追跡者 SHOT GUNの作品情報・感想・評価・動画配信

「追跡者 SHOT GUN」に投稿された感想・評価

りく

りくの感想・評価

3.9
ジワーッと胸が熱くなった。。。僕もまだ男らしさに憧れがあるという安心感を持てた。。。
作品の雰囲気が最後まで保たれてる。任侠映画で大事なこと。仁義を中心に全てが動く。それが任侠ファンを裏切らないこと。
この映画はそれを見事に守ってくれた。
ってかこれ、全ての映画にとって大事なエッセンス。

任侠映画はほとんど観たことがなかった。でも、凄くシンプルなことを描いているって気がした。仲間、家族、愛とかエトセトラ。口にすることが恥ずかしくなること。だからこそ、映画で観たい。それを今完璧に観せてくれるのって、このジャンルしかないんじゃないか?ってボンヤリ思う。
「極道はな、兄貴の言うことだけ聞いてりゃいいんだよ」
この台詞で泣ける映画を作ることがいかに難しいか。室賀厚監督はやってのけた。僕は泣いた。

昨今の映画は、予想外の展開だったり、人間の深層心理に迫ったり、小難しくすることでメッセージが伝わってこなかったりする。そういう映画も必要だけど。
これだけ観客の期待通りに物語が用意されていて、面白いところだけ切り取ってくれて、クサい台詞を言ってくれるってのは、もう観てて凄く嬉しい。これがファンを支える鍵なんだなぁ、勉強になった。

何より、大御所たちが映る画はそれだけで締まる!小沢仁志、白竜、哀川翔、中野英雄。どんなカメラ使ってるとか関係ねぇ笑 アングルなんて必要最低限で十分。
こういう役者が、今後育つのか。これは重大な問題である気がする。

初見ジャンルなので、否定的なことがあまり思い浮かばない。これから勉強だ。
強いて言えば、カットによって色味が全然違ったり、俯瞰の画が手持ちでグラグラしてて気持ち悪かったりって、技術面が気になったぐらいかなぁ。
能戸淳

能戸淳の感想・評価

4.0
「追跡者」といっても、バートランカスターやトミーリージョーンズではありません。
小沢アニキと白竜サマという、僕にとっての二大スターが共演する、まさに感涙モノの劇場公開作品です。
ゲオの棚の隅っこに置いてあったので、これまで確認できなかったけど、早く見たかった、それぐらい、イイ作品だったね。
小沢アニキが韓国で仮出所し、その条件が韓流ヤクザの白竜サマを抹殺すること・・・。
何て言うか、あの「男たちの挽歌」を彷彿させる雰囲気が、僕のテンション上げた!