カイジ 人生逆転ゲームのネタバレレビュー・内容・結末

「カイジ 人生逆転ゲーム」に投稿されたネタバレ・内容・結末

普通におもろい実写映画
天海祐希ほんとにかっこよくて最高だからそれだけでも見る価値ある
安定で面白い。最高の実写化。
映画としてのクオリティも高い。
精巧なストーリーの面白さを名演技で倍増させるベストマッチ。
キャスト選びの時点で成功だったと思う。
まず藤原竜也の声、動き、癖など本当に上手い。少しオーバーリアクションにも見えるがそれが良い。少し掠れた声や、焦っているときの言葉が詰まっているような話し方、絶望の叫び、沢山の名言。とても良かった。
ストーリー面もハイクオリティで、絶望に次ぐ絶望…
じゃんけんゲームからの作戦を最終決戦に持ち込んだり、わかりやすいキャラたちで構成されているためわかりやすく、面白い。
久しぶりに観てみた🥸
ツッコミどころしかないけど、それ前提だけど、なんか癖になるw

「ザワザワ」ってwww
声に出して言うの草

天海祐希めっちゃかっこいいし、美しい😍
あと、香川さんもやっぱり凄いなぁ
藤原竜也も勿論そうだけど、演技派がこれだけ揃ったら、そりゃ面白い映画になるわな
ツッコミどころが多すぎたとしても😅😅

多分、今後また観ると思います🤔
テーマ曲アガるなあ!!

原作既読で再度視聴。
ゲームシーンは原作の方がおもろいとか焼き土下座の映像化は無理だったかとか遠藤女性化か…とかいろいろあるけど、
それでもカイジらしいシーンをよくもまあこんなに上手く纏めたなあと感心してしまった。

遠藤が最後金貸してくれるシーン、そこに至るまでの遠藤の「黒服でありながら魅力的」なキャラ見せが上手くて、拍手してしまいました。
面白かった!

香川さんの悪役演技最高!!
悪魔的だ〜!
ちょっと長く感じたけど、面白〜い。

原作ごネタ扱いされて、有名なコマは見てましたが、カイジがこういう人だったとは知りませんでした。良いヤツだったんだ!!!(笑)

ちゃんと第一戦の話が、最後の戦いにつながるのがすごい!構成がすごいです。
ちゃんと友情が芽生えていい話になってるのもすごいです。

なんと言っても俳優が豪華すぎましたー。顔芸の原点!??
久々に観ました。
漫画が好きなので、原作通り進む物語はやっぱり面白い。

でも遠藤が女性で最後不二子ちゃんみたいな落ちとか、香川さんは良いんだけど、利根川がただの悪いやつっぽくなっちゃってるとことか、なんかもったいないかなと思いました。
めちゃよき。映画館で3回見た。
地下帝国が足されてるけど、不自然ではなかった。
キンキンに冷えてやがるって本当に言うんだと思って感動すら覚えた
251本目。
もうこれ観てから藤原竜也=このキャラだよね。このぐらいの熱量ないとあれってなっちゃう。


