ワイルド・ローズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ワイルド・ローズ」に投稿された感想・評価

maverick

maverickの感想・評価

4.7
2018年のイギリス映画。カントリー歌手でシングルマザーの主人公を描く物語。


めちゃくちゃ良作で驚きだった。主人公役の女優も知らない人だったし、地味目な作品だったのでそれほど期待せずに鑑賞したのだが。主演のジェシー・バックリーの見事な演技、心に響くカントリーソング、胸に染み入る感動の物語と、素晴らしい出来栄えだった。音楽映画としても、人間ドラマとしても優れた作品だ。

カントリー歌手として有名になることを夢見て音楽活動を続けている主人公のローズ。だが彼女は犯罪に加担した容疑で一年間刑務所に入れられてしまう。その間、彼女の二人の幼い子供は母が面倒を見てくれていた。刑務所から戻ったローズだが、歌っていたクラブからは解雇され、二人の子供との距離も疎遠に。前途多難ではあるが、そんな中でも歌うことへの情熱だけは消え去ることはなかった。

ローズはまだ若く才能もある。だが前科者でシングルマザーの彼女に社会は冷たい。やれるだけの自信がありながらも、チャンスもお金もない辛い現実の日々だ。主人公が置かれる、こうしたやるせない気持ちは多くの人が共感する部分だと思う。夢と希望に満ち溢れていても、厳しい現実の前に意欲が奪われてゆく。音楽の才能がめちゃくちゃあるローズでさえ、夢を取るか現実を取るかの選択を迫られるのだ。

主人公ローズを演じたジェシー・バックリーは、吹き替えなしで劇中のカントリーソングを歌い上げている。その見事な歌唱力。魂のこもった歌声が心に刺さる。圧巻のパフォーマンスも素晴らしい。役柄に近付けるために少し増量もしたのだろう。パワフルでワイルドなキャラクターを見事に表現している。いかにも問題児な風貌。でも歌声を聞くとあっという間に引き寄せれるほどの魅力を持っている。擦れて気が強い部分と、ガラスのような繊細さを持ち合わせた演じ分けも素晴らしい。母である彼女の強さと弱さ。意思疎通出来なくて浮かべる悲しげな表情や、心を通わせて幸せを感じている表情など、母として見せるローズの多彩な感情もしっかり表していた。オーディションで選ばれた新星かなと思ったら、2016年の、テレビドラマ『戦争と平和』で注目されて本作に抜擢されたらしい。実力派の女優として強く印象に残った。これからのキャリアが楽しみだ。

ローズに現実を見ろと口うるさく忠告する母。本作は母と娘の親子の物語でもある。二人が対面するとても感動的なシーンがあるのだが、そこは思わず泣いてしまった。母も夢と希望を抱いていた頃があった。でも現実を見ることを選んだ。そういう話が心に刺さる。この母を演じているのが、イギリスの大女優で、大英帝国勲章も受賞しているジュリー・ウォルターズ。彼女の演技がこれまた素晴らしくて。ローズの母親だなと思わせる強い母親。いつまでも現実に目を向けない娘を叱咤するのだが、そこにはしっかり愛情がある。孫は可愛いが、だからと言って娘から子供を奪うようなことはせずに見守っている。あくまで子供には母親が必要なんだと。彼女は彼女でずっと娘を自分の手で育ててきたのだ。だからこそ娘に夢を諦めて母親として生きろというが、娘の人生を奪い取るようなこともしたくない。母の愛の深さ。それを感じさせる素晴らしい演技だった。


夢を追っている人の物語。どういう着地点とするのか非常に気になったが、そこも含めて大好きな作品性。ワイルド・ローズ、かっこいい。今の時代にカントリーソングというのがまた良い。心に染み入るね。
ひろ

ひろの感想・評価

2.7
歌は結構良かったです。

ローズに全く共感出来るところがなくいくらなんでも勝手すぎないか?とイライラするところもあり素直に良かったね〜と思えず…
子どもを産んでしまったならちゃんと責任持って育てて欲しい。
そんなローズのお母さんは素晴らしい人で厳しくするところもあれば最後にはちゃんと希望を捨てるな!と後押ししてくれるようなお母さんでした。
雪音

