名もなき野良犬の輪舞の作品情報・感想・評価

名もなき野良犬の輪舞2017年製作の映画)

불한당 : 나쁜 놈들의 세상/The Merciless/不汗堂

上映日:2018年05月05日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

犯罪組織でナンバー1に成り上がるという野望を持つ受刑者のジェホ(ソル・ギョング)は、刑務所へ入所してきた野心的な新入りヒョンス(イム・シワン)と出会う。ジェホはこれまでの人生で一度も他人を信じたことはなかったが、ヒョンスが奇襲からジェホを救って以降、二人はお互いに信頼しあい、一緒に働くことを誓う。出所後、彼らはチームを組んで犯罪組織を乗っ取ろうとするが、次第にそれぞれの秘めた動機が現れ始める。彼…

犯罪組織でナンバー1に成り上がるという野望を持つ受刑者のジェホ(ソル・ギョング)は、刑務所へ入所してきた野心的な新入りヒョンス(イム・シワン)と出会う。ジェホはこれまでの人生で一度も他人を信じたことはなかったが、ヒョンスが奇襲からジェホを救って以降、二人はお互いに信頼しあい、一緒に働くことを誓う。出所後、彼らはチームを組んで犯罪組織を乗っ取ろうとするが、次第にそれぞれの秘めた動機が現れ始める。彼らの信頼の下に潜む真実が姿を現すとき、二人の関係は哀しきものへと変わっていく。

「名もなき野良犬の輪舞」に投稿された感想・評価

人を信じるな。状況を信じろ。

そうやって誰も信じることなく生きてきたヤクザが、潜入捜査官と友情と信頼関係を築いていきます。しかし最終的に2人の関係は壊れ、そこには警察が絡んでいた…というまあよくある話ではありますが、演出が良く最初からうまいこと掴まれます。

序盤の塀の中の感じは『華麗なるリベンジ』っぽいと思いながら見てましたが、ラストシーンの湿っぽさからやはりファン・ジョンミンよりもソル・ギョングの方が適役に感じました。バイオレンスもそれなりにアガるしKノワールならではの残酷拷問シーンもなくはない。

でもなんだかアイドル映画のようなつくり…?

そもそも母親の事故の映像は捏造で警察側の報復かと、勝手に思って見ていたところ(たとえ計画がソル・ギョングだとしても)…アレレ…(これは私が悪い)。でも、こんなジメジメした感じで終わるのは好みじゃないかなあ。派手なバイオレンスものにも、人情ものにも振り切れなかったような。

ソル・ギョングは『殺人者の記憶法』のようなエキセントリックな方が好きかもです。
ととし

ととしの感想・評価

3.9
このタイトルは素晴らしいです♪正に輪舞のようにメインキャラ達の右往左往(ワードセンス悪いw)が肝で見応え有り(^-^)v
ソルギョングは韓流ベスト5に入る「監視者たち」の主役。イケメン過ぎないところが好感(^^)イムシワンは可愛さと芯の強さがバランス良く好感。チョンヘジンは元々あまり好きじゃなくて残念w
脚本が良くてネタばれになるので褒められませんが、クライムサスペンス好きの方はレンタルで観るのに損はありません!
以下観る前に読むと余計な私見(どうしても書いておきたいw)を…








イムシワン〜坂口健太郎
ソルギョング〜内野聖陽
チョンヘジン〜須藤理彩
に、それぞれ見えてしまい、韓国の話に思えなくなってずっと違和感を勝手に感じてました(どーでもよいww)
じゅん

じゅんの感想・評価

4.1
二転三転、いそがしい
ソル・ギョングかっこよかった!
笑い方は気持ち悪いよ
ほのか

ほのかの感想・評価

4.0
イムシワン!!!!!!!!!
イムシワンのこと気になった人は戦場のメロディ観てください!!!!!!!!!

