Mr.Children REFLECTIONの作品情報・感想・評価

Mr.Children REFLECTION2015年製作の映画)

上映日:2015年02月07日

製作国:

上映時間:108分

4.3

「Mr.Children REFLECTION」に投稿された感想・評価

久しぶりの鑑賞。

一生に一度でもライブを観に行ってみたい。

小林武史さんと決別し、新たなスタートを切ったミスチルの底力。

半端ない。
滑頭

滑頭の感想・評価

-
こういう映画を観たことがなかったので映画としての評価をどう付けたらいいのか分からないけど、「未完」が好きだった。「花 -memento mori」が嬉しかった。

2015/02/11
ぺん

ぺんの感想・評価

5.0
FCライブが忘れられなくて
高校生の時1人で
見にいった。

Zeppで聴けたの一生の思い出
Ron

Ronの感想・評価

-
2回ほど観に行ったなあ
当時はIMAXとか普及していなかった(知らなかっただけかもしれない)から日本橋のTCXシアターで鑑賞した記憶が蘇る、、
ミスチルが直接性慾による孤独からの逃避という快楽を讃えるなら、スピッツはその行為自体を求める侘しさを嘆く。
だからミスチルの方が直截的で、そのわかりやすさと乗っかりやすさに惹かれて、昔よく聴いた。そしてなぜか当時は相反するスピッツもよく聴いた。

これまでの人生で、僕はスピッツを求めることの方が圧倒的に多い。といっても、ミスチルを求めていた時期が短いわけでは特にない。少なくともオレンジレンジを求めていた頃よりも身体もナニもデカくなって、毛の数も増えて、今のところは幸いそこから毛の数は減らずに済んでいるが、とにかく、オレンジレンジの頃よりもミスチルの頃の方が音楽を鑑賞する術を少しはわかりだしていたし、したがってそれなりに長いこと聴き続けていた。
でも、その当時ー今から何年前か、指を折るにもその指にだけ重力が反対に働いていて、重くて曲げられないと感じるほどに、思い出が苦い時期ーだけは、スピッツもミスチルも求めていた。

スピッツは、そんな僕の凄惨な心のうねりを「わかる、わかるよ」と、首を小さく振ることで伝えてくれている感じがして、そしてそれを声を出さずに、文字に起こさずに伝えてくれているような歌声と歌詞で、優しかった。
ミスチルは、そんな僕の存在を無視して楽しそうに僕の恐れていることを恐れずにやってのけてしまう大胆さと、馬耳東風に好きなことをやってのける向こう見ずな音がして、清々しくて憧れた。

今の僕は、ミスチルの若さに、冬のこの時期のお風呂上がりの乾燥肌のような痒さを感じてしまうんだけど、それでもたまに聴きたくなる。「チューインガムの味のように消えて無くなったりしないでよ」とか、そういう捻りのない真っ直ぐな言の葉で人を感動させるって、すごいと思う。
(特別枠としてスコアなし)

高校生の時に学校休んで遠くの映画館まで観に行った。とてもとても幸せでした。

映画館でライブ映像を観るのが初めてどう観ればいいのか分かんなくてソワソワしてたけど、普段のライブ映像観てるのとはまた違った感覚で震えたの覚えてる。

余談だけど、この年に初めて大好きなミスチルのライブに行って感動しまくりで、なんでもっと早く行かなかったんだろうってすごく思ってそこからは基本的に毎ツアー行かせて頂いてるけど全てかけがえのない思い出!!


P.S.全然関係ないけど椅子がふわふわで快適だった笑
TAKASHI

TAKASHIの感想・評価

-
特別枠。
もっと同世代にMr.Childrenの良さを知ってほしい...。
第一期名曲戦開催👑✨


7月に仕事場が異動になり片道50分かかるようになったもちゃは、移動中の車内🚙で大好きなミスチルを延々と聞いていた🎵
無性にLIVEアレンジの『and I love you』を聴きたくなり未完ツアーのブルーレイを観た後、本作も久しぶりに鑑賞。

本作ではファンクラブ会報で企画されたLIVEで歌ってほしい歌のランキングが発表されていた👑

🥇口笛✨
🥈I'll be
🥉旅人
4位 simple
5位 終わりなき旅
※I'll beのランクインはシングル版とアルバム版が合算されて集計されたため。


よーし🤔
余りに暇なもちゃは、やることがなさすぎるので
これまた好きな将棋の名人戦にかけて、

「第一期 Mr.Children 名曲戦」を開催することにした。

何を隠そうこのわたくし、こういう無駄な集計やランキング、トーナメントを勝手につくって勝手に王者を決めて、その過程をクソ長いレビューにまとめて悦に浸るのが大好きなのだ😘


それではまず将棋の名人戦の概要をお話しよう‼️(やめとけ)

2020年8月現在169名いるプロ棋士はA、B1、B2、C1、C2からなる5つのクラスにそれぞれ在籍する。
それぞれのクラスでは1年を通してリーグ戦が行われ、上位・下位の者がサッカー⚽️のJリーグのように昇格・降格をする仕組みだ。
そして、最上位のA級リーグはたった10名の在籍しか許されていない。
10/169という狭き門を潜り抜けた歴戦の強者が集う将棋界最高峰のリーグなのである。


これに習いミスチルのインストゥルメンタルやバージョン違いを除いた全233曲を、将棋リーグの在籍割合に当てはめてリーグ分けした‼️
(アレンジしすぎてけっこう別曲と感じる、例えばI'll beやタガタメなどは別個でカウントしている)

