カイジ ファイナルゲームの作品情報・感想・評価・動画配信

カイジ ファイナルゲーム2020年製作の映画)

上映日:2020年01月10日

製作国:

上映時間:128分

3.0

あらすじ

「カイジ ファイナルゲーム」に投稿された感想・評価

作者の福本先生は脚本に携わっているけど、完全にオリジナルストーリー。
先生はまたカメオ出演してるw

失業率40パー、おまけに酷いインフレ。
インフレなのに給料減るんか(白目)

まず、利根川先生の登場しない実写版カイジなんて…と思う。班長はいるけど。
これはもう班長が焼き土下座でもしてくれないと満足できないっ…!
女遠藤再登場は素直に嬉しい。
おっちゃんもお元気そうで。

この失業率等の設定だと、カイジの良さがあまり引き立たない気がするわ。
顔も隠さず強盗かよ!(キャスター付きの椅子で詰め寄り〜)のシーンはワロタけど。そして言ってる内容がどちらかと言えば利根川先生やったわw

あのゲームは、舞台出身の藤原竜也や吉田鋼太郎にはうってつけのものだったとは思う。
吉田鋼太郎は声が通って、ああいったステージ上でのプレゼンテーション的な台詞はとてもいい感じ。
ゲーム自体はぬるいけどな。ギャンブルって感じがゼロ。もっとざわざわしろ!
しかし、あの絵柄を見てゴッホやダ・ヴィンチの名前を出すとは全くもって絵画音痴w
というかあんだけお金と人脈があって息子を探せないなんてあり得る…?
あと、中ボス戦(吉田鋼太郎)に尺を割いていたのでボス戦の影が非常に薄かった。

この世界線の利根川先生はどうしてるかなぁ。何処かで元気に焼き土下座してるかなぁ。
名前は出てたけど、兵藤会長もご顕在なんやな。良かった。
1作目は会長役の佐藤慶の遺作やった。

実写版はあれよな。カイジというより藤原竜也なんよな(?)
そろそろ雀士萩原聖人をだな。
福本作品の実写化の何処かにもキャスティングするべき。
R

Rの感想・評価

-
ちょい役の前田公輝を見るために...
笠松将もいた。

福士蒼汰はいつまでたっても演技うまくならないの何?真剣佑も微妙。
とーや

とーやの感想・評価

3.5
自分的には結構ハラハラドキドキしました。自分お酒飲めないんですが、なんかビール飲みたくなる感じ🍺∩(´^ヮ^`)∩🍺
悪魔的な作品でした。
honobon

honobonの感想・評価

2.5
WOWOWでやっていたシリーズ一挙放送にて。

このシリーズが好きな人は『鬼滅の刃』も好きなのかな。ここまで喋り倒して丁寧に説明してくれるとは…。

各作品で最後に言いたいことを言っているんだけど、'ノーモアベット'のあとに勝負してもあまり意味がない時もある。

カイジとは結局、ファイナルにあった絵画のようにそれぞれの人が持つ価値なんだろうな。
太輝

太輝の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

従来作品までのギャンブル感は少なくなっている。
黒崎を地に堕とすシーンが観ていて気持ち良かった。
シリーズ1,2と比較して一気に面白くなくなった。内容もオチもイマイチ、、キャストがもったいない
Coo

Cooの感想・評価

2.5
んー、そこまで酷くないけど、やっぱり酷いかね笑
オリジナルストーリーだから?
紙幣は印刷屋さんが刷っているの??
笑笑
淡々としていて何だかね。
面白かった。けど、なんか、ずっと一定のリズムで進むというか…。壁にぶち当たりました!解決しました!あっまた壁に!解決!また壁!解決!みたいな流れで単調だなーって思った。でもやっぱり藤原竜也さんの演技好き。カイジの戦うシーンどれもかっこいい。毎回最後かわいそうなのほんと、バカだなぁって笑っちゃったwカイジらしい
こ、これはひどい...そしてこれはカイジなのか?しょーもなすぎて見るのに10日かかった。
二作目に引き続き、スリルが感じられなかった 福士蒼汰の出た映画やドラマをぜんぜん見ていなかったせいで、あまちゃんの種市先輩のイメージしかないままだったので、あの演技が悪い意味で余計に漫画っぽく見えてしまった
>|

あなたにおすすめの記事