カイジ 動物世界/動物世界の作品情報・感想・評価

カイジ 動物世界/動物世界2018年製作の映画)

动物世界/Animal World

上映日:2019年01月18日

製作国:

上映時間:132分

3.4

あらすじ

「カイジ 動物世界/動物世界」に投稿された感想・評価

RYO

RYOの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ピエロのくだりにあまり必要性を感じなかったけど邦画版より原作を再現できてて良かった。Eカード、鉄骨渡りの続編も作りそうなだな。
りぃ

りぃの感想・評価

2.0
カイジ一切みたことないからこれがリメイクだとわかったのは残り1時間ほどでした
むぅ

むぅの感想・評価

3.0
ピエロのCG🤡なんか、🤔って感じやなぁ

2019 No.224
ピエロがなんかねぇ。

CGやりたがり過ぎ。

数学弱い俺には理解すんのキツかった。
おここ

おここの感想・評価

2.6
原作にないオリジナル要素が軒並み微妙だったけど原作のシーンは面白かったb
ici

iciの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

主人公カイジは最初から最後までかっこよかったけど、ピエロが乗り移って短時間の未来が見える能力かと思いきやそうでもないし、繰り返されるあの怪物を虐殺するシーンはなんなんだ。
すがり

すがりの感想・評価

3.0
冒頭現れる突然のピエロに度肝を抜かれたのは言うまでも無い。
そしてそのピエロに全体の要素としてどれだけの意味があったのか最後まで計りかねたのも言うまでもない。
内面という意味ではあまり好きな表現方法ではなかった。
途中明らかに不必要な尺稼ぎがあったのもちょっとね、という風だけど。

思いの外面白かった。

原作漫画は読んでいたし、アニメもみた。
何なら実写映画だってみている。

その上でまさか中国版の実写カイジをみることになろうとは。

実写邦画に比べればいくらでも面白い。
カイジの設定が丸っきり変わっててもう少し万人が感情移入しながら楽しめる状況になってる。
ゲームが始まってからは内容、理屈、仕掛けが視覚的にも分かりやすくなる工夫があり、何も知らずに観る分にはゲーム以外が胸焼けするかもを除けばそれなりに良質なエンタメだと思える。


いやしかしただし、私は捻くれた人間である…!
私が漫画アニメで楽しんだカイジはまさにカイジ本人に他ならない…!
どうしようもない駄目人間なのに悪党的なクズではないし、ちょっと可愛いところもある。
誰でも大体信用して騙されて、流されてるくせに。直感して、考えに考え抜いて弾いた答えには確固たる意志を持つことができる。
自分の直感と死ねる、アカギの血が混じってる。
そんなカイジを見るのが好きだった。

からこそ、今作のカイジには人間臭さがどうしても足りてこない。
感情移入の幅ってのは本当にこういう事なのかね。
このカイジは確かにちょっと変なところはあるけれど、幼少期に(映画らしいエピソードとして)家庭の不幸を経験していること以外はクズでも無いし、頭脳だって元々が優秀な知性派で普通。
漫画カイジのあらゆるギャップという魅力は無い。

絵とか言葉回しとか、カイジの人間臭さとか、福本伸行が苦手だけど、伸るか反るかの込み入ったゲームは見たいって人が居たら誂え向きだね。
今さらカイジ?と思いきやピエロやモンスターなど斬新な映像演出、まさかのマイケル・ダグラスで楽しめる。

カイジに半恋人がいて数学得意などやや無視できない違いはあれど限定ジャンケンのゲーム部分は原作に忠実な一作で候。
NEKO

NEKOの感想・評価

3.5
どうせ面白くないだろうな
と期待低めで借りてきたが、
想像以上に面白かった。

ただ、途中で挟まれる主人公の想像?妄想?
が長い。しかも現実で起こったことなのか
頭の中のことなのか判別がつきにくい。
独特の演出もあまり好みではない。
主人公も"俺はピエロだ"って言ったり
少し厨二くさい発言が目立つ。

でもまぁ、なんだかんだ主人公はかっこいいし
吹き替えもいい声優使ってるし、
ゲーム後はすっきりするしで
観て良かった。
日本版に比べても劣らないかな。
続編がでるなら観たい。
rada0924

rada0924の感想・評価

3.8
<2019年 133本目>
最初は期待しないで見たけどかなり面白いじゃん。限定ジャンケンに焦点を絞っている分、深い展開が繰り広げられていて見応えある。

途中で挟まれるピエロのくだりいるのかな?

またカイジ役の人めっちゃかっこいい。そして人間ならではの悪い部分もうまく表現できている。お金に目が眩むのってやっぱだめですね〜
最後まじかよ、、って思ってたけどちゃんとスカッとしてよかった。

ラストが続編ある感じだったのでぜひ続編を作ってほしい。
>|