大草原の小さな家 シーズン2のドラマ情報・感想・評価

「大草原の小さな家 シーズン2」に投稿された感想・評価

カホ

カホの感想・評価

3.5
0
子供達
大きくなったな〜

お父さんは逞しくて優しくて
お母さんは優しくて強くて
子供達は純粋でまっすぐで
素晴らしい家族

人の悪口は露骨で
困難は生きていくレベルだけど
小さな幸せを大きくして暮らせる
学ぶことが多過ぎて
最終話も涙が出ちゃったよ
『大草原の小さな家』シーズン2

名作シーズン1と
同レベルの素晴らしいクオリティの
シーズン2。

今回も感動エピソードが
目白押し。


《お化け屋敷》
愛する妻の死に向き合う事が出来ず、
何十年も孤独に生きてきた老紳士が
また
現実に向き合う話…


《父さんホームラン》
いや、
何やってんの! 笑笑
爆笑必至の野球試合!


などなど。


このシーズンの個人的ハイライトは
次の3話。

まず
《思い出》
母がチャールズに子供達を託す告白は、
涙無しでは見られない。


《長く危険な道》
終わり方、
素晴らしすぎます、コレ。

頭カチコチの車掌さんを再び出して、
人種差別問題に快活にメスを入れる、
最高の演出。

「追い出された…
…アイルランド系だから」
そして、
大爆笑。

こーゆーのが好きなんです、ぼくは!


そして、
《自由よ永遠に》。
ホント、素晴らしい話。

教会でのユーリーの最後の演説は
「生きて行こう!」と
涙を、流して思える。


はい、不朽の名作。