ジュリエットからの手紙の作品情報・感想・評価・動画配信

「ジュリエットからの手紙」に投稿された感想・評価

アマンダ・セイフライドはカワイイなぁ

パトリシア ああパトリシア パトリシア
アマンダがめちゃくちゃかわいいし景色もきれいだし特に大きなゴタゴタもなくハッピーエンドだしで適当に見るのにちょうどいいデートムービー。

フラれる婚約者は普通にかわいそうだしこんなちょっとしたことで心変わりするのに婚約すんなとか色々あるけどまあまあまあまあいーんだそういうのは そういうのを気にする映画じゃねーんだ!イタリア!美女!景色!ワイン!恋!

テイラースウィフトの主題歌好き。
ヒロインきれいすぎる。

素直になるって大事だよね。
真実の愛に感動

はいりが好きじゃなくてもラストにむけて心をつかみにくるので最後までみてほしい。

2回目視聴したい。
メロー

メローの感想・評価

3.5
イタリアを舞台とした純愛ラブストーリー!ラブストーリーがイタリアの原風景と合間ってとても素晴らしい作品になっている。

女性なら誰でも憧れる純愛だし、一度はイタリアに旅行に行ってみたいと思えた!
J

Jの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

”もし”と”あの時”は、それぞれ普通の言葉にすぎません。
と手紙に綴る主人公のセリフをずっと憶えてる
ちい

ちいの感想・評価

4.9
映画だからって特権を総ナメしてるような最高にロマンチックな作品😁なんでもっと早く見てなかったんだろう、、大好きに決まってるし、こういう物語と人たちがいてくれるから私は生きられるとさえ思ってる🤍
街の風景は勿論、音楽もヨーロッパ風でとってもオシャレ。アマンダの作品私すごく好きだな〜と改めて思った。Love Storyのイントロ流れてきた瞬間涙が溢れてきた。クレアみたいな歳の重ね方したいなぁ。あと、オープニングが堪らなく好きだった!
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

3.5
作家志望のソフィー(アマンダ・セイフリッド)は婚約者とイタリアのヴェローナを訪れ、観光地“ジュリエットの家”で“ジュリエットの秘書”たちと知り合う。手伝いで50年前に書かれた手紙の返事を書く。やがて手紙の主クレア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)が孫のチャーリー(クリストファー・イーガン)とともに現れ、50年前の恋人探しに同行することになる。

「13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ」のゲイリー・ウィニック監督作品だが、こちらの方がずっと良かった。

始まって20分で結末まで読めちゃうけど、それでもいい話だったし、気持ち良く観ることができる。それはきっと、美しいイタリアの風景とヴァネッサ・レッドグレイヴ演じるクレアの素晴らしいキャラクターのおかげだろう。

3人でかつての恋人ロレンツォ・バルトリーニを探す旅がめちゃめちゃ楽しい。途中で出会うイタリア男がみんな情熱的なのが笑える。
そして、若い二人の芝生の上でのラブシーンは、「きっと、星のせいじゃない。」には負けるけど、なかなか良かった。

音楽もこの映画の魅力で、コルビー・キャレイの「What If」がとってもいい!テイラー・スウィフトの「Love Story」も映画の雰囲気に合っていた。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
“ジュリエット”宛ての恋の悩みに返事を書いたことから、ある老女の50年来の恋人探しに同行するお話。近年稀に見るほどの出来過ぎたロマンスに浸った。イタリア田園風景いい。
原題は「~への手紙」だが邦題を「~からの手紙」にしたのセンスいいな。アマンダ・サイフリッドは純情役もなかなかハマってる。ガエル君の笑顔がこの作品では寧ろビミョー。持ち味の能天気さが全開する役どころなんだけど、これが災いして「フってよし…フラれてよし…」って感じ(笑)。でもやっぱりあの笑顔はイイ。
karin

karinの感想・評価

2.5
題材がすごくよさそう!と思っただけにちょっと物足りませんでした😢

完成された映画。

映像の美しさ、ストーリー、音楽全部好み。

手紙って古くさいイメージだけど、そのアナログな感じがまた良いよね。

イタリアの美しい街並みもこの映画をより良くしていて、観てて高揚する。

また旅に行きたくなるなぁ!

ステキな映画でした。
>|