たまさんの映画レビュー・感想・評価

たま

たま

映画(783)
ドラマ(0)
アニメ(0)

バーナデット ママは行方不明(2019年製作の映画)

3.0

リチャード・リンクレイター監督と言うと、しっとりした作品を思い浮かべてしまうけど、かなりコミカルに振り切りましたね。

ケイト・ブランシェットもすっかりノリノリで演じていたように感じました。
人嫌いの
>>続きを読む

帰れない山(2022年製作の映画)

4.0

若い頃は海が好きだった。
だけど年齢を重ねるにつれ、山の魅力を理解できるようになった気がする。

山のその神秘性と壮大さに圧倒され、とても神聖な場所だと思えてくる。

画面いっぱいに広がる、山々が連な
>>続きを読む

裸足になって(2022年製作の映画)

3.5

トウシューズを脱いで、裸足になってみると…
別の世界が見えてきた…

「パヒチャ 未来へのランウェイ」以来のアルジェリアだと映画と思ったら、同じ監督&主演だった。

パピチャは一昔前の、今作は今のアル
>>続きを読む

トリとロキタ(2022年製作の映画)

3.5

見るのが辛かった。

子供が犯罪を犯したり、犯罪に巻き込まれたりするのを見るのは辛い。
だって子供は何も悪くないから。

見るのが辛くても、直視しなくちゃいけないことなのは分かっている。
難民の現実に
>>続きを読む

⻘いカフタンの仕立て屋(2022年製作の映画)

4.0

モロッコの旧市街が舞台の、伝統衣装カフタンの物語。

愛に溢れている。

ひと針ひと針、カフタンの刺繍はそうやってできるのか。しなやかな布地にきらびやかな紋様が美しい。

カフタンの仕立て屋の、寡黙な
>>続きを読む

逆転のトライアングル(2022年製作の映画)

4.0

すっごく面白かった!
だけど、中盤の長い長い船酔いのシーンに辟易してしまった。
とても見ていられなかった。
せっかく面白かったのに…気分を害してしまった。

第1章のモデルのインフルエンサーとメンズモ
>>続きを読む

EO イーオー(2022年製作の映画)

3.0

動物モノは必要以上に、感情移入してしまうので要注意。

でも、そもそも勝手にハートウォーミングな映画かと思ってしまったのがいけなかった。
癒されるというより、気分が落ち込むような映画だった。

ロバは
>>続きを読む

コンパートメントNo.6(2021年製作の映画)

4.0

舞台はロシア。
でっかいビデオカメラを手にしてるので、時代はかなり前のようだ。公衆電話も出てくる。

主人公ラウラはフィンランドからの留学生。考古学を専攻している。
恋人の大学教授の女性、イリーナのド
>>続きを読む

ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう/見上げた空に何が見える?(2021年製作の映画)

3.5

めずらしい“ジョージアの映画”ということで、どうしても見たかった。

かつてジョージアの映画「金の糸」を鑑賞した時は、自由を謳歌する人やソ連時代を懐かしむ人がいる現実を知ったけど、この映画はそんな社会
>>続きを読む

告白、あるいは完璧な弁護(2020年製作の映画)

4.0

事実と虚偽の告白が入り乱れる。

観客をミスリードするためには、役者に高度な演技力が求められる。
演技力の高さが功を奏して、すっかり映画に没入した。

IT企業の社長の不倫相手が殺害された事件と、前日
>>続きを読む

グランツーリスモ(2023年製作の映画)

3.5

“夢を叶える”そんな人、世界にどれだけいるのだろうか?

