キャンパス・エロチカ 熟れて開くの作品情報・感想・評価

キャンパス・エロチカ 熟れて開く1976年製作の映画)

製作国:

上映時間:72分

3.2

「キャンパス・エロチカ 熟れて開く」に投稿された感想・評価

一流大学に通う学生カップルが待望の同棲生活を始めるのだが、実直な性格の彼氏がセックスレスを望んだことを契機にして、処女の恋人(北川たか子)が欲求不満を爆発させてしまう。同棲する恋人同士の危うさをシニカルに描いているロマンポルノ。宇能鴻一郎原作。

セックスレスの夫婦の物語を、同棲している若年カップルに置き換えているかのような内容。女性の聖性(処女性)を重んじている彼氏が、女性の淫靡な邪性の部分を汲み取ることができないまま、性生活が泥沼化していくまでを描いている。

「こんなエッチな女子大生が身近にいたらいいなぁ」という、いかにも男が考えたエロ・シチュエーションが炸裂しているが、女であることの自覚が足りていない若年の娘が、自己の「聖性と邪性」に目覚めていくまでの過程は、見応えあり。

女を適度に束縛することの大切さを教えてくれるところもエライ。