dear TOKYOの作品情報・感想・評価

「dear TOKYO」に投稿された感想・評価

東京には夢と希望がある
東京には挫折もある
同じ空間にいながら、マルチスクリーンで
噛み合っている?噛み合わない会話が…
東京も日常の生活の一部なんです(^^;
asuka

asukaの感想・評価

3.5
東京に行きたい!
と私も憧れていたなぁと自分の過去を思い出した。

本編で「東京に来たら自分の価値が上がると思ったけど、自分の価値を吸い取られている」みたいな台詞があってなんかグサっと自分に突き刺さった。

途中は会話劇。
会話が聞き取れないかと思ったけど、それらが噛み合ったときの気持ち良さはなんとも言えない。
maya

mayaの感想・評価

-
作品自体の印象より、私にとっては曲の印象が強かったです。
主題歌がとてもいい曲。
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
主題曲の「歌詞」が、この作品を上手く表現していると思う…♬

何処にいても「自分は自分」…♡

「夢や憧れ」を持って上京しても…「あれ?思い描いていた生活と違う」…女性…

東京で生まれ育っても…「あれ?こんな生活で良いの?」…男性…

…女性と男性の「独白」シーンが、
交互に進んでいく本作…

ラストは見事にシンクロした…♡

出会った2人…
出会えた2人…
…少なくとも…「それまでの生活」とは…
違った時間、毎日を…送れそう…♡

(…都内まで電車で1時間程の所に住んでいるけれど…
人が多くて、ごちゃごちゃしている都会は…私は…苦手…(笑))
uroborose

uroboroseの感想・評価

4.0
STARDUST DIRECTORS film fes. 2018にて拝見。
挫折からの恨み節でトーンダウンと思いきや、
二人の会話が噛み合った瞬間がたまらなかった。
二人の今後が見たくなった作品です。
淡々と進むストーリー。印象としては映画の大半が会話劇。
個人的にはあまり好みではない映画のハズなのだが、なぜか心に引っ掛かる。
まず、監督のセンスが良い。動きのないシーンをうまく見せていく。
そして、何と言っても、主演女優がいい。監督が兼任しているそうだけれど、魅力的な女優が存在するだけで、その映画は強力な武器を手に入れることを、あらためて痛感した。
kou

kouの感想・評価

3.8
毎日いろんなことがあるけどちょっと前を向いて歩いていけるようなストーリー

あなたにおすすめの記事