新・13日の金曜日の作品情報・感想・評価・動画配信

新・13日の金曜日1985年製作の映画)

FRIDAY THE 13TH PART V: A NEW BEGINNING

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

3.0

『新・13日の金曜日』に投稿された感想・評価

5日目:あなたはジェイソンさんですか?いいえ。違います。

前回のあらすじ…。
完結編とは???

ジェイソンさんだけど、ジェイソンさんじゃない回であって…。
ジェイソンさん出てくるけど、ジェイソンさんは出てこない回でもある。
マンネリ脱却を狙ったんだろうか?これはこれで面白いじゃん!
この路線で進んでほしいけど、どうせ次回でジェイソンさん帰ってくるんでしょうねぇ。帰ってこなくて良いのに…。笑

どんな映画か知ってる人には、ミステリー回でもあるのかな?
知ってる人は、ジェイソンさん?が誰なのか知ってる状態なんで、ミステリーにはならないかもしれないけど…。笑
自分はてっきり怒りが蔓延して、ウイルスみたいに感染し、感染した人は人を殺さずにはいられない…って感じで進むのかなと思ったんだけど、そんなことはじぇんじぇん無くて…。笑
前半のあの急な殺人事件がちゃんと伏線になってたんだね~。

今作は殺しの見せ方が面白かったと思う…。
シルエットでジェイソンさん?だと丸分かりなのは置いておいて…。
必ず二人セットで殺していくんで、とっても要領の良い殺し方でお上手!
恋人だったり、友達だったり…、まずは片っぽを相方が気づかないうちに殺害…。
んで、死んでる片っぽを発見して相方が悲鳴をあげ、その背後からジェイソンさん?が接近し相方も殺すって言う…。
まぁ、今までとあんまり変わんないんだけど…。笑

ラストバトルも結構面白かったかな?
ブルドーザーに轢かれても死なないジェイソンさん?
強いのか?弱いのか?分かんないジェイソンさん?
前作でジェイソンさんを退治したトミーくんは青年に!
筋肉バキバキ!格闘技も使えるよ!
てっきりトミーくんがジェイソンさん化すると思ったんだけどなぁ~。
んで、本家よりも人をたくさん殺してた気がするジェイソンさん?なのでした…。

もしかしたら誰の心の中にもジェイソンさんがいて…。
ひょっとしたら明日のジェイソンさん?はあなたかもしれません!
信じるか?信じないか?は、あなた次第です!
第5作。前作で殺人鬼ジェイソンを倒した少年は18歳になっていたが、事件のトラウマから立ち直れず、施設で療養していた。そんな彼の周囲で連続殺人事件が発生する。
十六門

十六門の感想・評価

3.3
4で出てきたトミーが中心人物
オチとかも考えると5が1番良かったかもしれない
精神病院が舞台。
ジェイソンのマスクのデザインが
ちょっと違うのにはちゃんと理由あり。

サスペンスっぽい。けど人めっちゃ死ぬ
今んとこシリーズでいちばん面白かったです!
今まではジェイソンの生い立ちぐらいしかまともなストーリーがなく、クリスタルレイク湖でただひたすら人が殺されていく物語性の薄い内容でしたが、今回は前作の最後で第2のジェイソンになることを匂わせたトミーが主役で、トミーがジェイソンなのかもしれない、というミステリー調の物語が展開します。普通に先が気になる感じ。

ただ、殺し方がもう雑、というかナタで後ろから、前から刺す切るしかしなくなりましたね、そこのホラー的なクリーチャー的な楽しみ方は完全に消え失せてしまいました。登場するキャラクターは、発情期の男女ではなく悪魔のいけにえのようなキチガイ夫婦だったりイケてる黒人だったり魅力的な人が増えました。ジェイクの恋は普通に応援したくなったしね。

前作からはファイナルガールと子供のコンビの流れが出来てきましたね。しかしホラーとギャグは紙一重とはいいますが、ラストバトルの面白いのなんの笑
子供が重機乗ってきたりチェンソーで戦うし、あとトミーの肉弾戦がかっこいい笑

オチはちょっと予想外で残念でしたが、今後に期待できる感じ。

マンネリを打破するだけでこんな良くなるとはって感じです
クリスタルレイクのゾンビから、意思を広げて次はどうなるんでしょう。
青いホッケーマスクにワクワクします

このレビューはネタバレを含みます


模倣犯かい!!!!

