男女性事学 個人授業の作品情報・感想・評価

「男女性事学 個人授業」に投稿された感想・評価

幼少期からのインポテンツを抱えている青年(田尻文人)が、不幸な生い立ちをもっている女性(中川梨絵)との出会いを通して、性の喜びを諭されていく。精神的充足を得るための性行為について、真摯な姿勢で綴っているロマンポルノ。

端的に言えば、「お互いにインポ状態にある男女の、心の慰め合い」を描いている作品。主人公の青年×中川梨絵が心的セックスを求めるカップル、主人公の友人(清水国雄)×芹明香が肉体的セックスを求めるカップル。この2組のカップルの対比が、物語の主軸となっている。

青年と中川梨絵は、何が原因でインポ状態に陥っているのかを自分で把握できているので、厳密にはトラウマとは言えないのだが、先述した2組のカップルのセックス観の相違が面白可笑しく描かれている。

「ロマンポルノを作るということは、男性にとっての女神を描くことである」とは某監督の言葉だが、まさに本作こそが「女神もの」の真骨頂と言える。「自分は誰かのために何ができるのだろうか?」という女神側の自己実現に、私の大好きなアウトサイダー精神の享受を禁じ得ない。