ブラック アンド ブルーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブラック アンド ブルー」に投稿された感想・評価

けんた

けんたの感想・評価

4.0
最後は割と早足でガンガン片付けていくのね。社会問題絡めてて、イマドキって感じでした。ナオミハリスが40過ぎというのが信じられないくらい若いのが印象的。
個人的には可もなく不可もなくって感じでした!

タイリースギブソンがもっと活躍するかと期待していたからかもしれない、、、笑

汚職警官やら、黒人差別問題やら、ギャングに狙われたりやらで大変や、、

警官がお金払わないっての当たり前な感じで驚いた、凄い偉そうで一般市民下に見てる警官は日本にもおるけど、さすがにみんなお金払ってるもんね、、多分ね、、、


ギャングのとこが1番盛り上がりポイントなんやろうけど、自分はあんまりハマらなくてこんな感じのスコアになりました😭
女性黒人警官が、同僚の白人警官の不祥事を目撃、その現場も動画に抑えていたら。。。

緊迫感ある汚職警官もの。
テーマとしてはありがちだけど、テンポもよく、ラストもスカッとはする。

でもいまだにこういう差別はあるんですよね。。。と観終わった後ちょっと考えさせられる作品でもあります。
七坂

七坂の感想・評価

2.9
公務汚職と人種差別、世界の醜悪さを目にした女性警官は正義を求めて街の全てを敵としてひた走る。

社会問題を意識した脚本ではあるがレイシズムに満ちた汚職警官を敵役としながらも、世に蔓延る悪行を良しとしない社会正義に燃える主人公の信条のみを物語の推進力としているのは問題の単純化のように感じられて、粗筋から期待される社会情勢への一石は薄まってしまっていた印象が強い──取り上げる題材は良かっただけに、半端な社会描写と警官やマフィアを加えたアクション劇が先行して映画としての深みはあまり見られないというのもあるだろう。

しかし一映画としては、汚職の目撃から味方であるはずの警察組織が敵に周りその証拠を守りながら逃走しなければならないというスリリングな展開が終盤まで続くので緊張感ある物語として楽しめる出来にはなっている。それだけにスポット的な扱いで友人や幼馴染との関わりが処理されずに、もう少し人間としての側面に迫っていく展開があれば前述の印象はまた違ったのではないか。良くも悪くも一本調子で、ブラックアメリカンの実情という柱で芯を通している作品なのでサクッと見るには丁度良いかもしれない。
まめ

まめの感想・評価

4.1
同僚の犯罪を目撃した時、
あなたはどうする??

冒頭から音楽の挿入が最高。
ナオミハリスが偶然撮影してしまった汚職現場を映したボディカメラをめぐって緊迫感がずっと続く映画でした。

ブラックアンドブルーってタイトルは、黒人と警官併せ持つ主人公のことを指すのかな。それとも黒人と警察官の対立を指すのか....人種差別って根深いな。

孤立しても自分の正義を貫く主人公に感情移入しちゃう。ずっと応援してました。笑
もっと主人公と友人の生い立ちとか深堀してほしかったかも
RAMRIDER

3.5
汚職警官モノのおいしい要素だけを詰め込んだわりと普通の映画なんだけどナオミハリスの魅力で最後まで観れちゃう一本だった。

28日後から結構たってるけど今彼女いくつだっけと思ったら自分より年上でまじでびびった。まだ30ぐらいかと思ってた。いつまでも若くてかわいい(そしてオフザウォールのちょっと前のマイケルジャクソンに本当によく似ている)。声は吹き替えるとしてマイケルの伝記物やるなら彼女が一番合ってるのでは、と本気で思ってしまいました。
汚職警官の殺人現場を偶然ボディカメラで撮影してしまった新米警官が
警官からもギャングからも追われる身となるサスペンスアクション。
フランク・グリロの悪徳警察官っぷりがたまりませんでした!

冒頭、主人公が同じ警察官から「黒人」というだけで取り調べされたり、
通報に駆けつけた警察官からやり過ぎな取り調べを受けたりと
「人種差別」も色濃く描写されます。
終いに同じ黒人からも「警察」というだけで
「白人の犬」呼ばわりされて、邪険にされる。

人間扱いされず、治安も野放しにされてきた彼らとの溝は深まるばかり。
臭いものにはフタをして、見なかったことにすれば平和に見える世の中で
「正義」を貫き通す意味が果たしてあるのか?
彼女一人が行動したところで現実は変わらないかもしれないが
「これから変わるのよ」というセリフに全てが凝縮されていたと思う。
ume0214

ume0214の感想・評価

3.4
タイトルの意味は黒人制服警察官ってことかな。
それと黒人と警察官って意味もあるのかな

主人公は地元に帰ってきた新人黒人女性警官。
初っ端からギスギス。
差別的な白人警官に、黒人警官も荒っぽい。
住人も常に警官に敵対心むき出し。
おまけに相棒は麻薬の密売人とつるんで横流ししている。
なんだか「トレーニングデイ」みたい。

汚職を目撃して告発しようとする警官の逃走劇、
最後には一発逆転して事件解決って流れはよくあるけど
普通に面白かった。
何より主演女優の熱演が光っていた。
chiro

chiroの感想・評価

-
2022:200本目

最後までドキドキする

正義感が強く窮地に陥っても
負けない精神力のナオミ・ハリスが
素晴らしかった
コロン

コロンの感想・評価

3.8
強い正義感と責任感を持つナオミ・ハリスの孤軍奮闘振りが素晴らしい。自分に賞金首をかけたギャングの巣窟に敢えて乗り込んで、事態打開を図ろうとする彼女の勇気とクールさには脱帽。1日で見事に変貌したタイリース・ギブソンも良かった。
>|

あなたにおすすめの記事