マーチさんの映画レビュー・感想・評価

マーチ

マーチ

最近、関東圏に引っ越しました。
(劇場鑑賞 next →『レディ・プレイヤー1』 )

映画(242)
ドラマ(2)

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.8

最近行った「新宿シネマカリテ」という映画館がとても自分好みの雰囲気でした。地方のライブハウスのような小綺麗で、こじんまりとした暖かさが私は大好きです♪ 地下にあるので秘密基地感もして非常に良かったです>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.7

【省略レビュー】

「首絞めによる優越の実感」「タバコ落下の示唆🚬 」など、随所に哲学的メタファーを織り込みつつ繰り広げられる閉鎖的な田舎での川淵に溜まった汚物のような青少年たちの日々がヒリヒリする。
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

4.1

【省略レビュー✈️】

リーアム・ニーソンがリーアム・ニーソンでリーアム・ニーソンな映画!!笑

結局のところ機長を殺したのは誰なん?とか、ジュリアンムーアの笑顔ってなんかサイコっぽくて怖いやんとか、
>>続きを読む

THE BITE 変身する女(2015年製作の映画)

1.6

【省略レビュー】

[女同士は怖い×グロ注意]系ホラー作品

女があることをきっかけに奇妙な存在へと変身する過程をひたすら観続ける内容だったのですが、個人的にはすこぶるつまらなかった…

恐らく変身し
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.7

皆さんお久しぶりでーーーーす!
最近忙しくて全く投稿できていませんでしたが、そこそこ関東での暮らしにもなれてきたので投稿頻度を増やしていきますよ〜

このレビュー以降テキトーなレビューがいくつか続きま
>>続きを読む

スキャナーズ(1981年製作の映画)

3.5


【(短文)レビュー🧠】

能力のバリエーションが1つしか無いだけで、これ完全に『X-MEN』ですよ!笑 (もちろん映画としては今作の方が先。)

〈白目ドッキューーーーン!〉
〈頭ドッカーーーーーー
>>続きを読む

チェンジリング(1979年製作の映画)

3.6


【(短文)レビュー】

怪奇現象の起こる館に隠された真実が、町の闇を暴く。

ホラーとミステリーが連動して右肩上がりに面白くなっていき、ラストはド派手に展開してくれるのでなかなか見応えがありました!
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

🌼🌸💠🍀💀🌼🌸💠🍀💀🌼🌸💠🍀💀🌼🌸

【レビュー🎸】

《そうだ 死者の国、行こう。》

アニー賞やゴールデングローブ賞など、昨年の映画賞のアニメ部門を席巻し、第90回アカデミー賞では長編アニメ映画賞
>>続きを読む

はらはらなのか。(2017年製作の映画)

2.8

【(短文)レビュー】

女優を夢見る少女が理想と現実のギャップに悩み、大人の汚い世界を知ることで挫けつつもまた立ち上がり、夢に向かって歩みを進める物語。

子どもが思い描く純粋で煌びやかな世界への幻想
>>続きを読む

スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町(2014年製作の映画)

2.3


【(短文)レビュー】

POVのように見えて実はPOVじゃない、
“POVモドキ”映画。

悪魔系ホラー👿作品で、ホラー描写は画期的で新鮮味があって面白いながらも全編にわたってブレブレだし、ボヤける
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.6


【レビュー❄️】

《気狂いオラフ⛄️》

『リメンバー・ミー』との併映。
ディズニー/ピクサー作品を劇場で観るのがかなり久しぶりだったので、短編との併映で観ること自体が記憶にある限り今回が初めてだ
>>続きを読む

ザ・モンスター(2016年製作の映画)

2.7

*多少ネタバレ含みますので、ご注意下さい。


【レビュー👾】

《世にも珍しいエモホラー
〜ダサダサモンスターを添えて〜》

酒乱でクズなアル中の母親が、娘との愛情を取り戻すまでの物語。

>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.6


【(短文)レビュー】

今日で東日本大震災から丸7年。一見復興しているように思えて、まだ何も変わっていない部分が数多くある。

この作品は被災した人々の今の姿を映し出しており、福島県出身の廣木監督だ
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.6


【(短文)レビュー👻】

前作が個人的には全くハマらなかったので、アナベルシリーズに何の期待もしていなかったのですが、アナベル作品としては勿論のこと、ホラー作品としても今作は大変素晴らしいです!!
>>続きを読む

HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話(2016年製作の映画)

1.9


【(短文)レビュー】

観易い作品ではありましたし、死刑制度云々について取り上げ、深く追求すること自体はとても有意義なことだと思うのですが、それにしては矛盾が多すぎるし、やたら最後まで引っ張っていた
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.5


【(短文)レビュー】

乗っ取り紛いの方法でマクドナルドが世界に広がったという話は聞いたことがあったけど、いざ映像で観てみると結構生々しい… 笑

ビジネス書の様な内容で、敏腕実業家の如く「綺麗事で
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.8


【(短文)レビュー💥】

ここまで極度の緊張感を味わえる映画にはなかなか出会えない。

ハイドリヒの暗殺云々は意外にも中盤ほどでやってくる。その暗殺の準備が前半にあり、終盤は強烈な銃撃戦が繰り広げら
>>続きを読む

光と禿(2016年製作の映画)

4.0


【(短文)レビュー🍚】

《視えないないからこそ視えるもの》

愚直でありながら幸せを求めて真っ直ぐ歩みを進める、狭いコミュニティーの中で奮闘する者たちの人間喜劇。

「ライス&ライス」(←この曲の
>>続きを読む

THAT/ザット(2016年製作の映画)

2.8

今年もアカデミー賞が終わってしまいましたね。授賞式の感想は、既にレビュー投稿している『シェイプ・オブ・ウォーター』のコメント欄に載せていますので、良ければ是非ご覧ください♪


【(ほぼ一言)レビュー
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.7

さあ、明日は第90回アカデミー賞 授賞式!

