ザ・チャイルドの作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・チャイルド」に投稿された感想・評価

ノッチ

ノッチの感想・評価

2.0
19歳のハンナは、夜毎夢に出てくる生まれ故郷の町ガトリンへと赴いた。

かつて子どもたちによる殺りくカルト集団が存在していたその町では、今もひそかに教祖復活の予言を信じる者たちがおり、やがてハンナは教祖をこの世に誕生させるための母体に選ばれてしまう…。

原作スティーブンキングの『とうもろこし畑の子供たち』映像化シリーズ6作目。

かつてアメリカの田舎町に存在した、人間を生贄として殺す子供だけのカルト集団が現代に甦る様を描いたホラー。

邦題はまた違うが、原題にはよくみると、ちゃんと『CORN 666』と書いてある。

1999年封切の映画にしては低予算ゆえか古く感じます。

今回は1作目『チルドレン・オブ・ザ・コーン』の後日談(19年後)。

死んだはずの初代教祖アイザックがこん睡状態で生きていたり、彼には子供がいたことになってたり、変な予言の存在があったりと何だか妙なことになっている。

悪魔=幻想的なつもりの真っ赤なライティングの映像が続き、1時間たっても、何の事件も起こらない。

1時間30分経過したところで、やっと事件らしい事件が起こったと思ったら、実はそのシーンは佳境で、そのままエンディングを迎える。

おそろしくのらりくらりした演出で、中途半端な真っ赤な画面が作品への恐怖や不安よりは、ディスプレイが壊れたかと思う不安が先にたってしまい、機械の調整をしているうちに映画は終わったというのが正直な感想。

また、このシリーズを観ている人向けなので、そうではない人にとって、この作品の鑑賞はかなりの苦行となるはず。

脚本がひどくて、この映像やセリフで状況を把握できる人がどれだけいるでしょうっていう出来。

ちなみに1976年のスペインの『ザ・チャイルド』とは全く別物なんで気をつけてください。
*☆HE WHO WALKS BEHIND THE ROWS*☆

あのアイザックが帰ってきた〜っ!!

私の大好きな『Children of the corn』シリーズ第6弾☆

シリーズ1作目で少年役を演じたジョン・フランクリンさんは、あの時すでに少年ではなかった…!!まずここに驚き!!

そうなのです、今作ではアイザックおじさま登場なのです(笑)

確かに、アイザックにはカリスマ性を感じる♪

でも私のお気に入りキャラは3作目のイーライ様♡

しかし今作は子供が全然出てこない…あれれのれ??
青二歳

青二歳の感想・評価

3.5
ついでだ6も作っとけ。あの初代モロコシ指導者アイザック少年甦る。6にしてなんと1の主役リターン!しかもアイザック少年本人が再びアイザックを熱演。え彼って1撮影当時22歳だったの??そしてこの時40歳('59生まれ!)。なんの冗談だ…おっさんやん。
どうやらアイザック少年は死んでおらず(009じゃあるまいし)、病院のベッドで眠り続けていたらしい。19年間分しっかり加齢したアイザック。甦っても神の言葉を聞きやっぱりモロコシ指導者に。

このジョン・フランクリンという役者がかなりイカしていて中々面白い出来映え。どうしよう楽しい…モロコシの子供達ならぬモロコシのおっさんwith子供達なのに。シリーズ毎にモロコシ信仰の設定が都度変わるが、ここまでテコ入れされると面白くて仕方ない。
自分のオススメは3の都会篇でスマートなサイコパスっぷりを発揮するイーライ君ですが、1と6のアイザック君はやはり見応えあります。