KoutaroAkizukiさんの映画レビュー・感想・評価

KoutaroAkizuki

KoutaroAkizuki

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.3

ビターエンドの代表格と呼んでいいほどに、とにかく観ていてやきもきする映画。
後味は非常に悪いが、バッドエンドと呼べるほど決定的な結末を迎えているわけではなく、だからこそ、非常に心がざわざわする。ただ、
>>続きを読む

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

4.5

実際の事件を題材にその公判が行われるまでの過程を群像劇に近い形で描いており、非常に社会的なメッセージが強い作品。
扱っている題材が題材なだけに、一見ややとっつきにくそうなイメージを抱いていたが、物語の
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.8

個人的にこれまでなかなか触れる機会のなかった作品だが、これはもう、さすがの一言。文句なしに名作。
非常に長尺ではあるものの要所要所にしっかりと山場が用意されているおかげで全く時間を意識することなく観ら
>>続きを読む

STAR SAND 星砂物語(2017年製作の映画)

2.3

テーマは描かれている。メッセージも伝わってくる。役者の演技も、概ね良い。
描かれているもの自体は悪くない内容ではあるのだが、しかし、観ていて非常に心地が悪い。
致命的なのは、どこかの部分がピンポイント
>>続きを読む

ライド・ライク・ア・ガール(2019年製作の映画)

3.7

特筆するべき何かがあるわけではないが、良作の伝記映画であり、展開もわかりやすくてエンターテインメント性が高い。普通に面白い。

中盤、主演のテリーサ・パーマーとサム・ニールの微妙な親子愛の描き方が素晴
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

4.0

一にも二にもレネー・ゼルウィガーの名演が印象的。
薬物中毒で情緒が不安定な主人公の躁鬱を見事に演じている。
随所に挟まる歌唱シーンも圧巻。

脚本部分でやや演出過剰になっている印象を受けたのが少し残念
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

2.6

一流のスターたちが総出となって作られたB級ゾンビ映画という印象。
とにかくシュール。そしてなんでもあり。
メタ発言が飛び出せばキャストイジりも監督イジりもする。
伏線や設定は全て投げっぱなしで回収する
>>続きを読む

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

5.0

鑑賞のハードルはすこぶる高いが、間違いなく後世に遺すべき傑作。
大林監督の想い出と、愛と、メッセージとがぎっしりと敷き詰められている。
白虎隊、娘子隊、桜隊を中心に戦争と人命といった重厚なテーマを扱っ
>>続きを読む

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

3.5

終始明るい雰囲気で、セリフにも演出にもセンスのいいユーモアが非常に多く、気分良く観ていられるラブコメディ。

『人生はいつでも何度でもリセットできる』という振り切ったテーマが随所に垣間見え、うまく行か
>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

2.2

ハートフルコメディで暇に飽かして家族で観る分にはちょうど良い映画。八丈島ののんびりとした雰囲気が作品によく合っている。

作品の根幹である母と反抗期の娘の関係性についてはそこそこ丁寧に描かれてはいるも
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

4.0

これといって何かが起こるわけでもなければ、特筆するほど奇抜な登場人物が出てくるわけでもない。
ちょっと変わった人たちのごく普通の日常と恋愛模様を綴った観察日記のような映画。

本筋と並行して描かれるサ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

2.8

ここまでがっつりとしたいわゆるセカイ系作品を久しぶりに観た。
ジャンルとしては嫌いじゃない。ただ、称賛できる作品かといえばそうでもない。

絵は非常に美しい。新海作品は他に『君の名は。』しか観ていない
>>続きを読む

名もなき生涯(2019年製作の映画)

4.1

紹介文を見てオーソドックスな戦争映画かと勘違いしていたが、実態は高度な宗教観と「心の自由」という哲学的なテーマを扱った重厚な作品。

余計な台詞が一切なく、映像で描ける部分はすべてそれだけで表現しよう
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

3.2

上映時間も内容的にも非常にハイカロリー。複数の短編小説を脚色しただけあってややオムニバス的な印象を受ける。
メッセージ性は強烈。力いっぱいのボディーブローを受けたような感覚。ただ、逆を言えばそれだけで
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

4.8

刑事ドラマがベースではあるものの、ゴリゴリのヤクザ映画でもあり、気合の入ったカーチェイスまでやってしまう、サスペンス・バイオレンス・アクションのフルコースディナーのような映画。
ともするとどれも中途
>>続きを読む

YESデー ~ダメって言っちゃダメな日~(2021年製作の映画)

3.4

シチュエーション・コメディを一本の映画にまとめたような作品。
少しギクシャクした家庭関係を修復していく王道ストーリーではあるが、思い切りよくギャグに振り切っていた点は好感が持てる。特にラストカット。
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

良くも悪くも、スパイク・リーらしい作品と言えるかもしれない。
内容としても良作ではあるのだが、何よりも公開時期が絶妙だった。惜しむらくはあと二年遅ければ、凄まじいムーブメントを起こしていたかもしれない
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.0

