カイジ 人生逆転ゲームの作品情報・感想・評価・動画配信

カイジ 人生逆転ゲーム2009年製作の映画)

上映日:2009年10月10日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「カイジ 人生逆転ゲーム」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

実写化で一番大事なのは原作を通して作者の考えを絵を通してではなく、現実世界にも実存として体現できる物なのだ。という事を示す事が一番大事だと思う。簡単にいえば原作の精神を描いているかが鍵なのだがこの映画を観終わって、思い出すのは藤原竜也と香川照之の演技と印象的なメインテーマだけなのだ。この一作だけ観てカイジを通して作者が伝えたかった事というのが印象に一切残らない。カイジが面白いのではなく藤原竜也と香川照之が面白いだけではないか?と思う。
「金は命より重い」という悪役の利根川に対して
カイジが立ち向かうという図式ならカイジを通して作者が言いたい事は「金より大事な物がある」という事だと感じるのだが、この映画を観てそれを思いつく事はないので売れていても実写化としてはあんまり良くはないと思う。
shun

shunの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

 カイジが利根川に勝ったシーンは気持ちいいぐらい清々しかった。個人的に感じたカイジの面白いところは2つある。
 1つ目はトリックが理解しやすいこと。やってることは複雑だけど説明や魅せ方が上手いから見ていて「なるほど」と思う。
 2つ目はカイジの台詞。数々のモノマネ芸人に真似されるだけあって、印象的なワード(「悪魔的美味さ」「俺が蛇に見えたならお前こそが蛇なんだ」etc...)が多かった。
 そして藤原竜也や香川照之、天海祐希の名演技も見所。人生を賭けて勝負してる人間の闘いを本当に見ているようだった。
 遠藤さんにお金を回収されたりおっさんの娘にお金を渡したり、オチまで完璧な作品だった。
mojojojo

mojojojoの感想・評価

4.0
再視聴。
やはり面白い。
半沢直樹を見終わった後にこれ見ると、香川照之相変わらずやってんなー!とニヤニヤしてしまう。
ざわざわざわ
Mally

Mallyの感想・評価

1.0
全くくらべるものじゃないけど、
感想「デスノート、ライアーゲームの方が好き」

2億とられてるのに「うそぉ?!」で終わらせられるの可愛いな。
Nakane

Nakaneの感想・評価

3.7
以前に録画したのを鑑賞。
藤原竜也がふんするカイジ。「お前らクズだ」と香川照之は悪役が似合うこと。松山ケンイチも出てきたが、何より山本太郎が出てくるのがウケてしまった。
天海祐希も良い味を出してますね。
マンガは観たことないが映画は、それにりに楽しめた。
mio0522

mio0522の感想・評価

-
漫画読んだから映画観た
みんな適任!
船井役が山本太郎でしっくり過ぎた笑
天海祐希も香川照之も好きだから良い〇
2回目の視聴だからかな?
利根川とのラスタシーン、カイジの理論も分かるけど、賭け感が凄すぎて、たまたま勝ったんじゃないって思ってしまいました。。。
でもそのシーンで伝えたいことが、「確実なんてない中で、如何にして確率が高いものを選ぼうとする姿勢が大事でしょ!!」ってことならしっくりくるなと思いました。
み

みの感想・評価

3.1
つまらないってほどではないけどパッとしない、おもしろくはない、って感じ。
シリーズ(?)だったから続くってことは相当おもしろいんだろうなって勝手に期待してたのを悪い意味で裏切られた。
どの展開においても薄っぺらい。その話はそれで終わりですか?!みたいな、突然なんでそうなった?!みたいなの多い。

演技派の役者さん揃ってるのになんか勿体ないなあ、という印象。
いろは

いろはの感想・評価

3.9
カイジシリーズ第1作目。
負け組エースのカイジが命を懸けたギャンブルで人生逆転を目指す。
本作で登場するゲームは、限定ジャンケン、鉄骨渡り、Eカード。

純粋に心理戦が楽しめた👐 原作とアニメではどうなっているんだろう。
天海祐希と香川照之は欠かせない。
ざわ…ざわ… ざわ…ざわ…
勝った時の高揚感がビシビシ伝わるのが良い!
やっぱり1作目が好きだなー。
うや

うやの感想・評価

3.6
ざわざわ...ざわざわ...

藤原竜也と香川照之の圧巻の演技に尽きますね。

自分も早くキンキンに冷えたビール飲んで「悪魔的だ」って言いたい笑
>|