神への献身の作品情報・感想・評価・動画配信

『神への献身』に投稿された感想・評価

ママン

ママンの感想・評価

1.0
ふざけた野郎がいるもんだ😓😓😓

まあ、自分勝手に信仰してたら「そりゃーサタンに入り込まれるよな」ってなもんで、最近話題のカルト宗教統一教会みたいなもんだ。

宗教についてはこちらにも書きました💁🏻‍♀️
https://ameblo.jp/maman55-777/entry-12753343324.html

真の信仰を間違えたらあかん😆💨
神への献身

本気の信仰心で信者を増やしていく姿はこれから起業したい人には必見です。

実話の映画


ブラジルで信仰を広げたエジル・マセドって人の実話。
小さい頃からイジメなら、なにかと理不尽な目にあったエジル
ぜんそくの妹が教会の声で元気になると言われ、一緒に教会に出かけて、信仰心を持つ。
自らの一生を信仰を広げることを誓う彼に
待ち受けるのは教会や政治など裏の思惑。

結婚前のエジルは決してこんな男はダメと思うようにシーンがあった。
配役のせいだろうけど、目も笑顔もキモい。

これが映画監督の仕掛けなのか?
徐々に立派に見えてくるのが不思議。

このレビューはネタバレを含みます

( 」゚Д゚)」続くんかーい💨
続きが気になる終わり方で[つづく]の文字が!!おーい!
襲撃されてる信者たちは、どーなるんや!
続きはいつ観られるのか?マジで気になる(笑)

エジル・マセドの献身の歩みの物語。
実在の人物だなんてビックリ(o゚Д゚ノ)ノ
[献身]
それは、自分の時間、エネルギー、資産、命を含め、自分の持つ全てを神のご意志を遂行するためだけに用いる生き方。
[献身]
それは、自己犠牲の精神と清い崇拝が求められる生き方。

なんてね。

悪霊を追い出した辺りから自信満々のエジル!もう!誰もエジルを止められない!
立派な新興宗教の教祖が誕生したね(笑)

ちょっとだけ真面目に書くと、
1世紀当時のパリサイ人やサドカイ人などの宗教指導者たちと、イエスやイエスの使徒たちとの関係を彷彿させるような内容と展開。ご丁寧に迫害や無実の捕縛や不当な裁判も含めてね(笑)で、神への献身(笑)

でもね、聖書によると、伝道活動中のイエスには住む家もなかったんだよ。
貧しく病気の人たちに救いの福音を熱心に宣べ伝え、食事をする時間さえなかったんだよ。

エジルはさ、豪華な家、車、贅沢な暮らしをしていながら、神への献身とはちゃんちゃら可笑しいんだけど、物語としては面白かった。

あなたにおすすめの記事