ブレイキング・バッド ファイナル・シーズンのドラマ情報・感想・評価・動画配信

『ブレイキング・バッド ファイナル・シーズン』に投稿された感想・評価

もりげし

もりげしの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

超面白かった〜!
普段海外ドラマ観ない勢が数ヶ月かけてゆるゆる観たけど、マジで長すぎ。でもまったく退屈しなかった。中弛みもしないし、話が進むにつれてどんどん面白くなっていくのもスゴイ。記憶消してまた観たい作品っていうのも頷ける。

ウォルター、途中メチャクチャ嫌なキャラになってたから正直早く捕まれ(ただしジェシーには幸あれ…)って思ってたはずなのに、いざハンクに追い詰められるとヤダヤダ!ウォルター逃げて!ってなっちゃったの不思議。なんだこのサイコパスはと感じることも多かったけど、みじめなシーンとカリスマ天才犯罪者のギャップが超好きだった。ゲイルやトッドが信仰するのもちょっとわかる笑
最後、ジャックらに復讐するときにジェシーだけは助けてたのアツすぎた。やっぱり自分で手を下せなかっただけかもだけど。
てっきり、皆殺しにしたあとリシン服用で自害エンドだと思ってたから、流れ弾が当たらなかったらどうなってたのかなとは思う。

でもやっぱりジェシーが好き。おバカだけど真面目で、心が弱くて人情深い、愛されキャラクター。後半はあんまりおバカ感なかったけどそれはそれで。
メス製造に直接関わったメンツで唯一の生き残りかな?でも、大切な人を奪われ続けて最後は廃人同然になっちゃったことを思うと、一番不幸だったかも。まぁ、これも自業自得の範疇なんだろうけど。

何気に一番見てて辛かったのは、ウォルターを裏切ってハンクに協力したのに、DEA側からも食いものにされたとこ。ハンクもゴメスも、ピンクマンには死んで証拠になってもらおう…みたいな、ジャンキーを人間扱いしないの地味にゾッとした。

スカイラーは、前半はやな感じだったけど、後半にいくにつれてどんどん好きになった。仕事のできる母親像は純粋に憧れる。浮気はしちゃったけど笑
マリーはずーっと微妙に好きじゃなかった🤣最序盤の万引きイメージ強すぎたのもあるけど、洋画に出てくるヒステリックで論理的じゃないキャラクターってやっぱりどこか好きになれない。ウォルターの秘密を知ってから急変した態度もちょっとコワイ。SNSで炎上してる人に誹謗中傷リプ送ってそう(笑)

どのキャラクターもだけど『自分にとって大切な人』と『それ以外の人』で態度が全然違うのが共通しててそこが興味深い。もちろん悪人だろうが善人だろうがそれはみんな同じ当たり前のことではあるけど、『それ以外の人』を殺すことに無感情な悪人が多すぎて怖くなっちゃう。多分このドラマは色んな側面でストーリーが進むから、色んな人に感情移入しちゃって情緒グチャグチャになっちゃうんだよな。マイクとか特にそう…。

まじで全キャラクター語れる気がするくらい、本当に夢中になれる作品だった。スピンオフで映画とドラマあるみたいだからロスにはならなそうで助かる!!!
楽しみ!!!
to5mi5

to5mi5の感想・評価

4.5
0
どんどん深みにはまっていってドロドロしていくのにはまったー。
登場人物がみんな自分勝手で、モヤモヤしたけど、人間窮地にたたされるとそうなるのかも…
人間の汚い部分が全部出てる感じ。

でもジェシーは良かったなー。
スピンオフの映画も良かったよー。
完走
途中休憩含めて1年かかったけど、話が進むにつれてどんどん面白くなっていった
geminidoors

geminidoorsの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

やっとこさ観終えた。
我が身が山仕事だ畑だ創作だと多忙な上に、色々とマァ重なる時は重なるもんで💦一日一話も観れん日もあったが、どうにか観終える事が出来て嬉しい。
で、うーむ…一言っ、寂しいナ!寂しいぞ!
終わっちゃったか… 寂しいぞ〜〜😱
世間から大きくズレてこの秋後半に夫婦でハマりまくってたが、こんなにカミさんが"今夜は観ないの?"って尋ねてくる(誘ってくる❤️)作品も過去無かった事は確かだ。ピーキーブラインダーズ以来、否以上だ。



ホワイト先生はどんどん×2黒く×2成り。
ピンクマンはピンク=灰色のまま、後前も右左もどっちつかずの弱さを抱えたまま揺れ惑い苦しむ。どうにか持ち直し、又再び急下降で苦しむ。なのによくぞここ迄生き抜いて来たもんだと感心。
で、最終局に彼だけが脱出する訳だもんね。