テーマは良い。絵も美しい。舞台設定や雰囲気も王道のファンタジーで好みではある。描かれている内容も粒ぞろいであり、個々を取り上げていけばすごく面白いものを扱っている。にもかかわらず、それらをすべて組み合>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

評判は耳にしていたものの、「ありがちな戦争映画では?」という先入観からずっと視聴を見送ってきた作品。観て後悔。もっと早くに観ればよかった。
『対米戦争中の広島』といういかにも戦争の凄惨さを描きやすい舞
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

4.5

邦題は酷いが内容は秀逸。
戦争、生死、友情、贖罪と様々なテーマが一つのロードムービーに盛り込まれていて、それがときにコミカルに、ときにビターに描かれている。

主演三人の演技には非の打ち所がなく、道中
>>続きを読む

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

4.1

とかく、ウィレム・デフォーの名演と映像美が素晴らしい。
ゴッホの孤独と苦悩、そして悦びが演技を通じ、映像を通じ、画面全体を通して伝わってくる。
ゴッホの心象風景にフォーカスしたカメラワークが印象的で、
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.2

随所にインタビューを挟んだノンフィクション的演出や、2人の主人公の回想をクロスオーバーさせる編集など、個性的で効果的な表現手法が興味深い。
ノンフィクション映画とフィクション映画を同時に鑑賞したような
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

2.0

ホラーのお約束を守りつつ、トゥルーマン・ショーのようなSF映画をやろうとしているのかと思いきや、根底にあったのはファンタジー。
良い設定は使っているのに、お互いが全く噛み合わず、結果何をしたかったのか
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

2.0

笑えそうなシーンはいくつもある。
ただ、それがどういうわけだかさっぱり笑えない。その原因を追求するすることがこの映画を観た意義なんじゃないかと思えてくる。
コメディの中身としてはほとんどドリフで、おそ
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

4.6

二人の名優の演技がとにかく素晴らしい。
実在の人物を描いているとはいえ、登場人物の掘り下げ方がちょうどよく、作中にこれといったドラマも、エンターテインさせる要素もないのに、自然と惹きつけられてしまう。
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

全体的には面白い。設定もストーリーも非常に好み。キャストの演技も良い。
ただ、演出の部分で父親の心理描写がそれほどはっきりと描かれていなかっただけに、クライマックスの展開がどうしても突発的に感じてしま
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

2.8

実際の事件を、その当事者たちを使って描こうという試みは面白い。
事実にこだわっているだけあって、主人公たちの人生が掘り下げられていく過程や、旅の空気感は非常に良かった。
ただ、その反面、肝心の事件の描
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

主人公は常に正しい選択をして、紆余曲折ありながらも最終的には最善の結末を導くものだ、という先入観を完全に逆手に取った、邪道の頂点とも呼べる作品。
秀逸なのは、一口にバッドエンドと言っても、ただ主人公が
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

5.0

伝記作品でありながら、エンターテインメントとして間違いなく傑作。
音響といい、迫力のある映像といい、是が非でも映画館で観るべきだったと後悔した作品。
クリスチャン・ベールの演技も素晴らしい。

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

4.6

奇想天外な設定、予断を許さないシナリオ、マリオネットをモチーフにした異色の演出、アイデアが凄いとしか言いようがない。
一見、ファンタジックな仕掛けを用いて、主人公が偽りの栄光を手に入れるだけのコメディ
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.8

詐欺師系クライムドラマの下敷きと呼べるような作品。
詐欺の手口自体はすでにいくらでも使い古されたものなので、もちろん斬新さは感じられないが、裏を返せば、70年代に生み出されたアイデアが、手を変え品を変
>>続きを読む

21グラム(2003年製作の映画)

3.8

三人の登場人物の物語が群像劇的に描かれ、最終的に一つに繋がっていくが、ただ物語を繋げているわけではなく、そこに必ず「命のやり取り」が存在していることが、本作のテーマに沿っていて非常に興味深い。
まさし
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

一も二もなく「ビートルズは偉大だな」と感じられる映画。
個人的には、平穏に年老いたジョン・レノンと会うシーンが最大のみどころか。コアなビートルズファンでなくとも、胸が熱くなる。
物語のアイデアは面白い
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.7

知る限り漫画原作の映画では稀有な当たり作品。
キャストの演技も素晴らしく、CGによる序盤の掴みも良い。
ただ、一つ大事なことはあくまでこの映画はフィクションで、架空戦記だということ。この作品を普通の戦
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

5.0

生田斗真の色気が凄まじい。これは、たしかに、性別とか関係なく惚れる気持ちがわかる。
キャストの演技が素晴らしく、物語も、重いテーマを扱っている割には終始ポップな雰囲気があってストレスなく観られる。
L
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

1.5

視聴記録。
ゲーム画面と映画を組み合わせるアイデアは面白かった。
やたら豪華なキャストと制作費を用いたFFXIVのCMを観た印象。

>|