バトル・ロワイアル 特別篇の作品情報・感想・評価・動画配信

バトル・ロワイアル 特別篇2001年製作の映画)

製作国:

上映時間:122分

3.3

「バトル・ロワイアル 特別篇」に投稿された感想・評価

15歳になってすぐレンタルして友人宅で観たのを覚えている。
それ以来の鑑賞。

「秋也ー!!!」
懐かしすぎる。
今見ると豪華キャスト!

藤原竜也はこの時からこういう役所だね。



レビュー下書きしたらそのまま放置して投稿するの忘れてしまうのは私だけだろうか。
蜜郎

蜜郎の感想・評価

2.4
殺し合いの中学生日記。
生徒それぞれ死に際に辞世の句を言う。
急にアスカが出てきてびっくり。
このビデオのオマージュは多そうだ。

生徒の演技レベルはバラバラだ。
特に、気が狂った時と死ぬ時。差が出ている。
殺られるのを待ってるかのような痛み演技には苦笑。
そんな生徒たちの中ではやはり、藤原竜也が目立つ。
この頃からすでに、嘆き叫びの才能が垣間見える。

内容的にもっとホラー要素あるかと思ってたけど、
容赦なく殺し合うだけで怖くはなかった。
ビートたけしはマイルドなサイコパスだった。
山本太郎の関西弁がどうしても桐谷健太に聞こえる。

今で言うと、強制的な暗殺教室かな?
なかには自分から参加した生徒も居たが…
安藤政信ってどの役もキ○ガイ感がすごいな。
もの凄く久々に観た。
こんなサクサクだったかなって印象。
柴コウの美しさダンチだ〜
その人ここで殺されちゃう?!ってつっこみたいところ多いけど、観ちゃう
今思うとすごい豪華キャスト!
ビートたけしの芝居の良さって遠慮しないところ。本気でチョーク投げるし本気で殴る。そういうところ好き。映画は随分湿っぽいしあざとい感じはするけど、そういう部分含めて好き。
人のこと嫌いになるってのはそれなりの覚悟しろ、俺ならたぶん何人か殺そうとして自殺する、この山本太郎はいい役者なのに本当に残念
★★★liked it
『バトル・ロワイアル 特別篇 』 深作欣二監督
Battle Royale

”中学生が殺し合う”

柴咲コウ、藤原竜也、ビートたけし・・・
今じゃあ、豪華キャストやねんね
2020年一発目はバトルロワイアルでした。

観たことあったんですけど、ギャオでやっていたものでε-(´∀`; )

まぁ…なんでしょうねこれ…
特に面白くもなければ、つまらなくもないです。
大袈裟な劇みたいな印象。

途中の、友達の頭に斧がぶっ刺さり、藤原竜也の「大木、大丈夫かよ?」が笑えた。
大丈夫に見えたんか!?

たけしのチンピラ感と、柴咲コウの異次元の可愛さは見所。

あとは藤原竜也はやっぱりカイジのイメージで、山本太郎との会話もなんか似てました。
taiga

taigaの感想・評価

3.7
テンポよすぎてびっくりした。
昔「タブー」感を強く感じた映画。でも今や当たり前に溢れた、中学生の殺し合いがテーマ。クラシック音楽が印象的。

「リアル鬼ごっこ」や「神さまのいうとおり」でも思うけど、こういうゼロサムゲーム的なサバイバルは、もし本当に起こったら……と考えると大変怖い。悪夢。文字通りの悪夢を見る。やめてほしい。

特別篇、のみ?ででてくる、最後のたけしの言葉でイッキに深みが増し、感銘を受けてしまった。
なぜ当時国会で取り上げられるまでに反応があったのか、根底にある無自覚的な動機が恐らくわかったような気がした。

大人は引きずり下ろされるのが、怖かったんだと思う。不安だったんだと思う。
敢えて過激な言い方をすれば、大人は殺し合いを、大切に、自分達大人だけのものにしておきたかったんじゃないだろか。
ざべす

ざべすの感想・評価

4.6
小学生のときに見て好きだった。
小学校の卒業アルバムの一コーナーで『バトロワで生き残りそうな人』に選ばれていてなんだか気恥ずかしいのも良い思い出。
>|