ごまかしオジサンさんの映画レビュー・感想・評価

ごまかしオジサン

ごまかしオジサン

エセ評論家。鋭くキレのあるレビューを心がけるも、自分の世界観に溺れて、まともなレビューが出来ない。面白いもんは面白いんじゃ!
※2018年11月以降に見た作品をレビューしてます。

映画(77)
ドラマ(4)

スティーブ・ジョブズ(2013年製作の映画)

3.2

いまや誰もが知る経営者の1人、スティーブ・ジョブズ。
時に彼は暴君のように映るが、だだ自分の作りたいもの、自分にしか作れないものを純粋に目指している。

時代の先を行き過ぎるゆえ、まわりから見放される
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.9

最後の闘いが熱すぎる。
涙無しには見られない。

ロッキー作品はしっかり見たことないし、前作も未鑑賞。
しかし、2人が闘う背景などが丁寧に描かれているため、置いてけぼりにはならななかった。

ストーリ
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これまで、そこそこゾンビ映画は見てきたが、有名作に勝るとも劣らない出来栄えだった。
こんな邦画のゾンビ映画があったとは。

原作は未読。
全22巻ある大作らしいが、脚本は綺麗にまとまっていて、違和感は
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.2

想像以上に面白い!
ミュージカルは苦手だが、この作品は何故か楽しめた。

チビデブというコンプレッスを持った女子高生が、テレビ番組のオーディションに合格し、トップスターへの階段をかけあがってくシンデレ
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.4

この映画を悪く言う人はいないんじゃないかと思うくらい万人受けしそうな映画。
ジョンファブローの調理シーンの演技うますぎないか!と思ったら、料理ドキュメンタリー番組をやっちゃうくらいの本格派でしたか、、
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

思った以上に面白くてびっくり。
ジャケットを見た瞬間は「また、クソ寒いギャグ映画か〜」と思ったが、レビューが軒並み高評価。
異常に気になり鑑賞してしまいました。

話は、国会議員を多数輩出する超エリー
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

4.6

とてもいい作品だった、、、
物凄く泣けるわけでも笑えるわけでもないが、じわじわと心にくい込んでくる。
そんな作品だった。

福山雅治演じるエリートサラリーマンで教育熱心な父親と、リリーフランキー演じる
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.9

ようやく見れた!
IMAXで鑑賞したからか、映像の美しさは抜群だった。

しかし、肝心の内容は、主人公が厨二病過ぎて腑に落ちない部分が多々あるという印象だった。
評価が別れる作品と言われてるのが納得。
>>続きを読む

ペレ 伝説の誕生(2014年製作の映画)

4.4

シンプル・イズ・ベストとはこのことか。
サッカーの王様ペレの生き様が簡潔に、それでいて感動的に描かれている。

ストーリーは実話ベース。多少の脚色はあるだろうが、ペレ自身が非常に魅力的な選手のため、そ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

裁判を題材にした映画やドラマはたくさんあるが、その中でもかなり異質。

検察と弁護側の闘争、事件の真相を描くだけではない。
本当の"真実"は何なのか。
それをストレートに描くことなく、我々にその答えを
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

日本での上映開始前にみた予告が面白そうだったのを覚えている。
1時間半の短い作品だが、テンポもよく話もシンプルなのでとても見やすかった。

ストーリーは、彼氏に運び屋を頼まれたルーシーが、何も知らない
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.7

少し複雑な境遇に置かれた4姉妹の日常を描いた作品。
4姉妹が美人過ぎて、それを見てるだけで幸せな気分になれる。

作風は是枝作品らしく、まるでドキュメンタリーを見てるよう。
役者の演技あってこそだが、
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.9

地球外生命体とのバトルもの。
とにかく映像がド迫力。
特に敵の戦艦を倒したときが爽快すぎて、一緒になって「よっしゃ!」と叫んでしまった。

敵、味方ともに戦艦の作りも細かく、攻撃シーンがカッコイイ。こ
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.9

金曜ロードショーにて鑑賞。
やはり圧倒的名作。
何度も見た映画だが、子供の頃見た時とは違った面白さを感じた。

トンネルの向こうの不思議な世界で、父と母を豚にされるという最悪な展開から始まるわけだが、
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.2

「せんだいスポーツ映画祭」というイベントにて鑑賞。
ハイクオリテォなクレイアニメだった。

ストーリーは、原始人たちがサッカーを練習し、ヨーロッパのような先進国のトップチームと試合をするというもの。
>>続きを読む

透明人間(2018年製作の映画)

3.7

金曜ロードショーにて鑑賞。
アニメの原点とも言える作品だった。

主人公の透明人間は、基本的にセリフがない。
見た目が透明なのではなく、存在自体が透明だからだろうか。
透明人間に質量がないという
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

4.4

ペット2の公開日に、テレビでやっていたので鑑賞。
1度映画館で見ていたが、忘れていたところもあったので面白かった。

何より素晴らしいのは、動物の特徴を細かな動きまで再現していて、ペットを飼ったことあ
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.8

