カンバセーションズの作品情報・感想・評価

「カンバセーションズ」に投稿された感想・評価

FukaHamano

FukaHamanoの感想・評価

3.9
前に雑誌に「素敵な会話の出てくる映画」として「ビフォア・サンライズ」と並んで紹介されていて、ずっと見たかった映画。

2画面構成が面白い。
ビフォアシリーズ同様ずっと男女の会話を聴くタイプの映画になるので、2画面を目で追い、過去や現在を把握しつつ会話も聞かなくてはならないので目も耳も頭も忙しいけど、個人的にはうるさく感じなかった。

何回か見るとまた新たな発見があるのかも。

「男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト」というキャッチコピーがついていたそうだけど、どうだろ。

どっちもズルいし罪だと思うけど…

アーロン・エッカートにニタニタ顔は可愛く、小憎たらしい。

ヘレナ・ボナム=カーターは冷たく、色っぽい。

二人芝居とかにも出来そう。
エレベーターの女は欲しいけど。
ザン

ザンの感想・評価

3.6
音楽もなくストーリーも単調だが、単なるナンパか?→過去に訳ありの2人?→実は元夫婦!と進み最後に2画面が一つになるのは面白い。
joker

jokerの感想・評価

-
男性側の視線と女性側の視線と、画面を縦に2分割するというユニークな技法。

お互いが何を感じているか、
男女で観点が違って面白い。

テーマ曲がオシャレで好き。
常時分割された場面、撮影は相当大変だったのでは?と思いつつ、では両方が現在の主役2人を写している場面では必ずしも効果的とは言いがたいように思えた。
ただし、フラッシュバックとして現在と過去を表しているような場面では狙いが見えてきて失敗と言い切ることもできない気がする。「ビフォア・サンセット」を観ながら「恋人までの距離」の映像を思い出す感覚に近い。
Yukimin

Yukiminの感想・評価

2.8
コメディタッチなのかと思いきや全く違い、昔の恋人とのストーリーで男性は保存、女性は上書きって内容で んーもうチョッと何か欲しかったな
やっぱり、女と男って。
こんなにも違うのかしら。
って。
おもった
アーロンエッカート見たさに観賞
すず

すずの感想・評価

4.0
「男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト」

偶然再会した元恋人同士の男女の会話げなんだけど、頭をガツンと殴られたような、心臓をぎゅぅっと握り潰されたような、そんな気持ちになる映画。
久々に会っても、思いのほか普通に話せちゃうのが元恋人。
そのくせ回りくどい聞き方とか、すごい分かるの!
これといった理由もなく別れてしまった恋人との時間って、そこで止まってしまう。
その時間の続きを期待する男と、既に終わらせている女。
あるある〜!ってなったり、切なくなったり。
男が電話中の彼女にわざと声掛けるシーンは胸が痛い(´•ω•`)
2人の関係が分かると、それまでの会話の意味がガラッと変わってくる。
切ない切ない切ない切ない(´;ω;`)
これが最後だと思い、本音をぶつける男。
聞こえていたのかいなかったのか、はぐらかす女。
返事をしたら揺らぎそうだから、はぐらかしたんだよね。
この雰囲気、切なすぎるのに好きすぎる。
na

naの感想・評価

3.0
あまり好みのタイプの映画ではなかった。ふたりがずっと会話している映画。
感想川柳「やけぼっくい 火がついたら 消しましょう」

予告が気になって観てみました。φ(..)

ウェディングパーティに花嫁の付添人として参加した女と、花嫁の兄として出席した男。10年ぶりに再会した2人は見知らぬ他人同士を装って、クールな会話を交わし始める。、パーティが終わったころ、2人は女の客室に向かって朝までの数時間を一緒に過ごすことになる…というお話。

アーロン・エッカートとヘレナ・ボナム=カーターのほぼ2人演劇みたいな感じですが、常に2画面分割で進行していきます。( ロ_ロ)ゞ

2人の過去になにがあったのか少しずつ紐解かれていきます。(-。-;)「後悔」なのか「諦め」なのか、それとも「期待」か(((^_^;)女は分かりませんなぁ〜┐(´д`)┌男も「理由」を求めるくせに結局納得はしないもんな(笑)( ̄▽ ̄;)

全体的にオシャレな感じではありますが、ず〜っと2画面分割なのはどうかな?(゜ロ゜;ちょっとビフォアサンセットに近いところもある。

んでまず(^_^)/~~
ぴぴぴ

ぴぴぴの感想・評価

3.9
男女で思惑が全く違うところが面白い
こういった会話劇の映画がとても好き
>|