ドクター・フー シーズン7/ニュー・ジェネレーションのドラマ情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks
  • イギリスドラマ
  • ドクター・フー シーズン7/ニュー・ジェネレーションの情報・感想・評価・動画配信

「ドクター・フー シーズン7/ニュー・ジェネレーション」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ドクターとエイミー、ローリーの別れはちょっと呆気ない感じがしたけど思えば毎回生きるか死ぬかの危険な旅をしてるなかで死なない別れ方だっただけでも良い…の、かもしれない。
 知ってるやつ(知らないやつも)がいっぱい出てくるし、マット・スミスの演技はこれまでで一番だし、新しいコンパニオンのクララさんは凄い良い子だし、ドクターの日だけじゃなく11代目ラスト3話は全部最高だし泣けます。

「ターディスへの旅」とか「深紅の恐怖」好きです。
あずきち

あずきちの感想・評価

4.6
0
ドクターとエイミーのお別れを見たくなくて途中で3〜4日間ドクターフーから逃げた...。


何と言ってもドクターとエイミーのお別れだよ...。
2人の絆が好きすぎたから...エグいぐらい1人で泣いてた.......つらい...(´;ω;`)今もつ゛ら゛い゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛(((´;ω;`)))
クララは何も悪くないけど...サバサバしてて良いキャラしてたけど.......やっぱりもう2話分ぐらいドクターとポンド夫妻見たかった...(大人の都合とかあったんかな...←)

背中合わせで読書してるドクターとエイミーとその足元で寝てるローリーずっと見てたいやん.......ベストフレンドの3人ずっと見てたかったぁぁぁ( i _ i )

S5の1話目がめっちゃ好きだから、
ドクターがエイミーにずっと優しかったのは再生して初めて会ったのがアメリアだったからって理由なんかめっちゃ嬉しかった......ほんと、マジで....ドクターフー見てたら私の語彙力どこかのタイムラインに飛んでいってしまう...。



私個人の感情的な感想は置いておくと(つД`)5.5話の位置になるクリスマススペシャルまで見てS7の一連の流れがちゃんと分かるのはさすがドクターフーだなぁ🤔と思ったよ。
いつもエイミーが1番で助ける側だったドクターが今度は助けてもらう側になるのを見れたのは良かったぜよ(まぁ最後は結局助ける側だったけどw)
12代目に向かってシフトチェンジしないといけないのは分かってたから....!!!!!ちゃんと見たよ!!

すぐ泣きそうになっちゃうのに強いマッスミドクターほんと良かった、ほんとかっこ良かった...。

ジェロニモ!!!!!!!
ZinFuzisima

ZinFuzisimaの感想・評価

5.0
0
50周年を迎えた本シリーズは、それに相応しい話が盛りだくさん。

さらにコンパニオンの交代、その傷を癒やす新しいコンパニオンとの出会い。

最後はスペシャルへの壮大な布石となっています。
あーびん

あーびんの感想・評価

4.3
0
なんでドクターと仲良くなった女性たち(コンパニオンやリヴァー)は皆こんなひどい運命になるの...

ポンド夫妻とのエグイ別れ方に衝撃をうけて
シーズン7の途中なのにしばらく続きを見る気がおきなかった...

その後クリスマススペシャル「スノーメン」から後半開始。
(ここ重要!5話と6話の間に「スノーメン」を観ないと伏線がつながらなくなる!5.5話の位置づけ)

新コンパニオンのクララの聡明で溌溂としたキャラクターに癒されたのもつかの間。
もう11代目ドクターともお別れか~(涙)
臆病で泣き虫で子供みたいなマット・スミスドクター。よかった。

『ターディスへの旅』のターディス内部の謎にせまる話が面白かった。
密室劇なのに密室ではない!!

10代目テナントドクターにまた会いたいと思っていたので
50周年記念エピソード「ドクターの日」をやっと見れてうれしかった。
エリザベス1世との結婚EPがここで!さすがに老けたけど顔がいい!
最後のドクター全員集合が特撮ヒーローみたいでかっこいい。

このレビューはネタバレを含みます

スティーヴン・モファットはラッセル・T・デイヴィスのドクターフーが嫌いやったんか?

ドクターフーの世界でのインタビューでモファットの発言キャスティング ストーリーでの台詞にルッキズムを感じてモヤモヤする
コンパニオンも彼らの人生を大切に描く気があまり感じれなくてただの駒のような扱いにモヤモヤする

リヴァーのやりたかったことをやりきってクララが出てきたらエイミー夫妻の存在が薄くなってあの終わり方 急に投げ出された感じ もうちょっとやり方なかったの?

