坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : asyncの作品情報・感想・評価・動画配信

坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async2017年製作の映画)

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:65分

4.0

あらすじ

「坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async」に投稿された感想・評価

s

sの感想・評価

4.2
自分の中に生じた言語化しきれないグレーゾーンを、白黒つけずにグレーゾーンとしてまま置いておくことも、ある種人生における余白かつ余裕と言うのかなあと、見ながら聴きながら思った。

もちろん、それをそのまま置いておく責任は自分にあるから、それを昇華して次に繋げることも、ある種次の余白を生む生産的な作業になると思うけれど。?
Kaiki

Kaikiの感想・評価

3.8
坂本龍一のライブ映像作品。

「坂本龍一が誰にも聴かせたくなかったパフォーマンス」とあるように、至高の極みのようなライブパフォーマンス。

ただ曲を聴かせることが音楽演奏じゃない。
彼は、自らで物質、素材の剪定をし、それらを擦るなり摩るなりで楽器を創り出し、人類が未だ知らないような音を重ねて交わり合わせるように「音の空間」を生み出す。今までにない音楽体験。

つまらないと感じる人も少なくないとは思うけど、あの空間すべてを創り出すのはまさしく希少な芸術、そしてそれ以上の何かだと思う。

彼はたぶん音楽仙人のような存在。
igrshrak

igrshrakの感想・評価

4.2
まじ変態。

パフォーマンスアートの領域。

いろいろなものが楽器になる、そしてこんな楽器どこにあるだって感じで興味深い。
me

meの感想・評価

-
よく分からなかった。凄い人ってことは分かります。

「星になった少年」の音楽聴きたい。
坂本龍一ファンではないがこのアルバムが好きだったので映画館で観た。

全曲素晴らしいのだが、映画では演奏されなかった曲もあり残念。こういったアンビエントな楽曲はテクノと通じるのだろうか。
と

との感想・評価

3.7
知識などないから、音楽は好きか嫌いか、耳が気持ち良いかくらいしか分からない。ぼーーーっと夢うつつで聴いてた。
観賞してる方たちの考えを巡らせたような表情も興味深くて、頭の中を教えていただきたい。難解なんだもの。
/04とか/05のわかりやすいものが好きなのです。素人には難解すぎた。けど聞きいってしまう、つまりは神の所業である。
844

844の感想・評価

-
娯楽音楽から芸術に逃げたようにも思えるけど、相変わらずドラッキーな人だ。
ぶっ飛びすぎてシラフなのかと思うくらいヤバい曲また作って欲しい。
pino

pinoの感想・評価

3.8
自宅
2022年1月26日
何もかもが音楽につながる
俺にはよく理解できない事もあった
戦場のメリークリスマスが聞きたかった。
すごく幻想的だった
これ聴きながら寝たら秒で眠れる
たけい

たけいの感想・評価

4.0
分からないを楽しませるためには深さが必要。これだけの深さで表現をしている人が何人いるだろう…
>|

あなたにおすすめの記事