HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品の作品情報・感想・評価・動画配信

HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品2019年製作の映画)

Homecoming: A Film by Beyoncé

製作国:

上映時間:137分

4.3

「HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品」に投稿された感想・評価

Qota

Qotaの感想・評価

4.3
Hold Up

Queen Bのカッコよさとセクシーさを
堪能できるビーチェラの伝説的映像作品。

多くの人が彼女に憧れる
気持ちがよくわかる。

HBCUのマーチングバンドカルチャーを、
様々な人種を前に魅せるパフォーマンスは
刮目に値する。
tomharak

tomharakの感想・評価

4.0
『人類の代表になりたい』

と、はっきり言っていた。

ストロング過ぎるわ。
楽曲もおどりもストロング過ぎて夜中ひとり家で観るには少し凭れるかな…
真夏にクーラーガン効かせの部屋で大勢にてモツ鍋などをつつきながら観たかったなあ…

※ディスチャの3人がキャッツアイみたいにシルエットで浮かび上がったときのガン上がりぷり。
これ観て「私はもうビヨンセになれないんだ…」って言いながら泣いてた。
オム

オムの感想・評価

4.0
分かってたし、それを感じたくて観たんだけど、思い知らされるよね。ビヨンセは偉大。基礎としては黒人(同胞)のために、そして女性のために、ひいてはすべての弱者のために。ビヨンセは寄り添うし、励ますし、一緒に踊ろうって手を引いてくれる。そんな気持ちにみんながならないと意味がないと言って自分を律して完璧な体とステージを作る。

最強に情に熱く強い女性。
でも、時折見せる笑顔がめちゃくちゃキュート。かわいいなあ〜って場面もいくつか。しかし強い。かっこいい。あたたかい。カンパニーのみんなが楽しそうかつビヨンセを崇拝してるのもいい。

辛くなったらビヨンセ聴こう。って思っちゃった。
1:50のディスティニーズチャイルドのメドレーからソランジュに号泣!!!!!!出るって知らなかったから普通に鳥肌たって涙止まらなかった。
10年経ってもみんなかっこいい...
ビヨンセが6歳の子供と双子の赤ちゃんを抱えてステージつくる舞台裏だけでも泣いたよ。
ビヨンセですら黒人であることにより、箱に閉じ込められてる気持ちを感じていて、解放させるためにステージをつくるんだって。ショービズなだけではなくこれは文化。
るま

るまの感想・評価

3.6
ジェーン・スーも言ってたけど、ほんと涙出ちゃう。ライブパートは字幕なしをオススメします。
Mace

Maceの感想・評価

4.2
半分くらい知らない曲だったけどビヨンセのライブが本当にとんでもないことは嫌というほど伝わる、これギャラいくらだったんだろうか...笑
デスティニーズチャイルドからのソランジュがゲストって流れが豪華すぎて笑った
Karen

Karenの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「私と同じ熱を持った人たちが必要なの」

これに尽きる。
 
母なるB
神なるB
私の永遠。
mnms

mnmsの感想・評価

-
エンパワメントとかいう概念についてはほんとにそんなもんあるのか?と疑っていたが、視聴後確信した。エンパワメントはあります。マーチングバンドって音ペナそうとか思ってた数時間前の自分を説教したい。ピラミッドのたもとでは全ての人間が平等に躍り狂う。爆音で観るべし
Tikk

Tikkの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと見たくてやっと見ることが出来ました!
ビヨンセの存在感と歌唱力、ダンサー、コーラス、楽器隊、衣装、セットリスト、登場から退場まで終始圧倒されました。全てが美しくて強くてかっこ良かったです。

一番印象的だったのが、カメラに抜かれる度に観客がステージを食い入るように見ていた、その表情です。美しくて眩くて、その人の持っているエナジーを感じました。

コーチェラでのパフォーマンス(またはこのドキュメンタリー)は、ビヨンセ自身が、自分たちの肌の色や文化や性別に誇りと自信を持っているという表明であり、また性別や人種などで不当な扱いを受けた人全てに対する彼女なりのエールなんだと思います。力を貰いたい時にまた見ます。
>|