Piccoloさんの映画レビュー・感想・評価

Piccolo

Piccolo

2017/01/29より

ドント・スリープ(2016年製作の映画)

3.0

タイトル詐欺。引っ掛かったら負け。

あの映画のパチモンタイトル。間違って借りてしまったり、観てしまったら負けとなります。
あの映画は大傑作なのでお間違いなく。

あの映画に似たようなタイトルなんで、
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

野菜が好き。でも最近はお肉の方が好きになっちゃった。

海外では失神者が続出したことで話題となった本作。
どれどれと完全に興味本位で観に行きました。

グロ描写は直接的には、ほとんど描かれていませんで
>>続きを読む

モンスタートラック(2016年製作の映画)

3.7

目がクリクリしてて可愛い

本作は超赤字映画でいろいろ話題となってました。
案の定、日本では劇場未公開。とんでもないクソ映画だと思ってましたが、意外や意外悪くないじゃん。なかなか、面白かったです。
>>続きを読む

沈黙 SILENCE(1971年製作の映画)

3.5

日本版沈黙

日本版沈黙です。
原作は未読ですが、スコセッシ版は鑑賞済みです。
この時代の日本映画はいいですね。デジタルな映像よりも少し古臭い画のほうが好みです。

この作品を観るとスコセッシ版がいか
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.3

結末を知ってると観るのが辛い

この映画を観るきっかけとなったのは登場するクリーチャーたち(特に手に目がついてるヤツ)やファンタジーの世界観に惹かれたからです。

しかし、これが大間違いで、とても悲し
>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

4.0

深く沈んだその先に

自分の頭の奥深くには、何があるのでしょうか。
深く沈んでいくほど、遠い記憶がよみがえってくる。

たった12分間なのに、おじいさんの人生の全てがつまっている。

潜在意識の奥深く
>>続きを読む

みにくいあひるの子(1931年製作の映画)

3.5

みにくいアヒルの子って、どんな話だっけ。

wowowで放送されてた短編映画賞傑作選もこれでオシマイ。
もうちょっと観たかったなー。少し寂しい気持ちです。

みにくいアヒルの子のお話、すっかり忘れてま
>>続きを読む

牡牛のフェルディナンド(1938年製作の映画)

3.5

動物だけじゃないよ。人間も登場。

ディズニーの短編集を観てきましたが、これまでの作品は動物がでてきたり植物がでてきたりでした。

この作品は、遂に人間が登場します。ナレーションもついており急に方向性
>>続きを読む

風車小屋のシンフォニー/丘の風車(1937年製作の映画)

3.5

カエルがゲコゲコ。

カエルがゲコゲコ鳴いてます。
嵐が近づいてきます。
魔女が出てきそうな雰囲気。
またもや絵が動く。動く。

なんか同じことばかり書いてるけど仕方ない。
だって絵が動くんだもん。
>>続きを読む

田舎のねずみ(1936年製作の映画)

3.5

子猫の次はネズミ

ディズニー映画でネズミとくればミッキーだと思ってたら、トムとジェリーのジェリーによく似たネズミだった。

ネズミが動く。動く。
というかレビューするの難しい。書くことがない。

>>続きを読む

三匹の親なし子ねこ(1935年製作の映画)

3.5

子猫、飼いたい

おー、絵が動く。動く。
これぞアニメの真骨頂ですな。
1935年の映画なのに、ディズニーアニメはもう完成されていた。
子猫がかわいい。そして、子猫飼いたい。

wowow

うさぎとかめ(1935年製作の映画)

3.5

一体どっちが勝つんだろう。

ウサギと亀。これも有名ですね。
ウサギと亀が競争します。
こんなのウサギが勝つに決まってるじゃないですか。
亀なんかが勝てるわけない。
しかし、意外な結末が。笑

ウサギ
>>続きを読む

三匹の子ぶた(1933年製作の映画)

3.5

狼なんて怖くない♬

あの三匹の子豚です。誰もが知ってますね。
と思いきや、すっかり結末を忘れてました。笑

この映画で流れる歌。「狼なんて怖くない♪」がとても耳に残りましたというか、どこかで聞いたこ
>>続きを読む

花と木(1932年製作の映画)

3.5

世界初のカラー映画

wowowでディズニー短編アニメ映画賞傑作選が放送されていたので録画してみた。
全部で8本あるみたい。
一気に全部観るのはしんどいので少しずつ観ていこう。

この映画は1932年
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

あるキッカケで現れたもう一つの人格。

エディ・レッドメインの女装が美しすぎて惚れてしまいそうです。
完全に女性にしか見えない。いかん、相手は男性だぞと。
でも、自分はアリシアちゃんの方が好き。

>>続きを読む

イエスタデイ(2014年製作の映画)

4.0

今は、ただ昨日を懐かしんでる。

タイトル、ビートルズなんでシング・ストーリーみたいな映画かと思ったら全然違いました。音楽は重要ではあるのですがそこまで重視してません。
でも、とても悲しいイエスタデイ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.2

夜の獣たち

ずっと気になってた作品でやっと日本公開。
しかーし、お約束の首都圏だけの上映。
出た、出たー、またですか。また地方は待たされるんですか。
まあ、待ちますよ。待ちますけど、もう完璧に地方差
>>続きを読む

