闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山口雅俊
    脚本
    山口雅俊
    福間正浩
    キャスト
    山田孝之
    永山絢斗
    真飛聖
    間宮祥太朗
    YOUNG DAIS
    最上もが
    真野恵里菜
    太賀
    狩野見恭兵
    湊莉久
    天使もえ
    マキタスポーツ
    玉城ティナ
    六角精児
    モロ師岡
    安藤政信
    八嶋智人
    高橋メアリージュン
    崎本大海
    やべきょうすけ
    あらすじ
    トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

    「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

    ウシジマくんの歴史が見えた。
    ウシジマくんの魅力は人間のクズな面をこれでもかぁあって見せつけられる所だと、思うんですよ。
    ドラマから見ててコセちんとか宇津井とかニート系のキャラクターの印象が強くて、、、映画のキャラクターちょっと弱いなと。

    あと金の話は相変わらず納得させられますね。
    とにかく子役がすげえ
    暴力シーンは過激なのが結構あったけど
    人間関係では今までの話の中でドロドロしてなくて一番平和だったイメージ

    後、若かりし頃のウシジマ君の演技がうますぎた(笑)今と変わんなすぎて(笑)
    3がやらない方が良かったぐらい詰まらなかったから、これでやっとスッキリできた感じ。
    漫画のあーあの場面か!的なかんじで久しぶりにウシジマくんらしいのが観れて良かった!
    闇金なのに真っ当に見えてくる感じも。

    少年時代のウシジマくんええ味出してて良かった。狩野見くん、覚えとこ。

    あと宝塚ファンだからなのか、真飛さんがドアからバーンて登場するのにピンスポ当たらないのに違和感感じてしまった!笑
    マンネリ化を過去編で解消。
    子ども時代の少年が演技うますぎ
    原作が好きなので、
    ファイナルまで鑑賞。
    あの三兄弟よりも、
    太賀の演技がリアルでいて光っていて、そのイメージしか残らない。
    >|