“レーサーになりたい”って思っていた、ただのゲーマーがプロのレーサーに。
なかなか信じ難いストーリーだけど、実話。

「グランツーリスモ」とい
>>続きを読む

ペトラ・フォン・カントの苦い涙(1972年製作の映画)

3.0

古い映画は見ない主義(??)だけど、フランソワ・オゾン監督の「苦い涙」を見たので、ついでに(?)元となった1970年代のこの映画も鑑賞。

登場人物が、男女入れ替わっている事を除けば、ほぼ同様の内容。
>>続きを読む

苦い涙(2022年製作の映画)

3.5

人はいとも簡単に他人を傷つける。
手段は星の数ほどある。
そして、傷つくのも容易いこと。

舞台は1970年代だろうか、タイプライターやダイヤル式の電話が懐かしい。
映像の質感もレトロで、アナログ感が
>>続きを読む

バービー(2023年製作の映画)

2.5

なるほど、バービー人形を初めて見たアメリカの女の子たちにとっては衝撃的だったんだろうな。

1950年代のアメリカの価値観がびっしり詰まった、完璧な美しさを兼ね備えたお人形。
それが多くの女の子の憧れ
>>続きを読む

ファルコン・レイク(2022年製作の映画)

3.5

“ボーイ・ミーツ・ガール”
“ひと夏の思い出”
だけどどこか違う。

ケベック曇り空。
鬱蒼とした湖の湖畔。
画面も暗く、楽しい避暑地とは思えない。

母親同士が親友の、クロエとバスティアン。2年ぶり
>>続きを読む

ロスト・キング 500年越しの運命(2022年製作の映画)

3.5

実話ベースなので安心して見れます。

でも、ひとりの主婦が歴史を翻した…という文言にはどうも納得がいかない。
フィリッパは仕事も持っていたし、ただの主婦には大した能力が無いとでも言いたいようで…

>>続きを読む

午前4時にパリの夜は明ける(2022年製作の映画)

4.0

フランス映画らしい、ぼんやりとした、なんてことない映画。
だけど響いてくる。何でだろう。

夫が出ていき、家族を養わなくてはならなくなったエリザベート。ろくに仕事の経験も無かったけど、運良く深夜のラジ
>>続きを読む

猫と、とうさん(2022年製作の映画)

3.0

コロナ禍、猫と過した男性9人と、猫たちのドキュメンタリー。
猫の可愛さに、いつまでも見ていられる。

アメリカ人男性は犬好きって、とても理解出来る。大型犬を従えるのが男らしさの象徴と言わんばかりに。
>>続きを読む

The Son/息子(2022年製作の映画)

3.5

誰にでも過去を思い出し、あの頃はよかったとノスタルジーに浸る事がある。
出来ることなら、あの頃に戻りたいと。

NYの敏腕弁護士、ヒュー・ジャックマン演じるピーターの元に、元妻が訪れる。
17才の息子
>>続きを読む

キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩(2021年製作の映画)

3.0

東欧独特の、暗くどんよりとした雰囲気が漂う。

始まりは、第二次世界大戦前夜。
舞台は現在のウクライナ領のポーランド。
そう聞くだけで、国境線が幾度となく塗り替えられ、人種と宗教が入り乱れるモザイクの
>>続きを読む

不思議の国の数学者(2022年製作の映画)

4.5

韓国の映画はセンスがいいなぁ

数学とバッハ、全く個性の違うふたつが素晴らしいコラボレーションを見せている。
円周率のピアノのシーンは訳もなく震えた。
エンドクレジットで流れる曲も美しい。

数学は、
>>続きを読む

幻滅(2021年製作の映画)

4.0

“幻滅”

幻想からさめること。美しく心に描いていた事が、現実には幻に過ぎないと悟らされること。

19世紀前半のパリ、詩人としての才能と野心を持ち合わせたリュシアンは、地方から意気揚々とパリへ向かう
>>続きを読む

セールス・ガールの考現学/セールス・ガール(2021年製作の映画)

4.0

記念すべき初モンゴル映画。

知られざるモンゴル、遊牧民というイメージから抜け出せない自分を反省する。ウランバートル、そこは日本と何ら変わらない世界だった。

オフビートな映画と形容されているように、
>>続きを読む

ジュリア(s)(2022年製作の映画)

4.0

人生には、どれだけ分岐点があるんだろう。もしかしたら、今日もそのひとつかもしれない…

ピアニストを目指す女性ジュリアの、偶然と選択の中で、幾つもにも分岐した人生を描く。

たった一度の人生、別の選択
>>続きを読む

ザ・ホエール(2022年製作の映画)

