タイムリミットの作品情報・感想・評価・動画配信

「タイムリミット」に投稿された感想・評価

笑えるくらい面白くて最高。めちゃ焦るデンゼル。結構ノワールの定石というか、前半とかロージーの『不審者』みたいな。後半に行くにつれて、編集も忙しなくなっていき、やたらズームとパンをはじめカメラが短いカットの中で動き回る。乱暴にデ・パルマとトニー・スコット合わせたらこうなるのかな。マイアミ行きてえ。
MORIO

MORIOの感想・評価

3.9
面白かった~
ハラハラするけど何となく緩い雰囲気漂う
サクッと見れる
荒木飛呂彦のお気に入りってんで観たが確かに納得の面白さ。あの手この手のサスペンス、主人公の切り抜け方は漫画の参考にしたんだろうなと思わせる。

エヴァ・メンデスが初登場時、デンゼル・ワシントン視点でカメラに向かって「振り返る」。結局は彼女が救いの女神であるとこの時点で示している。
デンゼルが大好きでみましたが こんな役はしてほしくないと思った映画!でも最後まで観ることができたので
デンゼルワシントン

こんな人嫌いだ。。

と思った。。

ストーリーは面白い。。
noroyu

noroyuの感想・評価

3.5
主人公が不倫してて、不倫相手にハメられて窮地に陥る、っていうノワール・アクションみたいな。

物語が動き出すのが30分超えてからやっとなので、そのへんちときつかった。
けど、演出の技量はあるので、わりとハラハラして観れるという。
「青いドレスの女」、早く観なきゃ。
inoge

inogeの感想・評価

3.5
デンゼルワシントンが浮気相手が殺されたために、殺人容疑をかけられそうになるのを防ぐために必死で証拠隠滅をしようとするのはハラハラする、しかも捜査刑事は嫁というまさにダブルパンチ。
時間との闘いでもあるからスピーディーな展開もいい、ラストは何となくですが予想した結果に…それでも充分楽しめました。
nanchan

nanchanの感想・評価

-
昔見た。

ケヴィン・コスナーの「追いつめられて」のデンゼル・ワシントン版?
自分で自分を追いつめる系サスペンス
古典の「大時計」を現代風(当時の)に焼き直したケヴィン・コスナー主演「追いつめられて」と同系統
デンゼル・ワシントン演じる警察署長の浮気相手が殺害される
自分が重要な容疑者である事を指し示す証拠が次々と現れるも、署長権限をフルに利用しながら姑息な手段で揉み消しまくる
揉み消し工作と並行して真犯人を探さにゃならないし結構大変だ
しかも捜査の指揮をとるのが、離婚調停中の妻
凄腕らしいが少し間抜けだ
署長もお人好しすぎて、浮気相手が末期がんだと知ると、治療費として麻薬ディーラーから押収した証拠の金をあっさりと渡す
これが後に自分の首を絞める
底の浅い筋書きなんで終盤に真犯人が発覚しても、あっ、そーなの、やっぱね…って感じでとくに驚かない
ラストはハッピーエンド?だけど、この間抜けな夫婦にゃ明日はないような気がする
モツ

モツの感想・評価

3.7
行き当たりばったり、その場凌ぎで話しが進んでいくのですが進め方としては面白い

デンゼル・ワシントンのこんな役回りも珍しくて、取り繕うのに必死なの観てるとよくあれでバレなかったなと!

でもバレたくない一心であれだけ一瞬で機転を利かせて凌いでくのには感心するとともに情けなさも感じる

浮気か金かどっちもバレたくないんだがなかなか本質を捉えてるのではないでしょうか?

悪事隠そうとする心は大なり小なり誰にでもあるんじゃないかな

その点から観るとちょっといたたまれなくなるときも少なからずあるが、最後どうなんのかなとそこまで考えられるのも良いですね
>|