ルパン三世 霧のエリューシヴ(2007年製作の映画)

3.0

タイムマシンに気をつけろ

TVSPはこのあたりから、ダメになっていく。
まあ、それでも毎年楽しみにしてるのですが・・・。

今作は1st series屈指の名作「タイムマシンに気をつけろ」のリメイク
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

安心、安定、通常通りのディズニー映画

CGアニメーションがすごく進化してますね。
髪の毛が、ツヤッツヤー、フッサフサー、ツルッツルー。
海もきれい。

ディズニー映画の打率の高さは凄いですな。
でも
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.5

ソーニャという素敵な女性。

ホッコリして観終わった後は心が温まる素敵な映画でした。
まったくノーマークでタイトルだけで鑑賞。
あー、またいい映画に出会ってしまった。

この主人公のおじさんが本当にと
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

5.0

誰もが子供に戻れるオモチャ箱

男の子なら誰もが小さい頃、怪獣とウルトラマンのソフビ、ロボットのオモチャ同士をドッカン、バッコン戦わせて遊んだことがあるはずです。
それをそのまま映画化したのがこの作品
>>続きを読む

ミミック(1997年製作の映画)

3.3

この世で一番嫌いなもの

自分は大の虫嫌いです。その中でも特にあの虫。
見かけたら一目散でその場から逃げるほどの臆病者でもあります。

デル・トロ監督作品で唯一観てなかったのが本作です。いろんなレビュ
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.5

幽霊は存在する。そう、あなたのすぐ近くに・・。

ビジュアル面は抜群ですね。このあたりは流石ですな。
赤く染まった丘やお城、そして赤い幽霊さん。

ストーリーはホラーというよりもミステリーに近いかな。
>>続きを読む

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー(2008年製作の映画)

4.2

デル・トロ監督の魅力満載

1作目より全てが良くなってる。
アメコミ映画の2作目って傑作が多いですね。
(ダークナイト、X-MEN2、スパイダーマン2等)
1作目は、キャラの誕生や紹介をしないといけな
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

-

あちゃー、完全に前作必須でした。
前作は観てるけど、ほとんど覚えてない。
覚えてるのはトイレとラストのみ。
なので、話についていけず。さらに睡魔が襲ってきてもっとついていけず。

いつか、再チャレンジ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

3枚の広告看板

この作品と来月公開のデル・トロ監督のシェイプオブウォーターがアカデミー賞作品賞の有力候補と言われています。

なるほど、これは大傑作だ。
早くも今年No.1となりました。笑

娘を殺
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

5.0

Hidden Figures(隠れた人々)

昨年、鑑賞した映画でトップクラスにいい映画です。日本ではあまり宣伝されなかったのが本当にもったいない。

マーキュリー計画の達成を影で支えた人々、まさにH
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

5.0

めでたし、めでたし

あー、終わっちゃった。
完璧すぎる3部作。間違ってもリメイクやPart4など作ってはいけません。ゼメキス監督もこれで終わりとはっきり言ってますしね。

最後は西部劇です。この映画
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

ゾンビ、ゾンビー、ゾンビーーー。

ゾンビといえばアウトレットモールですが、今作は列車内が舞台。
走行中の列車は出口のない空間で狭い空間。逃げ場がほとんどない。
この設定は斬新で面白かったです。

>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

開始20分で心を持ってかれた

開始20分のあるシーンに完全に心を持ってかれました。
やってることは冒頭と同じなのに、アレンジが違うとこうも違うのかと。
しかし、このアレンジこそがこの作品では重要だと
>>続きを読む

Forced Hilarity(原題)(2001年製作の映画)

3.5

時間のない人におススメ Part4

エドガー・ライト監督のショートフィルムです。
おなじみのニック・フロストとサイモン・ペッグの妹が出演しています。

無声映画です。セリフは漫画の吹き出しみたいな感
>>続きを読む

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.7

とても綺麗な色使い

斬新なポスターにひかれて鑑賞しました。15分のショートフィルムです。

この作品を観た人が必ず思うことは、色がキレイです。
くっきりとした色調で凄くよかったです。
描かれてること
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

5.0

未来の話なのに過去の話

もう、PART2が過去(2015年)になってしまったんですね。前観たときはまだ未来だったと思います。
でも、空飛ぶ車やホバーボードは、まだまだ未来の話。でも物語は過去の話。ジ
>>続きを読む

デビルズ・バックボーン(2001年製作の映画)

4.0

不発弾と幽霊

スペイン内戦の孤児院を舞台に、そこで暮らす子供達の物語です。

中学生の頃以来、十数年ぶりに鑑賞しました。
デル・トロ監督の映画で初めて観た作品だと思います。
当時は幽霊が出るシーンを
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

ノリノリで駆け抜けろ

エドガー・ライト監督作品。おなじみのサイモン・ペッグとニック・フロストは今回出演していません。スコットピルグリム以来ですね。

主人公がある理由で、ずっとイヤホンをしています。
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.0

お目目にやさしく、ニヤニヤしちゃう映画

出てくる女の子が、みんな可愛くて自分もそこに混ざりたいと思って観ていました。
前半はそんな感じで楽しんでたのですが後半は欠点が目立ち自分のテンションも同時にど
>>続きを読む

>|