定職に就かずフリーターとして暮らしている男伊藤カイジ。彼は自堕落な日々を送っていた。そんなある日金融会社の社長である遠藤凛子という女性のベンツを傷つけて捕まってしまったカイジは借金の取り立てを受けてしまう。実はカイジ友人の連帯保証人となっており友人は行方をくらましたため保証人のカイジには202万円の返済義務が生じた。更にはベンツの修理代も支払うことに。しかしフリーターであるカイジには202万と車の修理代をすぐには支払えない。そんなカイジに対し遠藤は大金が手に入るギャンブルができる場所を教える。その場所とはクルーズ船である「エスポワール号」。クルーズ船に集まったのはカイジだけでなく同じように借金を抱えた者ばかり。彼らと共に通称「じゃんけんゲーム」というギャンブルに挑戦する。ルールは制限時間30分以内に勝ち負けで星のバッジ3個をやり取りする。星のバッジが1個でなんと100万円。星のバッジを3個集め尚且つ手札のじゃんけんカードを使いきることが勝ち抜ける条件。簡単なゲームだが負ければ地下の強制労働施設へ行くことになってしまう。
ゲームが開始される中カイジは船井という男から星のバッジは最初から3個配られているので勝ち負けは関係なくカードを使い切るため互いにあいこに持ち込むことで二人とも勝てるようにしようという提案を受ける。カイジはこの提案を喜んで受けるが騙されてしまい星を取られてしまう。その後カードに細工をして船井から星のバッジを取り返した。しかし細工をする際に手を組んだ石田という男の手違いによるミスが発覚しカイジたちは地下の強制労働施設に送られることになった。地下で強制労働が始まる時にカイジたちは肩に帝愛マークの焼き印をつけられてしまう。これにはなんと監視用のマイクロチップが埋め込まれておりこれにより逃げ出すことは難しくなった。地下の強制労働施設では日本円の代わりにペリカという貨幣が流通しておりこのペリカを貯めることで労働施設から出ることができる仕組み。脱出も困難な地下の労働施設から出るためカイジたちは労働することに。しかしこの地下にはそんなカイジたちの意志は打ち砕く誘惑が存在した。なんとこの労働施設ではペリカを使って購入できるビールやおつまみの販売が行われていた。他の労働者たちが楽しそうに飲み食いしている様子を見ていることができなくなったカイジたち。我慢をしていたがついには誘惑に負け購入してしまい気づいた時には少ないペリカを使っていた。
このままではズルズルと労働施設での生活が続くかと思われたがカイジは病やケガで働けなくなった人たち存在をみた。彼らのように働けなくなった者はさらに借金が増えてしまい最後にはブレイブメンロードという恐ろしい場所に送られてしまう。この場所では高いビルとビルの間に一本の細い橋を渡りここを無事に渡りきることができれば1000万円がもらえるというゲーム内容。しかし橋である鉄骨には電流が流れておりさらには落ちれば間違いなく命を落としてしまうデスゲームでもあった。カイジは地下の強制労働施設で働いていても未来はないと考えた。現状を打開するため病気になってブレイブメンロードに送られる佐原という男そして石田と共にカイジも命掛けのゲームに挑戦することに。挑戦者には初めに1000万円の金券を渡されてからブレイブメンロードを渡ることになる。事前に知っていた情報で冷静に渡っていくカイジ達だが高層ビルの間を渡っているという緊張感や参加者を落とそうとする強風に苦戦を強いられてしまう。様々な要因で他の参加者が橋から落ちていく中カイジは落ちそうになりながらもゆっくりと確実に足を進め何とか橋を渡りきることができた。しかしカイジと同じく参加した石田はこの厳しい状況の中自分は渡りきれないと悟ってしまいこの金券を娘である裕美という女性に渡してほしいとカイジに頼んで落ちてしまう。一方でカイジと同じように橋を渡りきれた佐原だがカイジより先に扉を開いてしまい気圧の変化による突風によって橋の上から落ちてしまった。
結局生き残った挑戦者はカイジ以外だれもいなかったが無事に渡りきったカイジは金券をお金に交換した。しかし賞金1000万円はもらえず利根川という男から借金を差し引かれ渡されたのはなんとたったの75万円。そしてカイジは石田の最後の頼みで渡された金券も交換するよう要求するが利根川は死んだ者の金券は換金できないと拒否した。カイジは納得がいかず利根川に怒る。石田の金券を拒否されなんとか石田の分の金を手にしたいカイジに対し利根川が新たなゲームを提案する。このゲームに勝つことが出来ればカイジは更なる賞金を得て自由の身となれる魅力的なゲーム。しかし負ければ再び地下強制労働施設に逆戻される。命を落としていった仲間そして自分の人生を逆転するためにカイジは最後のゲームに挑む。
利根川が提案する最後のゲームはEゲーム。このゲームでは奴隷側と皇帝側に別れ皇帝側は「皇帝カード」1枚、「市民カード」4枚を奴隷側は「奴隷カード」1枚と「市民カード」4枚が配られる。そして互いにカードを出し合って勝敗を決める。カードの強さはじゃんけんのように三すくみになっており「皇帝」は「市民」に強く「奴隷」に弱いといルール。ゲームの性質上奴隷側が不利な筈が利根川はハンデとしてあえて不利な奴隷側を選んで勝負に挑む。しかしカイジはまるで考えを読まれているように負けてしまう。二度も負けてしまったカイジは賞金そしてカイジ自身の人生を担保として奪われた。そんなカイジは土壇場でイカサマに気付く。カイジの体内に埋め込まれたマイクロチップには体の心拍数などをデータとして見ることができそれを利用してカイジの出すカードを読んでいた。そのことに気がついたカイジは遠藤から5000万円を借りて再挑戦する。もう後がないカイジは突然頭を打ち付ける。頭から血を流すカイジ。これによりカードが汚れるだけでなくなんとマイクロチップの情報を無効化した。ようやく公平な勝負に着くカイジと利根川。深い心理戦の果てに利根川が「皇帝」のカードを出し三度目の勝利を確信した。しかしカイジの出したカードは「奴隷」のカード。勝負はカイジの勝ち。利根川のイカサマに翻弄されながらもようやく勝利を掴んだカイジには賞金である5億円と自由を手にした。一方で敗者である利根川には会長に地下の労働施設での永久労働を命じられた。自由になったカイジと遠藤は二人で祝杯をあげゲームの際に借りていた5000万円を遠藤に返す。大金を手にしたカイジだが遠藤に睡眠薬を盛られてしまいカイジが目覚めたときには大金と共に姿をくらましていた。そしてカイジは石田の約束を果たすため彼の娘が働くパチンコ屋に向かい二千万分の金券を渡すのだった。
(原作未読)
手足の汗が止まらん。
利根川陣営によるクズ更生物語かと思いきや両陣営ともクズという……。
自分をクズだと認めたカイジが勝ちだよ。
>|

あなたにおすすめの記事