ブルー・ダイヤモンドの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブルー・ダイヤモンド」に投稿された感想・評価

キアヌ目当てで、ブルー・ダイヤモンド鑑賞。

・だめんずキアヌ
・脚本演出ぐだぐた感
・無駄に多い濡れ場シーン
・サスペンス?ロマンス?どっち
・素人目にもわかるブルー・ダイヤの品質

シベリアの凍てつく空のように、私の心も凍てついた。
キアヌの佇まいとエロスを堪能する、ある意味贅沢な作品…と思うと味わい深い。
切羽詰まった状況でも、出来ることがなくなるとお酒を飲んで女を抱くんだなぁって思った。
かつ

かつの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ポカーン😮映画です😢

こういう映画出てもキアヌは許されるのは温かい人柄のおかげかと😃
skip

skipの感想・評価

-
もっともっと情報を絞って登場しないという映画にしたらどうなっていたのか。中途半端にうまくいってないけれど、そういうテイストとしては好きでした。
り

りの感想・評価

3.0
フライヤーに「ハード・サスペンス・アクション!」て書かれてたけど、おい、嘘つくなよ…!!

よくわからなかったなあ、映像はきれいです

でもキアヌじゃなくてもいいよなこれ…

特にやるのことがない平日の夜にアマプラとかで流して、ダラダラしながら観ると良いやつ
サスペンスだけどサスペンス要素ほぼ無くて、キアヌ・リーブスが不倫相手とイチャラブしてる恋愛モノだった。むやみにイケメンではあった
Tommy

Tommyの感想・評価

2.0
マフィアとの取引が行われるまでの2日間を描く。シベリアの大地でキアヌ演じるルーカスとカティアは暖をとるように身体を重ねる。2人の心理変化は見事に捉えていたと思うが,脚本の弱さが目立った。
彼の運命は決まっていたのだと言わんばかりのラストは潔くて嫌いじゃない
異国の地で悪夢的迷路に填まり込んで世界の、或いは自らの本質と出逢う類いの内容と言えば言えるのか、どうなんだ。

名前と顔が覚えられず人物相関図を描けず、結果物語から振り落とされちゃったあたしにゃなにを言う資格もないけども。

表題が出た瞬間の、文字のフォントも背景の絵面も音楽も全てが完璧な美しさ、これにしびれちゃったり。

オープニングクレジットでモリー・リングウォルドの出演を知り、令和元年の今に大画面で彼女を見られるのかと高揚した俺の気持ちを返せ、なんだその扱いはこん畜生と思わされたり。

ま、再度観賞する機会があったなら吹き替えで挑戦しよう、くらいには思わせてくれましたよ、と。
皆さんスコアが辛いですねーw
キアヌ主演だからそれだけ期待度高いですもんねー。僕的にも上映前のジョン・ウィックの予告編で上がったテンションを超えるシーンが本編中に無かったかも。いやいや、きっとこれはジョン・ウィックへの助走的な映画だったのかもしれません。因みに僕の中で1番テンションが上がったシーンはブルーダイヤモンドを鑑定する機械で100%が出た瞬間でした。やった100パー!本物!みたいな。
兎にも角にもキアヌリーヴスだって人間だもの、無双の映画ばかりじゃつまんないですよねー。的にプラス思考で解釈するしかない映画でした(^^;

劇場171本目
@静岡東宝

エンタメ映画。面白かった。
これでもかと濡れ場が詰め込まれてる。
ここまでやると逆に気持ちいい。

なにも考えず観れる映画だけど、
正直、アクション要素もマフィア要素も
今ひとつ物足りなかった。
アクション映画でもマフィア映画でもない
半端な映画になってるのが惜しい。

最後のドライな終わり方はオシャレだなと思った。
>|