ジーザス・イズ・キングの作品情報・感想・評価

ジーザス・イズ・キング2019年製作の映画)

Jesus is King

上映日:2019年12月06日

製作国:

上映時間:32分

3.6

あらすじ

「ジーザス・イズ・キング」に投稿された感想・評価

19/12/08 19:40
IMAX レーザー/GTテクノロジー
@グランドシネマサンシャイン シアター12 J-22
正直、これを理解できたかっていうと全くできてない
もう少しJesus is Kingのアルバムから曲あれば良かったな
Fukkkie

Fukkkieの感想・評価

3.6
賛美歌とゴスペルをとても美しい映像で描かれてる。
監督にニック・ナイトを起用するあたりがカニエのセンスを感じる。

映画が終わってゴリゴリのヒップホップスタイルのキッズがヒップホップがかからないのか〜って嘆いてた。
約30分の映画なのでビールとポップコーンを残しまくってる人もいたし、ある意味すごい映画体験をした。
keitoes

keitoesの感想・評価

3.3
これ映画なのか?と聞かれたら、よく分からないと答える

ただグランドシネマサンシャインのでっかいIMAXシアターでこれを観ることは、かなり珍しい体験になったことは間違いない

カニエ・ウエストらが30分くらいずっとゴスペルを歌っているだけの映像なんだけど、最高の音響・映像美を全身で感じることができた

30分だから、IMAXなのに少し安かったしB1ポスターも特典で貰えたから大満足!

季節も相まって、本場の教会に来たような感じだった
少し前だけども、友達にチケット手配してもらって鑑賞。カニエ・ウエストとニック・ナイトのアートムービーでそれ以上でもそれ以下でもなかった。それにしてとファッションピーポーが多かったのが印象的だった。
IMAX効果も相まってある種の宗教体験
映画というメディアが恐ろしくなった
ゆか

ゆかの感想・評価

-
自分は、信仰心の無い人間だなと改めて心から感じさせられた結果、寝てしまった。
まっつ

まっつの感想・評価

1.3
IMAXにて鑑賞。

コーチェラでのSunday Surviceが徹底して真上からのショットなのに対し今作は下から見上げて天を仰ぐ画角が多かった。神の視点としてのSunday Surviceと、我々の視点としての本作。そうした画角の妙と全編に鳴り響く大音響のゴスペル(若干音割れがあったのが残念)ゆえか、本作には強制的に祈らされる感覚を覚えた。まあ大部分はよくわからなかったし30分ちょっとの作品なのに眠たくなるくらいには観念的・抽象的なのですが……
marimo

marimoの感想・評価

2.8
IMAXフルサイズの映像では無いのか…
そうすると個人的には池袋に足を運んだ意味が薄れるわけで…

なんとも宗教的な感じでちょっと苦手でした
カニエファンは満足な感じなんですかね

設備はいいのに所々で音が割れてたのがちょっと残念
akira

akiraの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

メモ

アイリスイン-アウト
この物語はファンタジーであることを意味する映像言語
>|