脱出したのは、地底に掘られた檻や繋がれた鎖からではナイんだよね。
やはり暗闇、言うなれば"バッドな世界"から抜け出す一歩なんだよね。
結局、先生の息の音を自ら銃で仕止める事はなく、独り限界寸前で脱出したんだ。
最後の二人向き合う場面、ジェシーは引き金を引いたら、より深く二度と抜け出せない闇に堕ちてしまっただろうし。

ウォルターがトッド達が築いたラボで、命尽きる直前に機械器具を触り愛でながら、独り笑みを浮かべる。静かで強さの感じられる満足そうな笑みだ。
彼は本当にラボで実際に作業する事が好きだったのだね…その時だけ"生きている"と、実感(=躍動感)が強かったのだろうネ…
癌で自らの死を強く強く意識したからこそ、その対局として、ラボ内でのメス作りでの作業に取り憑かれた訳だな。心身共に"生きている"必要不可欠な作業だったのだろうネ。

うーむ…最後そう来たか〜って、多少畳み掛け端折り加減が個人的にはついてゆくのがやっとだったが、いやはやあっぱれな展開でした。
話の振り幅の落差&予定調和からの裏切り&キャラ全員の魅力…こんなにコチラの読みが交わされて、毎話を楽しませてもらえたドラマはなかなか無いョ!



メスの色はブルー。
帝国を築こうとしたウォルター・ホワイトも、あんな凄い場面で義弟ハンクに"お前はそんなに頭がいいのに未だ判らないのか⁉︎"と諭される。実に命をかけての訴えだ"目を覚ませ"と。
だからウォルターも、最後まで真っ黒くは成りきれない未熟者
つまりはブルーに感じたし。
ジェシー・ピンクマンはずっとブルー。

二人のブルーは青は青でも違うトーンだけど…至極強くて弱いニンゲン的な匂いがする。エゴも、弱さも、純粋さも。
だから世界中の視聴者が魅力を感じたのだろうと思う。

最終局ピンクマンはカウチンセーターを着ている。真っ白なセーターを。
新たな旅立ちに用意された車は、古びているががっしりした4WD、色はセルリアンブルーだ。
どこまでも続くかの一本の林道。
空は真っ青だ。



カミさんに、続編映画"エルカミーノ"をもう一度観ようか?と尋ねてみたら
"当たり前でしょー!"と来たもんだ(笑)
どうやら、この世の中に"当たり前"な事があるらしい…

ぐっどばい、ウォルター・ホワイト先生。
そして、生徒ジェシー・ピンクマンよ。
君の道程は、もう一度見届けさせてもらうぜ。
忘れられないドラマをありがとうっ!
yu

yuの感想・評価

4.4
0

このレビューはネタバレを含みます

ファイナルシーズンは、あまりにも救いどころがなさすぎて観ていて正直ずっと辛かった。でもラストは、こう終わるべきだというところに着地したなと思う。ジェシーの未来に幸あれ!!

ウォルターとジェシーの関係性について、ずっと考えてしまう。ウォルターにとって、ジェシーの存在って何だったんだろうか…
Banana

Bananaの感想・評価

4.7
0
こんなに長いドラマを見終わったのは
私にしては奇跡に近いぐらい
B

Bの感想・評価

-
0
社会的に悪いことをしてしまったら、1番欲しかったはずの平穏な暮らしが手からこぼれ落ちていく。誰が悪いのかな。手を引くタイミングはいつでもあった。途中から悲劇にしか見えなかった。もう主人公はあの磁場から抜け出すことはできなかった。バッドエンドは約束されていた。最後まで家族を愛し抜き、家族のためにやったことを自分のエゴだったと愛する人に独白し、殺そうとしたかつての相棒にも慈悲をかけて死にゆく。どこまでも自分勝手で醜悪で、でも人間の光る部分とでも言うべきか、弱さも情も手放せなかった。馬鹿らしいね人間って。ブレイキングバッドほど、逆に人間讃歌なのかもしれないけど、間違いを犯してしまう人間を言い訳も用意せずその生き様を描いてみせた物語ってあるかな。それは私と地続きの人間だった。見れて良かった。
Minamie

Minamieの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

長かった〜見切らなければという使命感で最後まで見たけど大満足した
ジェシー、ハンクがかわいそうだったな😢
言わないでくれと思ってたこともとうとうジェシーに言っちゃってたな〜
人気の理由がわかるドラマ
ami

amiの感想・評価

4.0
0
ウォルター最初は恐る恐るやったけど、最後には一番ノリノリでわろた、最後はスッキリ〜
ゴル子

ゴル子の感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

ウォルターが家族のためを思って始めた事が、結果家庭を崩壊させてしまうとは…
>|

あなたにおすすめの記事