過去作に比べて善人すぎる人たちが殺されてくのでちょっと胸が痛い…それ以外はいつも通り。

ラスト見る感じ、トミーが新たなジェイソンになったぽいけど色々あって結局元のジェイソンが続投するんでしょうかね…

(Filmarksの特集記事をちょっと読んだ)
zouQright

zouQrightの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

今のところシリーズで一番おもしろかった。
マンネリ化した展開を一新するミステリー色強い異色作にして、殺し方の多彩さは健在という満足セット。
ファーストキルに至っては、ジェイソン要素の一切ない、ただの殺人事件で驚き。
また、正直、今までの主人公みたいに、しれっとフェードアウトしていくと思っていたトミーが大人になって登場するというのも衝撃。しかも、意外と武闘派なトミー。
予想もしていなかった1作目と対称的なオチやトミーの心に巣食うジェイソンなラストに目が覚めましたわ。
確かに犯人、あの時の様子おかしかったもんなぁ。
感情も理屈も関係なしに、どうでもいい人たちが次から次へと処理って感じで殺されていくのが立派。俺はジェイソンに思い入れゼロなので、ただ無意味な殺戮がダラダラと続くホラーをそれなりに楽しんだ。雨の泥道を這いずり回り逃げようとする女性のくだり、『恐怖のいけにえ』でも同じ撮り方をしていたので嬉しくなった。もともとはポルノ作家だったダニエル・スタインマン、いくつかの濡れ場と過激な暴力はカットされたらしいので、そのあたりがダダ漏れのハードコアバージョンも見てみたかった。
まともな映画を二、三本しか撮っていないスタインマン、撮れないには撮れないなりの理由があるわけで、それは監督の人格の問題だったり表現の暴走だったり、たんに才能がないってのもちろんあるが、その諸々を含んだうえで作り手の呪いのような歪な作家性が刻まれてしまう変な(欠けた)映画はやはり面白いと思う。
完結編の翌年に公開されてる「新13金」。早すぎて。笑

前回で大活躍したトミー少年が大人に成長。ただ過去のトラウマから精神を病んでいて、社会復帰のため森の中の施設へ移送されてくるところから始まり始まり。
トミー君が普通に病んでる青年でちょっと笑いました。完結編のラストでそりゃもう不気味な表情を見せてくれた少年だったはずなのに。あの顔がなければ悩まされ続ける現在にも大きく納得なんですけどねー。勿体ない。。でもやたらと強い😅

それはさておき、
その森の施設の周りで突然バッタバッタと殺されまくります。手法も色々だけど人数もなかなか。通りすがりとかご近所さんとか、過程すらなくあっさり殺られていく様はむしろ怖がらせる事に関心がない様にすら見えました。サスペンス味が濃いめ。ただジェイソンだからいっぱい殺しとかなーみたいな。笑

オチ的にはふむふむといった感じ。
休み無し3連続夜勤後には丁度いい映画でしたー😊
gemagema

gemagemaの感想・評価

3.2
シリーズ5作品目ですね。
前作が完結編とは名ばかりの完結だったので、がっつり続きになりますね。
ただ今回は数年後なのでトミー少年が青年になってますね。
今作は今までの作品よりもおバカキャラが多い気がしましたね(笑)
内容忘れてたのでジェイソンどうやって復活したんだっけと思いながら観てたので新鮮でした!
結果復活したわけではなかったですね。
わりと理由もチャントしてた気がする。
どうりで肌の色など人間ぽいからおかしいなと思って観てた(笑)
ここまでのシリーズだと結構ジェイソンの中身人間だったりとか怪物っぽくない感じだったんだなと思った。
後半のシリーズはきっと怪物だろうけど。
>|

あなたにおすすめの記事