SLAM DUNKの作品情報・感想・評価

「SLAM DUNK」に投稿された感想・評価

スラムダンク大好き😆💖
また、1話から全部観たい❣️
桜木花道のバカで喧嘩っ早いけど、単純で純粋で一生懸命なのが好き!
あのアホさに めっちゃ癒される😆💖

劇場版は初めて観た。桜木が中学時代に振られた葉子と武園高校の小田の話しが入りつつ…の、武園🆚湘北の練習試合?🤗

久しぶりに桜木花道見て元気もらったwww
manami

manamiの感想・評価

-
漫画第1話に登場する葉子さんと、小田。思えば、この二人がいなければ高校入学後に花道が「バスケット」に異常なまでに反応することもなく、(そうそう、その第1話で『バグダッドカフェ』の存在を初めて知りました)もしかしたら入部もしてなかったかもしれないなぁ。後に巻き起こる数々の感動も、この二人のおかげと言えるかも⁈
そんな二人と花道がすったもんだするお話。

このレビューはネタバレを含みます

劇場版第一弾。
不良まっしぐらだった花道の、中学生の頃にちょっとした因縁のある相手の高校との試合。

オープニングテーマと映像を観るだけで強烈なノスタルジー。
ついこないだ、同輩たちと行ったカラオケで『君が好きだと叫びたい』を歌ってたのが居て、あまりにも懐かしくなってAmazonプライムで探して観てみた次第。

まずもって感心したのが、時代を差し引いても非常に躍動感があって瑞々しい作画のほど。
もちろんモブキャラのバンクシーン等有るにはあるが、コート内で己が力をぶつけ合う選手たちの汗と息遣いのリアリティはどうだろう。原作の井上雄彦さんの生命を感じる力強い筆致もしっかり生きているように思える。

そして各キャラクターの個性をより一層引き立たせている、青二プロダクション声優の草尾さん、置鮎さん、緑川さん、小野坂さんらのフレッシュで繊細な演技は掛け値無しに素晴らしい。

正味40分足らずの尺だが、構成に無駄が無く起承転結が鮮明になっているのでこれはこれで良し。
セル画時代のスポーツアニメの面目躍如、という出来栄え。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

3.2
武園高校と試合する事になった湘北高校。武園は強豪校だった。その高校に中学の頃桜木をふった葉子がいた。葉子はバスケ部の小田についていって武園に入学。小田は桜木がバスケやってる事に気に食わず、桜木を侮辱する。桜木は怒りを耐えながら試合に臨む、、、。

アマゾンプライムで発見し、懐かしーと思いながら鑑賞。

久々のオープニング、桜木軍団とか見て懐かしい懐かしいと思いました。実際漫画も全部読んでて、不良少年が女の子きっかけにバスケ部に入部し、立派に成長する物語。いろんなストーリーがあって最高の少年漫画です。

りょーちんとミッチーがいない時なんで少し物足りなかったです。
君が好きだと叫びたい

スラムダンク劇場版第1作。
スラムダンクは5番目くらいに好きな漫画。

自分は、小さい頃から現在までジャンプと一緒に育ってきた。
気づけばいつも、隣にはジャンプがいた。憂鬱な月曜日が苦じゃないのはジャンプのおかげ。風邪ひいたり、悲しんだり、イライラしたりした日でも、いつもジャンプがいてくれたから元気になれた。落ち込んだ日もジャンプが励ましてくれた。これは、死ぬまで続くことだろう。
そんなジャンプで、今一番のお気に入りは鬼滅の刃。おもろっ。

ジャンプで最終回が表紙と巻頭カラーだった唯一の漫画。
(こち亀もそうだったかな。)
ただ、これにはいくつか説があり、当時は最終回ではなく1部完であったかららしい。本当かどうかは分からないが、2部があっても山王戦を超える試合は書けないだろうね。

自分は、スラムダンクにハマったのは中学生の頃で、小学生の時に読んでたら確実にバスケ部に入ってただろう。同級生にも、この漫画がキッカケでバスケ部に入った人が結構いた。それほど、社会現象にもなった漫画である。

今作は、まだミッチーとリョーちんは出てこない。
対戦相手は、第1話冒頭で桜木をふった女の子の彼氏だ。
桜木にとって因縁の相手。その相手にどう立ち向かっていくかが見どころだ。だが、この頃は初心者なので反則ばかりで皆からバカにされる。
でも、一生懸命頑張るその姿に次第と感動を呼び寄せることに。

この映画で一番、気になったのは結局試合は勝ったの、負けたのである。
いや、試合の勝敗なんて関係ない熱い何かが胸に突き刺さる。

Amazonビデオ/Primeビデオ
666

666の感想・評価

3.0
2018.6.3
桜木と同中の小田との戦い。

喧嘩に明け暮れた中学時代を過ごした桜木とバスケを懸命に続けた小田がぶつかり合う。

小田は桜木がバスケをすることに腹を立てていたが試合をする中で次第に桜木のバスケへの気持ち、今まで失っていた楽しむという気持ちを見出し桜木を認め始めていく。

試合自体にはあまり盛り上がりはなかったがスラムダンク特別編的な位置付けでまぁ楽しめた。
鑑賞回数:1
物語:★★★☆☆ 3.0
配役:★★★☆☆ 3.5
演出:★★★☆☆ 3.5
映像:★★★☆☆ 3.0
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★☆☆☆ 2.0

人気漫画の劇場版アニメ1作目
桜木がバスケットアレルギーになった原因である、中学時代にフラれた記念すべき50番目の女の子が登場
その彼氏が所属する、武園高校バスケ部との練習試合の物語
初心者のミスを笑う人間が多い会場の中にあって、直向きにボールを追いかける桜木に最初に拍手を送った武園の監督に心打たれた
短い時間で観れて、色々懐かしくて良かった
OPの最後の晴子ターン好き
kiyora

kiyoraの感想・評価

2.8
ほんとにスラムダンクなのか、これは
小田…小田和正がクソすぎる
制作スタッフもっと頑張って
K

Kの感想・評価

3.8
またマンガ読み直したくなった。
小田くんと小田くんの彼女と桜木花道のものがたり。
よっぽど作品のファンでもない限り、わざわざ観るほどの物ではないかなーというレベルの出来な気がします。

時代を感じる演出が逆に面白いかも…
>|