シャークアタックの作品情報・感想・評価

「シャークアタック」に投稿された感想・評価

ただサメから逃げる戦うではなく、そこから色々な人の思惑に繋がるのがよく出来ていると感じた。惜しい点はなんだかんだサメ自体の描写が少ないこと。
ノッチ

ノッチの感想・評価

3.0
凶暴化したサメがアフリカの港町で人を襲う。

その裏には、港町に存在する鮫研究所と地主の利権に絡んだ思惑が交錯していた・・・

シャークアタックシリーズの1作目。(続編はディープ・ライジング、ディープ・ライジング-コンクエスト-)

とある人物が儲けるためにサメを凶暴化させる薬を打ってて、主人公がそれを止めるために奮闘するって話。

ありえない頻度で人を襲うサメを調査するため異国へやってきた研究員が、村内のトラブルに巻き込まれ、サメの異変に隠された真相と陰謀を暴いていきます。

登場人物が少ないので、最初から展開は丸見えなんですけども。

この映画は、タイトルこそサメ映画を彷彿とさせていますが、実際には、サメはそれほど重要ではありません。

むしろ、サメ事件の背後に潜む陰謀や、主人公と地元住民の友情が話のメインです。

ようするに、人vsサメじゃないのがこの映画の特徴です。

人間VS人間にサメが絡んできます。

別に主人公はサメと戦わない。

サメも簡単に捕まったり解剖台の上で肝臓採られたりする。

あまりのサメの暴れなさっぷりにちょっとガッカリ。

あと、サメいっぱい見れます。

実際に本物のサメを撮影しているので肝心なところでちゃちいCGにがっかりする必要がないので安心。

ストーリーは結構しっかりしてるなと思える。

サメ映画にしては珍しくサメが悪役ではないんですね。

パニック映画が好きだ!という人にはおすすめしませんが、サメが好きだ!という人は一度ご覧下さい。
枕木

枕木の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

サメモ:癌治療(未完成技術)に使えるサメ しょっちゅうそれらしい内臓が出てくるが切り身はぬいぐるみ なし崩し的に仲間になったのにメチャいいやつな漁師
うの

うのの感想・評価

2.5
主人公がいい人

サメが出てくるドラマもの
夢一路

夢一路の感想・評価

3.7
いわゆる「ジョーズ」みたいなパニック映画を想像していたら、良い意味で見事に裏切られた。私利私欲にまみれたヤツらの為に犠牲者が出る点は、人喰いザメを題材にする以上は外せないのか、この作品も例外ではないが、サメの恐怖というより、人間側のサスペンスにハラハラするし、癌治療のための新薬の開発と結びつけるあたり、実に面白味が増して、高評価できるのではないだろうか。
この映画はすごい!何がすごいのかというと人間もサメも泳ぐのが遅い。

その上サメは数えるほどしか出てこないし、追っ手から逃れるためにヒッチハイクで捕まえた島民は優男すぎるし、彼は主人公並みに活躍するのに終盤まで名前で呼ばれない…

唯一良かったのは一悶着あった酒場の兄ちゃん達との協力プレイが観れたことですかね、はい。
よぬ

よぬの感想・評価

3.0
サメ映画と見せかけて人間のサスペンス映画。サメ感を求めて見たら少しガッカリするかもしれません。でもこれはこれでまあまあアリかな…と私は思いました。
BSであっていたので観賞

えー、B級サメ映画を期待したのに変に真面目につくったからおもしろなくなった

サメ映画なのに、人間同士のやり取りが大半を占めているので全然ドキドキしない

色々サメ映画を見てきたけど、シャークネードがやはり突出して面白いということが分かった
何にも考えずに楽しめるB級パニックサメ映画と思って見たら全然違った。。
なんてこった。サメにワーキャー言いながら食べられるであろう人達にツッコミつつ見たかったのに…
でもこれはこれで良かった。

がやっぱ物足りない…空からサメ降ってくるぐらいじゃないと…笑
サメあんまり出てこなかった!
サメに罪はない!人間!