DEATH NOTE デスノートの作品情報・感想・評価・動画配信

DEATH NOTE デスノート2006年製作の映画)

DEATH NOTE

上映日:2006年06月17日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

「DEATH NOTE デスノート」に投稿された感想・評価

鯨

鯨の感想・評価

5.0
くはああああああ!
おもしれええええええ!
実写版の中でトップオブザトップ!!
記録用
モブの台詞がえげつない棒読みな事を除けば最高に面白い実写です。
原作が好きなので若干バイアスかかってます。
るま

るまの感想・評価

3.5
当時松山ケンイチ初見で、何やこいつスゴと思った記憶。どのキャラも原作から飛び出たみたいにハマってたし映画として面白くまとまってたよね〜。
tomiosho

tomioshoの感想・評価

4.0
原作はまったく知らずに映画鑑賞。

心理描写も面白いし、
藤原竜也さん
松山ケンイチさん
キャストが完璧です。
中村獅童さんの声や瀬戸朝香さんも含めて、すべてのキャストが完璧に思えてくる。

デスノートというアイディア、そこからくる心理描写、それを演じる俳優、どれも良かった。

このレビューはネタバレを含みます

昔見た時はもっと面白く感じたが、今見るとなかなかの低クオリティ
アニメのクオリティがかなり高いため、どうしても比較してしまう
設定やストーリーは原作と大幅に改編されており、ツッコミどころもかなり多い
原作はかなり長いため、映画化するにはある程度の改編は仕方ないが、主人公のキャラまで変わってしまうのは如何なものか
そして、主題歌のDani Californiaが差し替えられていたこともかなり残念
まぬ

まぬの感想・評価

3.5
映像化大成功でしょこれ
ライトとエルとミサミサ、原作より原作だった

このレビューはネタバレを含みます


今更、原作漫画読んでます。

今から漫画読んでみようと思ってる方は↓読まないでください。
後半、原作漫画のネタバレします。



デスノート、映画版、夜神月vsL


松山ケンイチのLは素晴らしかった。原作読む前から、キャラが作り込まれていて、素晴らしいと感じた。


月演じる藤原竜也も相手として不足なし。負けてない。
月の父親(鹿賀丈史)の警察官としての正義感も良く描かれていたと思う。


二人の頭脳戦。
かなり見応えあります。


私は単純にLが好み。
月とLの立場は、陰と陽、コインの裏と表。
二人の立場が逆転しても、アリです。
二人は似たような性格だけど、どうせ自分のズバ抜けた才能を活かすなら、月は悪。Lは善に使おうと。

そこが全く違う。




漫画は知らんかったが、前後編ありました。
前編で、まさかのLが呆気なく死にます。
映画を先に観てるので、死んだふりをしてるのかと漫画の前半の最後までずっーと思っていたが、本当にアッケナク竜崎は死んだ。



個人の感想。

漫画は後半、ニア、メロと言う子供が出てくる。ニア、メロはLの後継者。
ニアはLの子供版。


前半のような月とLの頭脳戦、腹の探り合いがとても面白かったのに、いきなり舞台は4年後になり、ミサイルやらアメリカ大統領やら外国警察との闘いやらになり、急激につまらなくなり、かなり飛ばし読みしました。

ラストがどうなるかだけの一点で読んだ。



元々、原作の月のキャラはサイコすぎて好きではないし、キラの新世界創造にもついていけない。現実味があまりにもないんです。

Lと言うライバルが不在なのに、まだストーリーが続く意味あるのか?と。
この時点でデスノに興味を失ってしまった。


映画版は、
Lの死に方も潔く、自らの命を懸ける。
それくらいの相手と戦うことをまさに望んでいたのかも。Lは。死に方としては、かなりカッコ良かった。

ワタリが死んだときだけ、Lが初めて人間らしく動揺した。


何故、漫画ではこんなにアッケナク竜崎が亡くなり、後半は全然別モノになっちゃったのか?
あと、2巻ほどで全てまとめて完結したら良かったのになあ。

完全に失速しまたしね。 


月の死に様は情けなさ過ぎた。あれが、『神』の死に方か?




映画と原作漫画ならば、私は映画版の方が断然良かった。
余計なストーリーが出てこず、二人の腹の探り合いがシンプルで面白かった。


あと、フジョシには二人が大学でテニスするシーンが♡。 
月がLにカウンター入れると同時にLが思いっきり月の顔にケリを入れるシーンが毎回楽しかった。
この映画観て、あ〜、あのノートがあったらなぁと思いながら観たことが一番印象に残ってる(笑)
一本の映画の中で展開させるという事を考えるとよくできてた。
藤原竜也と松山ケンイチの熱演ぶりが世界観へと導いてくれた。
数少ない実写化の成功例。
2021年7月以前に鑑賞

漫画アニメからの実写化で数少ない成功作
キャストも良き
>|