戦場のメロディのイムシワンは頭カチコチの軍人さんやったけどあらやだチャラ〜い!でもかっこいい〜!!お肌ツルツルのツヤツヤなんほんま羨ましくてそのお肌の作り方教えてほしいわ…。

伏線張りまくって裏切りに裏切りを重ねてどこに転んでもおかしくない様にバランスをとるのがとても上手だった。さすが韓国産。ほんま最後の〆に入るまでどうなるか読めんかったわ…。
やりたいこと全部やる精神を貫いてたのも韓国らしくて私は好き。

アクションシーンは新しいアトラクションみたいに臨場感があって、突然殺されたりするから銃声にいちいちびっくりした。

社長のCMがいちばんすき。めっちゃわらった。
あの安っぽさはなかなか作られへんやつ。

"人を信じるな、状況を信じろ"
この言葉がずっと沁みるお話だったね…

No. 118

シネマ5での2本目です。
「シルミド」のソル・ギョングのクライム・サスペンスです。

収監中のジュホは刑務所内を仕切る男。
ある日、ジュホは、ヒュンスという青年に命を救われたことから、兄弟の契りを結ぶことになるが、ヒュンスはマフィアの摘発を目論む潜入捜査官だった。

韓国お得意のフィルム・ノアール。
とても良くできている作品ですが、時系列が過去と現在(収監中と出所後)をしょっ中往来するので、頭の切り替えが苦手な私には少しばかり向いてませんでした(良く言えば、テンポが良すぎたということでしょうけど)。

さらにストーリーは、ヒュンスを利用してマフィアを摘発しようとする国家権力側の陰謀と、ジュホを疎ましく思うマフィアのボスの思惑が幾重にも重なり展開するので、ついていくのが大変でした。
睡眠不足で観てはいけませんね😥...あくまでも個人の感想です📝

でもアクションはさすが韓流です💣
お得意の拷問シーンもあり、見応えは十分でした👀しかし、あれは本当に熱そうでした😰

私にとって一つ謎なのは、収監中のジュホが、どうしてヒュンスの母親にあんな仕打ちが可能だったかということ?...よろしければ誰か、コメント欄📝で教えてください🙏

それと、邦題つけるの下手ですね...あくまでも個人の感想ですが😃
ちなみに、原題は’The Merciless’、意味は「無慈悲」です。
エリ

エリの感想・評価

4.5
2018.6.14
韓国の潜入捜査もの。とにかく主演男性2人の絆と関係が素晴らしい!ソル・ギョングのアニキ感と気持ち悪い笑い方、イム・シワンは普段アイドルだそうですが、名演技。信頼、愛情、裏切り、暴力、利用、様々な愛憎劇。二転三転する展開。切なくて胸が痛い。ノワール映画万歳。
シュン

シュンの感想・評価

4.6
これが福岡だと1館だけで2週間限定上映なのは本当にもったいない。
法一

法一の感想・評価

3.6
 『新しき世界』のような折り目正しいドラマではない。歪んでいて理不尽で、だからこそ濃密な恋愛映画として、納得できない点ですらも楽しんで見た。つねづね「韓国ノワールにはファム・ファタルを描いた作品がない」と思っていて、『無頼漢 渇いた罪』なんか見て「ちょっと違うんだよなあ」と首をひねったりもしてきたのだが、ここにきてまさかの回答が。なるほどと膝を打ちました。

 回想シーンの織りこみ方とその意味の顛倒など、よく考えられた構成だし、オープニングとエンディングの連環も良い。暴力シーンではいかに北野武が偉大か(花火もね)再確認する一方、スコセッシネタもそうだが、そのまんますぎやしないかと思ったりもする。肩書プレートで撲殺(豪雨がまた素敵)というアイデアのアホらしさはナイス。韓国映画の好調ぶりよ!
韓国ノワールとは何故こうも胸が熱くなるのでしょう、観たあと、新しき世界を観た時と同じ気持ちに…

刑務所から始まった、ジェホとヒョンスの関係、それは…

物語の鍵になるヒョンスの気持ち、それを図りつつ観ていましたが、 ああ…最後はこうなるのですね…

運命という名のもとに狂わされるかのように、くるくると回る彼らの命、まさに輪舞(ロンド)

こんなにも血生臭く、非情な世界なのに、時折見せる情や心の隙間、弱さ、何を信じて何を思うのか…

あまりに儚く、白日夢のような世界…

彼の行方は誰ぞ知る…
ryo

ryoの感想・評価

4.2
すごい食い入るように見てしまったけど、韓国ノワールそんなみないから、急に撃たれてはビクッてなり、ボールが飛んできてもビクッてなって大変だった…
.
目を覚まさないで欲しかったし、知らないままでいて欲しかった。ストーリーが破綻しても2人騙されたままでいてくれたらと願わずにはおれなかった…

ラストがちょっと意外でンンン…という感じ…。

なんだかんだ甥っ子は不憫…
>|