ドール・メーカーの作品情報・感想・評価

ドール・メーカー2017年製作の映画)

Rock Paper Dead

上映日:2019年07月12日

製作国:

上映時間:85分

2.7

あらすじ

「ドール・メーカー」に投稿された感想・評価

Lenely

Lenelyの感想・評価

1.9
トム・ホランドとヴィクター・ミラーどうした⁈
かなり期待したが非常に残念な作品だ。
鬼畜な後出しジャンケンのくだりの胸糞悪い感じは良かった。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

1.0
トムホランド監督の最新作と言うことで見たけどくそつまらなさすぎた。チャイルドプレイシリーズはよかったのにねー。
感想川柳「刑事なら もっとしつこく 食い下がれ」

レンタル店でパッケージ借りでした。_φ(゚Д゚ )

いびつなマスクを被って若い女性を拉致・監禁し、ジャンケンをさせて負けたら殺して人形に仕立て上げ、コレクションする。その残忍で特殊な殺害方法から「ドール・メーカー」と呼ばれた殺人鬼のピーター・ハリスは、精神病院での治療を終えて退院し、おじが残した家に戻ってきた。しかし、家に残る忌まわしい記憶によって彼の心は再び闇へと転落していく…というお話。


いきなり犯人が捕まって、精神病院で更正したからシャバに戻ります~というスタート。(((((゜゜;)

そこにピーターを捕まえた刑事(マイケル・マドセン)と、ピーターに姉を殺された妹が参戦( :゚皿゚)

問題はどっちもこれという計画がないところ( ゚ 3゚)


途中の犠牲者が巨乳の金髪という王道ですね( ´・ω・)シ


伏線は「ほぅ」(゚Å゚)と思いましたが、そうすると警察の凡庸さが際立つことになりますなぁ( ´Α`)

せっかく猟奇的殺人現場を出しても、何がどうなってるのか分からない状態(よく見たら手足無くて逆さまだった)だったからあまり怖くない( ・ω・)


それにしてもラストはやたら展開が早足だし、ちょっと諦めるの早くないですか?(^_^;)))車で追いかけようや~。

マイケル・マドセン頑張ろうぜ~(^o^;)

チャイルドプレイの監督と13日の金曜日の脚本家のコンビは不発のようです。(゚Д゚ )


んでまず( ´∀`)/~~
horahuki

horahukiの感想・評価

2.8
後出しじゃんけんってズルくね?

『チャイルド・プレイ』『フライトナイト』のトムホランド監督最新作。『チャイルド・プレイ』の人形ホラーイメージで観客を獲得するためにこんな邦題にしたんだろうけど、人形にはそんなに重きを置いていなくて、人間が怖い系のサイコホラーでした。

美女を誘拐&監禁して、無理矢理じゃんけんさせ、負けたら殺害。もちろん後出しじゃんけんなので、100%負けるという鬼畜仕様。そんな手口の連続殺人で捕まった主人公ピーターが精神病院から退院してくるところからスタートする本作は、案の定全く治ってなかったピーターが再び暴れ始めるというありふれた展開を見せます。

そこに、ピーターの事件に興味津々な記者を名乗る女性、ピーターはまだ危険だと疑ってる元刑事のオッサンが絡んでくることで、それぞれの思惑が入り組み始めるといった内容。

前半はかなり退屈。ただ、ピーター役のルークマクファーレンの表情の演技から狂人の説得力が滲み出ていて、さらにはどこか精神的な幼さをも感じさせるもんだから、表向きごく普通な生活を望んでいるように見える彼が「いつ爆発するのか」という期待に近いスリルと「爆発してほしくない」というスリルの板挟みな感情が続いていくのが見どころっちゃ見どころって感じですかね。

その2つのスリルを煽るように、故意なのか不注意なのかを判断しかねる危うさを散りばめ、元殺人鬼というイメージがその一挙手一投足を恐怖に変換してしまうという偏見の根深さをキャラクターと同化させた演出に落とし込んでいるのは面白ったし、その偏見を跳ね除け、絶対爆発するだろうな…と思いつつも女性との通常のロマンス展開も願ってしまうという微妙な境界線を行ったり来たりするのが続いていくのも良い感じ。面白くはないけどね。

「それ伏線だったんだ!」って気づく後半以降の転換点の瞬間火力は激熱なんだけど、一気に点火した後にはそれほど燃え上がることもなく、すぐに弱火になって立ち消えちゃった印象。最後まで見ると凝ってるオープニング映像が伏線でもあり、ミスリードでもあるって気づくんだけど、そういう見せ方は望んでなかったという気持ちが勝っちゃってモヤモヤ感。

無難な中に少しのサプライズを込めてあるのは良かったんだけど、トムホランド監督にはもっと凄いの作ってほしいな~。とは言いつつもあんまりこの監督の作品を見てないことに気づいたので、いつか制覇したい!
爆笑。あんなに正々堂々と後出しジャンケンする人初めて見た。唐突に「受け取れ!」と生首投げてくるのも意味不明でとても良い。それにしても必ず事後に到着する刑事マイケル・マドセン、もうちょい頑張って!笑。
たらこ

たらこの感想・評価

1.5
ん・・・気持ちが気持ち悪くなった。
怖いとかなく、映像が気持ち悪いとかじゃなく、なんか、なんて言ったらいいんだろ・・・
気持ち悪い。
おじさんなのかな。
気持ち悪い中の1つだが・・・。
ん・・・。
原題:Rock Paper Dead
→じゃんけんぽん

駄作と聞いていたのに借りてしまった、アゲイン(笑)

マイケル・マドセンてどうしてこういうヘンテコホラーによく出るんだろうw?!



13人もの女性を監禁殺害した、連続殺人鬼ピーター。

だが心神喪失との診断が下り、入院措置だけとなった。

数年後。
治療が成功したので、まさかの退院。

滅茶苦茶幻覚幻聴があるのに、ピーターはシャバへ戻ってきた。

そして案の定、近所で女性が行方不明になる。

ドイル元刑事(マイケル・マドセン)は、ピーターの仕業だ!と彼を見張るのだが…



この医者バカなの?
裁判官もバカなの??

って感想しか出ない。

ラストの展開はもう馬鹿馬鹿しくて笑っちゃいましたw

どんでん返しを狙ったのだろうけど、ただとっ散らかっただけですねぇ…

マイケル・マドセンのハスキー低音ボイスだけが癒しでした♪

あ、エンドロール後に打ち上げ風景みたいなのが挿入されているのですが、何これ(笑)?

みんなで笑顔で踊ってるの……
要る??
dude

dudeの感想・評価

3.5
『サイコ2』の雑なリメイクって感じ。短いのはいいが。映画のレビューでありがちな「警察が無能」を極めたよく分からないマイケル・マドセン。車で追いかけんか! 病院で首切られるおばちゃんの迫真ぶり→楽屋オチ? 面白くはないがトム・ホランド監督作としては好きな部類かもしれん。
まぁみ

まぁみの感想・評価

2.8
チャイルド・プレイ
13日の金曜日のキャッチフレーズに
衝動的にレンタルしました。

もう一味 欲しいところですね。
0223

0223の感想・評価

3.5
自分にとってホラー映画の原点でもあるトム・ホランド監督の最新作。
観ないわけにはいかない。

低評価が多いようだけど個人的にはかなり良かった!
終わり方も潔くて好き!

あのドールフェイスのお面欲しい。。
>|