大迫力アクションの代名詞ともいえる映画。
作中で何回爆発したか分からない。
とにかく戦闘シーンが多い。

また、世界観も凝ってる。まさに世紀末。敵は全員「ヒャッハー水だー 」的なキャラばかり。

武器
>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

3.7

遊び心溢れる作品。
子供の頃にやったゲームのキャラが襲ってくるというシンプルな設定で、個人的にはとても好きなコメディ映画でした。

海外のレトロゲームばかりで、よくわからないキャラもいたが、十分楽しめ
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

友達に付き添って観た映画。
つまらなそうだなーと思って見始めたが、意外と面白かった。

去年話題になった文書改ざん問題や森友・加計問題を彷彿とさせる題材で、女性新聞記者と内閣府情報調査室の若手男性官僚
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

5.0

あまりにも有名過ぎて、いつか見るだろと思ったまま見ていなかった映画。
ハードルをかなり上げて見ても、余りある面白さ。
ラストまで全く飽きなかった。

導入からメッタメタに殺しまくるが、グロテスクは感じ
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.7

人工知能を題材にしたホラー映画。ラストが気になり、最後まで見れてしまった。

いわゆるホラー映画の怖さではなく、なんとも言えないグロさと後味の悪さが特徴的。
人間側もAI側もサイコパス。

AIのテス
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.8

かなり感動させられた作品。
クリント・イーストウッド演じる、主人公がカッコよすぎる。

主人公は、最愛の妻を亡くし、一人ぼっちとなったウォルト。とても偏屈なじいさんで、親族や近所の人から嫌われている。
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.8

非常に面白かった。

主人公は、両親の離婚を機に家出をし、小切手詐欺で生きていくフランク。若かりしレオナルド・ディカプリオが演じてるのだが、カッコよすぎる。
学生時代に代理教師を演じて、虐めてきた同級
>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.3

最後まで感情移入出来なかった。

大手会社の取締役を解任された父親が、サウジアラビアで一発逆転を狙う話なのだが、本当に内容が薄っぺらかった。

肝心のホログラムは全然出てこないし、主人公はサウジアラビ
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.9

オープニングから面白すぎた!
マジックって、見てるだけで飽きさせないねぇ。
最初の4人の登場シーンだけで、面白い映画だと確信した。

その後の、大掛かりなマジックショー3連チャンもなんだかんだタネはあ
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

どんな結末になるのか目が離せないとはこのことか!と衝撃を受けた。

一人の男の生涯を監視するテレビ番組「トゥルーマン・ショー」。主人公=トゥルーマン以外は全員役者で、トゥルーマンには、自分が番組の主演
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.5

2度目の鑑賞。
ところどころしか内容を覚えてなかったので、初見のように楽しめた。

31歳と遅咲きの女性ボクサー=マギーが、敏腕トレーナー=フランキーとともに世界チャンピオンを目指す話なのだが、単純な
>>続きを読む

メガマインド(2010年製作の映画)

4.9

衝撃的に面白い。
日本で未公開なのが勿体ない。

とにかくメガマインドが愛らしい。信念を持って悪党に徹していて、余計な殺生をしない所など好印象。応援したくなってしまう。

そんなメガマインドの"ヒーロ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.5

やっぱなんだかんだで、怪獣映画は好きだなーと思わされた。
いつまで経っても子供心が抜けない。
コングがスカルクローラーと戦ってるとき、コングがウルトラマンに見えたもんなぁ。

ここまで迫力ある闘いを見
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

3.4

友人達がやけに面白いと言っていたので鑑賞。
始まった瞬間、そこには綺麗な"ギャラクシー"が、、、あるはずもない。粗末なCGがふんだんに使われたB級映画でした。

しかし、面白くないわけではない。純粋に
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

いろんなところで押し出されてるので、気になって鑑賞。

まぁ、予想してたけど思った以上に子供向け。面白いんだけどね。

ボスベイビーがとにかく可愛く、アニメーションのクオリティも高い。一つ一つの動きが
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.9

評価が高いのが頷ける名作です。

フォレスト・ガンプという、「知恵遅れ」の男性の半生を描いた作品なのだが、彼のように目の前のことにひたむきに打ち込める人間でありたいと思わされる。

また、登場人物もみ
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

名作を見たくて、再度鑑賞。

刑務所を舞台に、様々な人間関係を描いてるのだが、相変わらず面白い。
レビューでは言い表せないほど精巧に作られた作品だと思う。

刑務所という過酷な環境のなかにみる"安らぎ
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

4.5

久々にゾンビ映画を鑑賞。
好き過ぎるがゆえ、いつもゾンビ映画には辛めの採点になってしまうが、この作品は最高に面白かった。
まさに、お手本のようなB級ゾンビ映画。

最初からゾンビ映画感MAXだし、
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.4

タイトルがスタイリッシュだったので、すごい詐欺をたくさん見せてくれるものと期待したが、そうでもなかった。
どちらかと言うと、恋愛に重きを置いてる感じでした。

でも、詐欺グループの仲間と祭りの会場でス
>>続きを読む

>|