が先輩ヅラして出てくると不安になってしまうが、いい人でよかった
ぎん

ぎんの感想・評価

-
映画終わりにチェイサーで帰る優越感
そのまま山行きたかった!!!!
Kayo

Kayoの感想・評価

5.0
下山天監督、瀬木直貴プロデューサー作品ということで、車には一切興味は無いけれど、映画館の大スクリーンで鑑賞したいと思っていた作品。期待通り、何の知識も無かったドリフトシーンにワクワクドキドキしつつ、描かれる人間模様に引き込まれていった。また映画館で観たい作品。
正直ちょいとダサさもあるんだけどそれを上回る熱量と作り手が題材を『信じてる』感がビッシビシに伝わってきて痺れた。映画館で体感できてよかった案件。
pearson

pearsonの感想・評価

-
ガチのドライバーも出演してたり、ドリフトもほんまにやってるから
現実か映画かわからんくなる
すごいね
Y

Yの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ドリフトレースの知識ゼロで
ルールも全く知らない状態だったけど
迫力が凄くて、本当のレース観てるみたいで
面白かった!
展開は予想通りではあるけど
ちゃんと練習の過程があるところや
自分のいた場所、世界を相手に戦う場所に
戻るラストも良かった

ラストは賛否あるらしいけど
試合中もeスポーツの画面が見えてたし
結局主人公はeスポーツの人ってことなんだろな
ただ、最後の試合勝ったのか
最初よく分からなくて、
優勝?準優勝?どっち??ってなったし
孤独とチームの素晴らしさばかり説いてて
世界と戦うことに対する主人公の思いとか
上昇志向とか全然描かれてなかったので
え?突然何言い出すんや?とは思った
>|

あなたにおすすめの記事