名もなき野良犬の輪舞の作品情報・感想・評価

「名もなき野良犬の輪舞」に投稿された感想・評価

映画館で見逃してしまったタイトル。

大好きな「インファナル的」で、ノアール作品と期待していたら、それほどノアールではなかったです。
いい意味で、韓国映画特有の、容赦ない感じも、少し薄め。

インフルエンザで寝ながら観たせいかも、、、映画館で観てたら、もっと浸れたいたかもしれません。
そら

そらの感想・評価

4.0
ゴキゲンでアツいブロマンス風バディ映画かと思ってたけど
韓国ノワールのご多分に漏れず
そんな生易しいお話ではございませんでした…………
ラストカットとファーストカットの対比がすごい
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

4.0
ほいほいまたダブルフェイスもんね、からのベイビーお待たせ、愛やん!からのラスト、、、君の名前で僕を呼んでと全然違うのに、、ガツンときた
アニキイカツイ。笑いながらお湯かけたらあかんなぁ〜。

お母さんひき逃げしたの犯人すぐわかったよね〜。見慣れた人は特に。
まーそうなるよね。って感じでした。
ちょっとどっちだ?って匂わすシーンもあったけどね。警察もなかなか悪いし、特に女の警官。ヤクザも刑事と分かった上での仲間にしてるしね。
どうなるかなぁ〜っとゆう感じでは鑑賞しました。悪くは無いけど、めっちゃ面白いとまではならなかったね。
でも最後はすっきりしました。
mmk

mmkの感想・評価

3.9
韓国お得意の大どんでん返しが大好きなので、ラストに物足りなさがある。けど、これはこれでよかった。
イムシワンがひたすら救われない役で辛い。。。
てか、警察がいけ好かない人たちばっかだわ
潜入捜査官と野心を持つ受刑者の2人の絆を描く韓国ノワール

韓国ノワールとなってはいますが結構ポップな感じに描かれているシーンも多く、最初はあれ?こんな作品なの?と戸惑いながら鑑賞していましたが、終盤になるにつれて物語も段々とシリアスになっていき、ラスシーンでは切なく哀しい気持ちになっていました😢💦

全体を通しては良い意味でも悪い意味でも軽さが目立ちましたが、魅せるシーンではしっかりと魅せているので個人的には当たりの作品に入ります✨

ソル・ギョングが中々癖のある役所で面白かったです❗️シリアスな場面ではカッコいいオヤジの顔も見せていて、見ていて飽きなかったです👍笑い方とかも印象的でした。

中々に先の読めない展開でラストまで楽しめました🙌韓国映画はやっぱり質が高い❗️
kiguma

kigumaの感想・評価

5.0
完璧な美しさの無慈悲(The Merciless)

韓国の映画のイメージとして、バイオレンス、アクション、恋愛といったジャンルの他に、ある特定の感情を極端に誇張する演出があげられる。(あくまでも韓国映画を知らない外野から見た感想)

しかしこの映画はその既成概念を見事に打ち破るものだった。バイオレンス、コメディ、サスペンス、アクションが高度な次元で見事にミキシングされ、正直現在のハリウッド映画でもこれほどの水準の「総合芸術としての映画」は存在しない。

韓国の国民性として感情の表現が直接的かつ直線的な作品が多かったのだろうが、次第次第に世の中の全てのエンタメの方向がシロクロはっきり、感情を誇張し、伝えたい事を誇張して伝えるようになっている。

この作品はアメリカン・ニューシネマや80年代前半までのフランス映画のようにジャンルと感情のアクション・ペインティングだ。笑いながら怖気立ち、そして興奮しながら嘔吐する感覚。

ここまで成熟した映画表現は正直記憶にない。

映像の美しさは言うまでもなく、素晴らしいのは物語のプロット。コンゲーム的作品はその構造自体が興味の中心になるので、ワクワクするだけの単調な作風になりやすい。

時間軸がカメラのブレのように前後し、そしてそのブレの狭間にすこしづつ真実がにじんでいく。
しかしなんといっても秀逸なのは、その基本テーマが「信頼」でぶれていない事だ。
英語表記のタイトルが"The Merciless (無情)" 「誰も信じるな、状況を信じろ」といいながら、人は誰かを信頼しないと生きていけない。
背中に目はついておらず背中を預ける相手は信頼しないといけない。それは言葉を裏返すと恋愛と同じ安心を求める感情だ。

ハードボイルドは強さという絵の具で塗りつぶされるのではなく、か細く消える墨汁のかすれで書き下ろされる。

太鼓の美しい蝶を閉じ込めた見事な琥珀のような映画。
欠点がまったく見当たらない。
Katsufumi

Katsufumiの感想・評価

4.0
潜入捜査官のお話し。

インファナルアフェア、新しき世界にも通ずる。

途中のめり込んで観てしまった。韓国映画特有の報われない、暴力的な部分が好みの人はいいと思う。

当たり外れがある韓国映画でも、これは当たりだとおもう。

人を信じるな状況を信じろ。この台詞が残る
mayuchi

mayuchiの感想・評価

3.4
【2018年65作目】

こちらも韓国映画らしい作品。

しかし⋯観た時のコンディションが悪く、うとうとしながらの鑑賞の為、あまり覚えていない笑

もう一度観なければ!
あいこ

あいこの感想・評価

3.8
ヒョンスーーーーーーー!!!!!
ヒョンス好きーーーーーーー!!!!!

圧倒的オンマには手が届きませんでしたがとても好きでしたこの映画!!!!
オンマ映画もいいけどヒョン映画もいいですねえ

最近流行りのどんでん返しもなく最初からストーリーがわかっているのがまた…
序盤で「えなにこの展開絶対アツイやん絶対男のアツイストーリー始まるやん絶対ヒョンスもがくやんなんなん」って震えさせてくれる映画です

韓国のこういう映画は必ず警察にウザめの高圧ババアがいますね


タイトルどおり、タイトルどおりの映画でした

ジェホの笑い方がクセになってとても良かった映画の雰囲気を作ってる

2019年2本続けてアタリで最高です
>|