長命で愛される作品の製作総指揮にモファットはあんまり向いてなかったんじゃないか?とここまで見て思った

RTD期のモファット脚本回がすごく良かったのは モファットの雰囲気がいい脚本にRTDの手腕が上手いこと作用してたのかな RTD期にニールゲイマン脚本の話も見てみたかった
マット・スミスの11代目ドクターの物語の終着点として、エイミー・ポンドの旅の終わりとして、拾われていなかった伏線を全て回収して感動的に締め切ってくれた
Tk

Tkの感想・評価

-
0
シーズン5から色々と変わり、どうなるのかな?と思ってみていましたが、最終的にはマットスミス演じるドクターを好きになっていました。そして相変わらずのダーレクとサイバーマンがよく出てきて、もはやいつ出てきてくれるのか楽しみなほどです。けど天使は怖いです。何度見てもなんかあの天使たちだけは怖いです。
やはりドクターが変わっていってしまうのはどこか悲しいですが、また次のシリーズも楽しみです。

あと、50周年スペシャルのドクター回はなんかすんごくドクターたちがかわいくて、特にデヴィッドテナントとマットスミスの掛け合いがナイスすぎてニヤニヤしながら観てしまいました。最高でホッコリです。
miumiu

miumiuの感想・評価

4.5
0
11代目ドクターの最終シリーズ。
前半と後半でコンパニオンが変わる今シリーズ。
間に一本スペシャルがあるのにそれを飛ばして観たせいか、後半シリーズはちょっと戸惑った。観る順番大事。

エミリー(アメリア・ポンド)とローリーが好きだったから、2人の最終エピソードとドクターとの唐突な別れは何とも切ない…

後半からコンパニオンになるクララ、上記の通り初登場のスペシャルを飛ばして観ちゃったせいか、ドクターとの絆をいまいち感じきれず。
順番通りにもう一回見直したいな。


マット・スミス演じる11代目ドクターは、この後スペシャル2作出て12代目と交代。
ということで、スペシャル版も込みで評価。
50周年記念スペシャルは10代目ドクター デヴィッド・テナントとの共演、ジョン・ハートもドクター役で登場ということで豪華で見応えあった!
ドクターのトラウマになりかねない過去の出来事を見事に救う展開には号泣したよ…
12代目ドクターへの布石も含め、完璧だった!
でも陽気でチャーミングなマット・スミス版ドクターとのお別れはちょっぴり寂しいな。
よるこ

よるこの感想・評価

3.8
0
物語はちょっと時間が空いて再びドクターがエイミーとローリーと再会したところから始まる。2人はメロディーがリヴァーだと知り、子供を持てなくなった事ですれ違い離婚寸前。エイミーはモデルとして成功していた。
ダーレクの廃棄星への旅でお互いの気持ちを再確認し、2人の仲は元に戻る。ここで現れたダーレクの中にいたスフレガールがのちにドクターのタイムラインに飛び込み散らばったクララだった。

第二話ではローリーの父も巻き込まれ、恐竜を乗せたサイルリアンの方舟的宇宙船をネフェルティティや冒険家を加えて、悪党と地球との衝突から守る。
第三話は西部劇の街、第四話はキューブの話。第五話で再び嘆きの天使が現れ、エイミーとローリーとの別れが来る。
シーズン7の前半は特に2、4、5話が好き。あたりが多い。

そして再び、クララの謎が二話(クリスマスエピソードを挟んで)続いたのち、実在の現代のクララと出会い一緒に旅に出る。
クララの存在の謎がテーマかな。そしてシーズン通しての大きな敵は大知性体?
クララと同時にサイルリアンのマダム・ヴァストラ(探偵)やその伴侶ジェニー、ストラックス(従者)がコンパニオンじゃないけど仲間になっている。この3人が仲間になった経緯が省かれてるから突如現れてかなり意味不明ではある。日本で公開されていないエピソードとかで書かれたのか?謎。

このあと続くエピソード、時の女王ではいきなり異星への旅や宇宙人に馴染んで戸惑いもなく慈悲深いクララがすごく不可解で胡散臭く感じる。
シャーロックホームズっぽい「深紅の恐怖」とかはそこそこ面白いけど、ドクターの名前(前々シーズンでも宇宙で最初の問いかけとかドクターが最後に行く星トレンザロアとか伏線はあったけど)とかは全然スッキリしない。
リヴァーがまた登場したのは嬉しいけど、話の流れだとここでお別れっぽかったのに、12代目ラストでまた出てきたのは嬉しいけど時がごちゃごちゃしてて、分かりにくい。
全体的にクララが出てきたあたりからあんまり面白いエピソードがない印象。
はぎ

はぎの感想・評価

4.1
0
嘆きの天使の恐ろしさが改めてよく分かるシリーズ。そしてクララの登場。クララをちりばめているので、存在が気になる。
>|