リーグ分けを全て紹介すると大変なので笑
最高峰のA級リーグに認められた13曲を紹介する‼️



🎵Mr.Children 名曲戦 A級在籍楽曲🎵

君が好き
蘇生
CANDY
and I love you
Another Story
しるし
365日
hypnosis
Starting Over
未完
YourSong
裸にて、裸は裸になり裸
皮膚呼吸



この13曲で総当たりのリーグ戦を行い1位となった曲が「第一期名曲」の称号を得る✨


しかしこれだけ絞りに絞り、A級入りを泣く泣く見送った良曲たちが数多くあるのに、さらにその中から選ばれし良曲の勝敗なんてつけようがない🤔

そう、あなたのベストムービーは何ですか?と聞かれてるのと同じようなものなのだ🎞


選べねーーー😡😡😡


あとガチで選ぶとたぶん「しるし」が永世名曲になってしまい、それではつまらんので個人的な嗜好を勝率のウエイトにかけ、ルーレットで勝敗を決めることにした💡

番狂わせ(?)もあり、なかなか面白い結果になった☺️


それでは発表しよう‼️

第一期名曲戦 A級 序列
※勝敗が同じ場合は先に発表された楽曲を上位とする。

1. CANDY 9勝3敗
2. しるし 8勝4敗
3. 君が好き 6勝6敗
4. Another Story 6勝6敗
5. 365日 6勝6敗
6. hypnosis 6勝6敗
7. 蘇生 5勝7敗
8. And I Love You 5勝7敗
9. Your Song 5勝7敗
10. 未完 4勝8敗
11. 皮膚呼吸 4勝8敗
12. 裸にて、裸は裸になり裸 3勝9敗


この結果、来季のA級リーグは
皮膚呼吸、裸がB1に降格、
くるみ、UFO、BirthdayがB1から昇格となった。


そして栄えある「第一期名曲」は...


👑Starting Over✨ 11勝1敗👏



良曲揃いでミスチルの底力を見せつけた名アルバム「REFLECTION」より、映画『バケモノの子』の主題歌を務めた「Starting Over」が第一期名曲に君臨した👑✨👏👏


タイアップ曲ではあるがシングルカットされていない曲が名曲に就くというミスチルらしい結果となったことにもちゃは大層満足である☺️

また暇があったら第二期と、竜王戦の開催でもしようか🤔


それでは第一期名曲に輝いた🎵Starting Overです。お聴きください👂

https://youtu.be/3PnCgAlmK3Q


※尚、Starting Overは本映像作品には収録されていません笑


追記
企画してて書き忘れたw
A級在籍の曲のお気に入りのワンフレーズも紹介✨


🎵第一期名曲👑Starting Over
何かが終わり
また何かが始まるんだ
きっと

🎵CANDY
諦めよと諭す回路に君がそっと侵入してきて
何食わぬ顔で夢をチラつかす

🎵しるし
泣いたり笑ったり不安定な想いだけど
それが君とぼくとのしるし

🎵君が好き
君が好き
僕が生きる上でこれ以上の意味はなくたっていい

🎵Another Story
記念日を携帯が教えてくれて
そんな時ばかり上手く立ち回って
誇張して言えばそんな感じだろう
君にしてみれば

🎵365日
例えば自由 例えば夢
盾にしてたどんなフレーズも
効力を無くしたんだ
君が放つ稲光に魅せられて

🎵hypnosis
今日も見果てぬ夢が
ぼくをまた弄んで
暗いトンネルの向こうに光をチラつかす

🎵蘇生
そう何度でも何度でも
僕は生まれ変わっていける

🎵And I Love You
君に想いが強く向くほど臆病になるのがわかって
素直には認められなくて
でも君が僕に突き通してた嘘をあきらめた日
それが来るのを感じたんだ
未来がまたひとつ ほらまたひとつ
僕らに近づいてる

🎵Your Song
ふとした瞬間に同じこと考えたりして
また時には同じ歌を口ずさんでたりして
そんな偶然が今日の僕には
何よりも大きな意味を持ってる
そう君じゃなきゃ 君じゃなきゃ

🎵未完
ここがどこだとしても
まだ出口まで遠くても
そのぬかるみを越えきっとたどり着く
胸の中の約束の場所へ

🎵皮膚呼吸
とある日顳顬の方から声がして
それで満足ですか?って尋ねてきた

🎵裸にて、裸は裸になり裸
全部把握したつもりでいても
実は何もわかってやしないよ
今裸は裸になり裸ってるよ
7l0

7l0の感想・評価

5.0
ファンクラブ会員7年目のガチファンです。

高校生のときお母さんと見たなあこれ。
DVDもパンフレットもあるけどどんなだったかあんまり覚えてない。
ただこれを観る前よりもっとMr.Childrenのことを好きになったことはめちゃくちゃ覚えてる。
最後田原さん、ナカケーさん、JENさんがコーラスの「独り言」でおわるエンドロール最高〜。

このときのFC限定ライブ落選して、めちゃくちゃ悔しくて泣いた記憶ある、、笑
5年後にFCライブ初めて行けたよ って教えてあげたい。
当時ほぼ初公開の新曲で構成された貴重なFCライブとメンバーへのインタビュー。
セルフプロデュースに体制を変えて生まれ変わったMr.Childrenを体感できた。
音も見た目もどこか垢抜けて瑞々しい印象で、それがなんか嬉しかったし、めちゃくちゃカッコよかった。
Mr.Childrenのこれからのキャリアを更に楽しみにさせてくれた映画。
>|