雪音の感想・評価

3.7
最後の歌はメッセージに溢れてたねえ。
メジャー成功はしなかったけど、彼女にとってはもっとかけがえのないものを得られたのではないかな。


にしてもカントリーは良いね。
タイトル通りマジでワイルド。
歌声もルックスも生き方もワイルドでカッケェって感じ。
でもそれは第三者目線でしかないから子供たちや母親の視点で見たりすることで何度も泣きました。
そりゃあ毎日楽しく遊んだりできるママがいいよなあ。

ロックと言えばかっこよく聞こえるけど自己中で横暴な性格。
特に序盤はイライラすることもあったし感情移入は全くできませんでした。

ローズが不器用なのは分かるけどもう少し子供優先で考えられなかったかな。
寂しそうな顔見るのつらかった。
夢を第一に動いているから子供たちは二の次で愛情なんてないのかと思ってました。
でもだんだんそうではないと感じ始めた。
夜中キッチンで娘を抱っこするシーンで泣いてしまった。
スザンナに真実を告げるところで子供たちを愛してると確信しました。
ナッシュビルから帰ってきたローズを迎える2人の笑顔が輝いててこれまた涙。

そして母親マリオンのローズを思う気持ちにもすごく感動した。
親として叱りながらも助けることをやめず気にかけ続ける。
母親の鑑です。
「責任を感じて欲しかったけど希望を奪いたくはなかった」と伝えるシーン。
号泣した。
この女性から産まれたローズがただ横暴なだけのはずはない。
いつになっても親は子を心配するんだなと改めて感じた。

ラストのコンサート。
ローズが笑顔で気持ちよく歌えてるのと彼女なりの成功も嬉しいし歌も素敵だったけどそれを見ている母親と子供たちの姿が良かった。
キッカケをくれたスザンナにも感謝ですね!

流れてくる曲は全部良き。
ジェシーバックリーの声は最高。
こんなに歌上手いの驚き。
顔も可愛いよね!
何故か分からんけどすげえ泣けたんだよな。
映画ってそのときの気分とかで感じ方変わりまくるから面白いよね。

てかスコティッシュアクセントやばい。
語尾のクセすごくね。
全然聞き取れないしムズムズする。笑
Dogman

Dogmanの感想・評価

3.6
主人公の女優の凄さが勝ってしまって、実は主人公自体の掘り下げが甘い?
nananan

nanananの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

【自分用記録】
シングルマザーが子供と夢の間で揺れる話。

親でも自分のしたいことはやはりあるし、親という立場を取る、もしくは責任を全うしようとするのは大変だなと思う。

ナッシュビルってイギリスだったか。最初のセックスシーンワイルドで良い。
グラスゴー出身のカントリー歌手と心地よいカントリー音楽で大満足。内容もちゃんとしてた。
灯台守

灯台守の感想・評価

2.5
主人公に感情移入出来なかった。ラストもオレ的には予定調和。ただ歌声は素敵だ。
hisauk

hisaukの感想・評価

3.5
幼い2人の子供を持つシングルマザーの、ローズは麻薬密売人として1年間服役。
カントリー歌手を目指すも歌手の仕事は無く家政婦として働く。

母親との確執もあるが、子供達にとっては祖母はなくてはならない存在。

母親、子供、夢、現在の自分の状況の中からローズは夢を叶える事ができるのか?

母親と娘の確執は問題となるところ。
母親がいたからこそ子供達は安心して暮らせている。
出所後、すぐに子供に会いに行かず、男の所に行ってしまうローズにはかなりの問題があると思う。

でも、母親や子供達との生活や実生活の大変さを夢見ていた頃とは違う事を思い知る。

ラストのローズの歌声は素晴らしい。

ローズ役の女優さんの名前がジェシー•バックリーだったので、「あれ?」と思い調べてみたら、ティム•バックリーがパパではないか!

あの有名なシンガーソングライターの!
しかもお兄ちゃんはジェフ•バックリー😍

歌上手いはず❣️
aro

aroの感想・評価

3.0

自分の子供と自分の夢、どちらを優先させるべきか選べない不器用なローズ。

子供を親戚や友人たちに預けて
歌を歌いに行ってしまい、
しまいには子供に大嫌いだー!って言われてしまう。
…それでもまた、歌いに行ってしまう。

なんだか、感情を剥き出しにする
子供のような自己中な母親に見えてしまった

でも、ラストでの自分で作詞した曲には
色々なものが詰まっていて、
ローズの歌った魂の歌には心揺さぶられました。
>|

あなたにおすすめの記事