Motherのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「Mother」に投稿された感想・評価

いけプ

いけプの感想・評価

4.5
0
【坂元裕二作品六作目】
芦田愛菜ちゃんすげ〜
あと若い、顔ぷくぷくでかわい〜
一話目で泣いたの坂元裕二作品が初めてだ

主人公が母になるのはもちろんだけど、作中に色んな様々なタイプの母親がでてくる
どの親子関係も切なくて見てて辛かった
こんなに複雑に絡み合うことある?ずっと重い

現実があまりにも非情だと好きなものだけ考えたいよね
好きなものノート私も作ろうかな

よく見たらブレイク前の吉田羊がガチの脇役で出てた
daisukigyutan

daisukigyutanの感想・評価

4.5
0
このドラマかなりきつい。
冷静に芦田愛菜ちゃんが大きくなってからのあの考え方は本当に見習いたいなと思う。
世の中から虐待や暴力が無くなり平和になりますように。
oshino

oshinoの感想・評価

4.8
0
これまでに何度も見てきた。
芦田愛菜ちゃん天才。
5歳にして8歳の役をオーディションで勝ち取り、小さい愛菜ちゃんに合わせてつぐみの設定まで変えたっていう。そこまでしても愛菜ちゃんのつぐみを世に出したかったんだね。このドラマを見れば納得する。
嗚咽するほど泣ける。
うっかりさんとの繋がりもだけど、育ての母、妹達とのやりとりがとにかく泣ける。人の優しさで全てが包まれてるドラマです。
これからも何度も見て、何度も声出して泣くと思う。
うさぎのうんちがコロコロなの。
うる覚えなんだけど
最終回で芦田愛菜〝さん〟が
松雪泰子さんに電話で
あるお願いをするシーンが
とてつもなく胸えぐられる。
松雪泰子なんで小さな声でボソボソ喋るの??
マイクもっと寄れないの??
おんぷ

おんぷの感想・評価

4.0
0

一話から衝撃すぎて、胸が苦しくて涙。
二話からは見つからないかはらはらして、
なおの二人の母の想いにも涙。
姉妹愛、家族愛にも涙。
なおの家族が本当に家族想いで強くて、素敵だった。
だんだん家族の団結、愛が深まって行くのに心が温まっていった。

母とは?母性とは?家族とは?考えさせられることはもちろん、ストーリーもキャストの方のお芝居もみなさん素晴らしくて毎話目を離せず涙なくして見れなかったです。

名言いっぱいあったなぁ、、

30すぎた今、見れてよかった!
mono

monoの感想・評価

4.3
0
児童虐待というテーマだけになかなか見ることができなかった作品。
毎回毎回何度泣いた事か。
母性とは何だろう?と無性に考えさせられる作品。
田中裕子と高畑淳子の演技がうますぎてただただ涙を誘う。
かほ

かほの感想・評価

3.5
0

このレビューはネタバレを含みます

“お腹を痛めて産んだ”から誰でも我が子を愛せるかと言われたら違うんだよね。衣食住に不安を抱かず安心して暮らせる事が前提としてあるって事がこのドラマでも描かれていたな。あと母親を手助けする人達がいるって事が重要ってことも。あれだけ我が子を可愛がっていた母親が徐々に虐待し始める過程がもうねぇ辛い。
それと比べて奈緒は養子とは言え養母にも愛され実家も太いうえに再会した実母の献身的に2人を守るわけで。
ただ最終回は綺麗事として描かれ過ぎかな?執行猶予中よ?途中までク○野郎と思っていた藤吉がおぉー!綾野剛は最初から最後までク○野郎だったが単なる暴力振るう以上の事をしようとしていたところにゾッとしてしまった。未遂でホッとしたよ。
ま

まの感想・評価

4.2
0
芦田愛菜ちゃん、
というより芦田愛菜さんの演技が素晴らしすぎる。

リアルタイムで観てなかったけど、こんかいいドラマが放送されていたんだな…と思う。
ぺすけ

ぺすけの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

気づいたら続き観てて、2日ほどで見終わってしまった
私は絶対にこのドラマを母と観たくない

9話あたりからずっと泣きながら観てたこれは
私も母を好きになりたいととっても思った
自分の母は何を考えているのか考えた

道木さんも鈴原さんもうっかりさんもみんな最初は愛から始まったというのに…!?という感じだ
愛っていろんな要因で歪んだりすんのか???????わからん

そして 地獄を抜け出すためのサイコーな冒険の本当の地獄は、冒険が終わった後にはじまる をまたここでも見てしまった

途中、母親のエゴが凄すぎてすこし怖かった

親って子供に断片的にしか話さないからそれによって生まれてしまう深い溝があるなあと思った
いや親に限った話ではないか

わりといろんなことを考えだけど素晴らしいドラマを観てしまいました
これ公開されるレビューに書くの恥ずかしいな読み返したいので書くけど

この作者は子供と火に深い何かを感じているのだろうか……
>|

あなたにおすすめの記事