ZMフォース ゾンビ虐殺部隊の作品情報・感想・評価

「ZMフォース ゾンビ虐殺部隊」に投稿された感想・評価

mittsko

mittskoの感想・評価

-
バカでヘタだから即ダメとはならない。本作に足りてないのは「バカ」だ。最後のオッパイゾンビの無意味なノリだけで全編を走るのが正解だったのにな…! ただし、そこで吐き出される性欲が典型的にホモソシアルであるのが、仕方ないとはいえ実につまらない。性欲の精妙さと爆発を実現している、日本のオタクコンテンツに大いに学んでいただきたいもんだ!(`・ω・´)

無敵の女剣士とかいうサイコーのバカ素材、ルーマニアの空気感、原発らしいロケハン… 全てが活かしきれずの肩透かし、残念(´・ω・)

ゲームが原作らしいので、もしかしたらそのファン独自のノリがあるのかもしれない。未プレイのボクには、この映画のこだわりがさっぱり分からん!

俳優も演出もアクションが下手なのは仕方ない、人には出来ることと出来ないことがある。けど、下手な台詞を、クローズアップの切り返しで延々とつなぐのはなんで? そういうゲームなの? 映画的には零点だけど?
naokit

naokitの感想・評価

1.2
はい、でました…やってくれました映画です。
フ〜、アクションなのに、センスの無いセリフが長々続く攻撃に気分が…何とか最後まで耐え抜いたのです。
ラストの謎トップレス・バトルに0.2ポイント❗️
tm

tmの感想・評価

2.5
ショボすぎるゾンビ映画‼ でも、終わりまで観たよ‼ (トホホホホ~って感じやね。)
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

1.0
ゾンビが出現した町を軍部に雇われた傭兵達が爆破しに行く話。
ゾンビがお面や気ぐるみ被っただけだとか、手抜きなのが多すぎる。
傭兵の中には『ウォーキング・デッド』のミショーンのパクリみたいな、刀を武器にしたオバさんまで出てくる。
終盤は話が無茶苦茶で、突然出現したゾンビってよりはモンスターが敵のボスを殺すとか正にZ級ホラー。
最初と最後がロバート・ロドリゲス監督で間はアサイラムが作ったと思う(笑)

ゾンビだらけの町を脱出するとか言いながら始終工場の回りを走ってるだけだったな。
酷い、、けど、けど
今まで観たゾンビ映画に出てくる味方はじぶんが死にたくないから咬まれた事を隠して結果的にゾンビになって仲間に咬みつくって流れだったけど、今回出てきた軍人はじぶんから
俺、咬まれたから殺して
って言ってたのが良かった、かな笑
ReN

ReNの感想・評価

2.3
DVD購入し鑑賞。

低予算のB級ゾンビ映画で某ゲームの映画化。
バイオハザードのような空気感はあるんだが、どこかのっぺりした印象。
ツッコミ要素プンプンでジャケ詐欺が酷いが暇つぶし程度になる作品。
暇つぶしにはちょうどいいかも。ラストまで見たらご褒美におっぱい見れます。
生物兵器開発の事故でゾンビだらけになった町に、マッチョな軍人、女忍者、爆弾スペシャリスト、凄腕スナイパーの4人が爆弾を仕掛けて脱出するお話。

お約束のジャケ詐欺です。

アクションはもっさり。某映画のようなストーリー。ゾンビメイクも微妙で色々と残念。

85分のつまらなさを補完するかのような最後のおっぱいゾンビは何だコレ?
ゾンビを潜り抜け元凶の会社を爆破する無頼漢チームの話。原作は開発中止で未発売のWii向けゲームなので、ある意味この映画の存在そのものがゾンビ的。脚本が基本的にはバイオハザードなので、言わばアンブレラ製薬のジェネリック医薬品な映画。
>|