闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.5

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

脚本は4部作で一番よかった。
いろいろな人間模様、いろいろな価値観、いろいろな葛藤があって、観て居て全く飽きなかった。
茜のようなタイプの女の子は昔から居たけれど、高橋メアリージェーンさんはまり役だなぁ。
「アタシは愛沢のこと大好きなんだぞ?」が狂っててとても好き。
しかし今回のオムライスもぐもぐシーンは一番ダメだったw
yoshiki

yoshikiの感想・評価

3.5
闇社会。
ウシジマくん全然観たことなかったけどドラマ・映画のpart3とファイナルだけ鑑賞。
実際にある出来事を作品に落とし込んでるらしいですね。
自分が明るい世界だけで生きていることを理解できました。
でも、一歩間違えば一気に転がり落ちてしまう世界の中にいると思うと、怖い。。。
社会人になって選択肢が増えたので、より慎重に生きていきたい。。。
しのぶ

しのぶの感想・評価

4.3
ヤクザの抗争大好き人間にはたまらない。間宮ほんと最後まで分かんなかった。犀原ジュニアの玉城ティナちゃんマジで可愛かったし、伝説の死のキス最高です。
あかり

あかりの感想・評価

3.5
今回は原作ウシジマくんのヤバイ裏社会の闇が出てたね。こんな世界あるのかな…おそろしい〜。

ウシジマ少年の声が低音でなかなか良かった!
そして前作から引き続き、最上もがの必要性…。あれだ、多分私は彼女の演技が好みじゃないんだと思う…。大して台詞があるわけでもないのになぁ…ε-(´∀`; )
個人的には今までのように、茶々入れずに淡々と仕事してるキャラが居ればそれで良かったのになぁ。大人の事情ってやつかな。

そんでクライマックスなんなのぉおお!
山田孝之すごすぎかよぉおお!
ウシジマくんって本当に表情の変化全然ないキャラクターだし、その再現率もすごいんだけど、ラストの眼差しと一瞬瞼が震えるような表情見せたのほんとに素晴らしい…。
ねじ

ねじの感想・評価

3.9
鰐戸三蔵イカれすぎだろって思ったけど犀原茜もなかなかイカれてた。太賀は脇役ながら印象に残る良い演技をする。中学時代の丑島役の子も良かった。4部作の中では一番好き。丑嶋たちの過去の話が多くて興味深かった。鰐戸三兄弟のおかげでバイオレンスなシーンもあり楽しめた。
ブレない山田孝之かっこええ
地元にヤバい奴ら集まりすぎ!!

これが本当の『唇を奪われる』_φ(・_・
原作のリアルな人間描写的な面は影を潜めるが、牛嶋に対抗する哲学が結構強く示されているのは面白かった。この部分は、原作同様の魅力がある。
Ayuminnie

Ayuminnieの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

そう言えばウシジマくんって、今までは割と債権者に寄った話が多くて、丑嶋社長や矢崎の話はあまりなかったな~と、この映画を観て気が付いた。


今回に関してで言うと、債権者が丑嶋の同級生(永山絢斗)。彼はとにかく!!とにかく!!良い奴。まじで、良い奴。
決め台詞のように、「強欲は罪だ」と心に刺さるセリフを言っていた。


丑嶋、矢崎、そしてこの債権者の竹本は全員同級生。
それに、そんな竹本のような貧困層を相手に貧困ビジネスをする鰐戸三兄弟の中でも、特に三男は丑嶋に金属バットで頭かち割られてるっていう因縁が。

そんな丑嶋の昔からの因縁だったりしがらみ?が複雑に絡んでいるのが今作。


それぞれの丑嶋との関係性が描かれていて、ラストは割と切ない終わり方。

でもこれで良かったんだよなあ。多分、私初め映画を観た聴衆は丑嶋社長に涙して欲しかったと思うし、若しくはあそこで初めて人間を出して竹本を救ってほしかったって望む人は少なくないと思う。

でもそうしてしまうと、今まで築き上げてきた丑嶋のイメージも、キャラクターも全て崩れるし。
それを、無言で表情だけの演技で魅せた山田孝之の演技力は、やっぱりカメレオンで素晴らしかったと思う。


しかし!!しかし!!!!
丑嶋の少年時代役を演じた男の子!!
彼の演技、、、山田孝之の丑嶋の話し方によく似せていて、尚且つ演技も上手くて彼にはぜひもっとたくさんの作品に出演してほしいと思いましたね。
冷静にあそこまで似せられるのすごい…
多分単調すぎて、割と大根感出るはずなんだけど彼にはそれが一切なかったから。

犀原茜のキチっぷりも良かった。あれは高橋メアリージュンのはまり役だな。


これでウシジマくんは完結だと思うと悲しい!そう思える作品でした。
pongo007

pongo007の感想・評価

2.1
 ウシジマくんの若いころの話。いまいちグッとくるものがありませんでした。
maty

matyの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ヤミ金くんモデル、ガクト三兄弟メイン

人の為にただ尽くすのではなく、誰にどのように尽くすのかが大切だと思った。
>|