4.0

小さなアパートで繰り広げられる会話劇。
息苦しくなるほどの閉塞感は、画面のサイズとも関係しているのかも。画の薄暗さもしかり。
巨体で身動きの取れない、チャーリーの風貌も相まっている。

チャーリーの娘
>>続きを読む

ワース 命の値段(2019年製作の映画)

4.0

同時多発テロによって、命を落とした人たちへの、政府の補償プログラム。

そのプログラムの特別管理人に選出されたマイケル・キートン演じる代理人ケン。命に値段をつける仕事。

その値段が、その人の価値にな
>>続きを読む

私のプリンス・エドワード(2019年製作の映画)

4.0

アラサー女性の結婚と偽装結婚を描いた物語。

プリンス・エドワードは香港のある地区の名前、そして主人公フォンの同棲相手の恋人の名前もエドワード。

若気の至りで、かつて微々たるお金目当てに、偽装結婚を
>>続きを読む

愛と激しさをもって(2022年製作の映画)

2.5

たまには恋愛ものもいいかもと思って見たけど、ジュリエット・ビノシュ演じるサラに、まったく感情移入出来ずに終わりました。

二人の男と一人の女の三角関係。

サラとジャンは10年近くも暮らしているも、今
>>続きを読む

対峙(2021年製作の映画)

4.5

一時も目が離せない緊張感。
たったひとつの言葉に、発した人も、聞いた人も、微妙に変化する表情。
心の動きが静かに静かに表面に表れる。
だから、画面から目が離すことが出来ない。

ほぼ密室での、4人の会
>>続きを読む

小さき麦の花(2022年製作の映画)

4.0

“幸せってなんだろう”
ってしみじみ感じさせる映画。

物やお金では決して満たされない、愛情や慈しむ気持ち、寄り添う思い、温もりがそこにはあった。

言わば厄介払いで結婚させられた、貧しい農民のヨウテ
>>続きを読む

ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ(2021年製作の映画)

3.0

猫の中でも、ハチワレ白黒猫が大好き!
ルイス・ウェインと妻が世話するピーターが可愛すぎる♡♡♡

19世紀後半から20世紀前半、ルイス・ウェインが生きた時代は、猫はネズミ退治役と軽く見られてた上に、不
>>続きを読む

離ればなれになっても(2020年製作の映画)

3.5

弾けるような若さ。
明るい未来しか想像できない若さ。
夢を描き、現実にぶつかり、信念もいつしか消え去る厳しい現実。

だけど仲間に合えば、またあの頃の気持ちが蘇ってくる。

男3人と女1人の人生と色恋
>>続きを読む

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

3.5

あらすじをしっかり読まずに、鑑賞するのが好きだ。
想像をしていなかったような展開に遭遇するのが好きだから。
でもこの映画はちゃんと読んでおけばよかったなと思った。

評価の高い映画だけど、ホームビデオ
>>続きを読む

それでも私は生きていく(2022年製作の映画)

3.0

レア・セドゥがとてもナチュラル。

色気を排除し、感情も抑え、シングルマザーのサンドラは、子育てと仕事と父の介護と、ただただ忙しい日々を、淡々とこなすよう生きている。

希望の見えない日々の中で、偶然
>>続きを読む

オマージュ(2021年製作の映画)

4.5

映画監督が主人公という事で、お洒落で別世界の映画かと思ったら、主人公ジワンはかなり平凡な中年女性。

家庭も集合住宅で親子3人暮らし。生活感剥き出しの部屋。
威張った夫、大学生の息子、家計に余裕もなく
>>続きを読む

TAR/ター(2022年製作の映画)

4.0

いるいる、こういう人。
権力を運と実力で手に入れ、高慢になり周りを自在に支配する。
そして保身のためなら、誰かを傷つけることをいとわない
それが主人公ター。

長い、何故そこまで長い?!
講演会のシー
>>続きを読む