『スリー・ビルボード』が筆頭だと言われており、明日は俳優部門を席巻するのでしょうけど、私は全力で『シェイプ・オブ・ウォーター』を応援しますよ!!
作品賞も
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.4


【レビュー】

《起こるべくして起こった奇跡》

『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』と直近2作で“現実のヒーロー”をドラマチックに描き出してきたクリント・イーストウッド監督最新作は、20
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

今日はなかなかメモリアルな日ですね!
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『ブラックパンサー』
『15時17分、パリ行き』
がまさかの同日公開!!

今日はたまたま休みだったので、初めて劇場で3作品をハシ
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

4.0

本日ラストです!


[監督 ギレルモ・デル・トロ 特集⑥]

【(ほぼ一言)レビュー】

ゴシック調の愛憎ホラーサスペンス!

デル・トロのニッチなクリーチャー愛は抑えられつつも、その分ビジュアルや
>>続きを読む

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー(2008年製作の映画)

3.7


[監督 ギレルモ・デル・トロ 特集⑤]

【(ほぼ一言)レビュー】

続編(3)は頓挫しているみたいですが、あの終わり方をされると次も観てみたくなっちゃいますよね〜、今の技術なら物凄いものが出来そう
>>続きを読む

ヘルボーイ(2004年製作の映画)

3.5


[監督 ギレルモ・デル・トロ 特集④]

【(ほぼ一言)レビュー】

ドラえもんの“バイバイン”方式で増殖し続ける怪物を退治せよ!

ヘルボーイもエイブもリズも、このクオリティで仕上げられるデル・ト
>>続きを読む

デビルズ・バックボーン(2001年製作の映画)

4.2


[監督 ギレルモ・デル・トロ 特集③]

【(ほぼ一言)レビュー】

個人的にはデル・トロ作品の中でも1、2を争う傑作!
もっと多くの人が観るべき作品!!

孤独が同調に変わり、結託へと昇華されるス
>>続きを読む

ミミック(1997年製作の映画)

3.4


[監督 ギレルモ・デル・トロ 特集②]

【(ほぼ一言)レビュー】

なんとおかしきゴキブリ帝国!

デル・トロとプロダクションとの衝突があった作品ではありますが、彼のクリーチャー愛が感じられるエン
>>続きを読む

クロノス(1992年製作の映画)

3.8

最新作『シェイプ・オブ・ウォーター』は明日公開!!
(今年のアカデミー賞 大本命!?)

[監督 ギレルモ・デル・トロ 特集①]


【(ほぼ一言)レビュー】

ギレルモ・デル・トロの原点にして、後々
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.8

本日の投稿は、これがラストです。


【(ほぼ一言)レビュー】

原作未読の身としては関ヶ原の戦いに至るまでの攻防は見応えがあって面白かったが、実際に合戦が繰り広げられるシークエンスは両陣営の区別がつ
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.8


【(ほぼ一言)レビュー】

軽い気持ちで企てた計画が、予期せぬ悲劇的な展開を巻き起こす。

この作品でフランシス・マクドーマンドはアカデミー賞の主演女優賞を受賞しているが、個人的にはウィリアム・H・
>>続きを読む

我は神なり(2013年製作の映画)

3.1


【(ほぼ一言)レビュー】

クズたちによる、絶望の連鎖。
救いようの無い展開の連続で引き込むあたりが御愛嬌な、韓国映画らしい超重量級濃厚ドラマに呑み込まれる。


【p.s.】

その日に観た作品
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

2.4

本日の投稿は、これがラストです。


【(ほぼ一言)レビュー】

同じ監督で新感染の前日譚扱いをされている作品だけど、直接的な関わりはあまり感じられない。(でもそこは別に気にならない)

アニメ大国の
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9


【(ほぼ一言)レビュー】

レッツゴーゾンビ🧟‍♂️🧟‍♀️!!!!
レッツゴー新幹線🚄🚅!!!!

高速ゾンビの沸き上がる様な演出は、ゾンビ史に新たな1ページを刻む衝撃に満ちており、ゾンビ映画はま
>>続きを読む

犯人は生首に訊け(2015年製作の映画)

3.5


【(ほぼ一言)レビュー】

ドンデン返し系統のサスペンス作品。

ラストに車載カメラの映像を持ってきたのは、かなりナイスな判断だったと思う。

やはり肉屋には何かがある…🐖🐃🐓
🥩・🍖・🍗・🥓
>>続きを読む

蜘蛛巣城(1957年製作の映画)

3.7


【(ほぼ一言)レビュー】

図らずもホラー映画と化した黒澤作品。
予言に翻弄される三船敏郎は、なかなか見もの。ジャケットにもなっているシーンで、三船敏郎の演技力の高さが爆発する!
森のトリックに関し
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.2


【(ほぼ一言)レビュー】

ファンタジックで絵本の様な世界観が魅力的だが、個人的には内容自体にそこまでグッとこなかった…

シガニー・ウィーバーと子役の熱演は素晴らしいし、リーアム・ニーソンはイケボ
>>続きを読む

>|