バイオハザード II アポカリプスの作品情報・感想・評価・動画配信

バイオハザード II アポカリプス2004年製作の映画)

Resident Evil: Apocalypse

上映日:2004年09月11日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「バイオハザード II アポカリプス」に投稿された感想・評価

ママン

ママンの感想・評価

3.4
記録👀

バイオハザードのゲームだけは大好きなので、仕方なくこの映画のシリーズも観てるけど、ゲームの実写化のキャラが褒められるのは、ジル・バレンタインとエイダだな〰️⤴️🙆‍♀️

個人的にはレオン好きだが、実写化のはイマイチ。

女性キャラは抜群である👍👍👍
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.7
▪️JP Title :「バイオハザードII アポカリプス」
Original :「Resident Evil: Apocalypse」
▪️First Release Year : 2004
▪️JP Release Date : 2004/09/11
▪️Production Country : アメリカ・ドイツ・イギリス
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record : 2020-622 再鑑賞
🕰Running Time : 91分
▪️Director : アレクサンダー・ウィット
▪️Writer : ポール・W・S・アンダーソン
▪️MusicD : ジェフ・ダナ
▪️Cast. : ミラ・ジョヴォヴィッチ、シエンナ・ギロリー、オデッド・フェール
▪️My Review
ミラ・ジョヴォヴィッチが演じるアリスのパワー・アップがとにかく見ものです!!実験によって肉体のパワー、運動能力が増したこともあり、アリスの活躍はとんでもないレベルに!!
演じるミラ・ジョヴォヴィッチも、ハーレーを乗り回したり、高層ビルの壁に沿って降下(25mからはスタント無し!!)するなどスタントに自ら挑み、そのアクションにリアリティを与えています。
そして、本作では前作とは打って変わり、原作ゲームの主要人物を登場させるなど、ゲーム世界との融合が大きなテーマとなっています。特に『バイオハザード3 LAST ESCAPE』の世界観や要素を多く踏襲していて、ゲーム版の人気キャラ「ジル」とその仲間「カルロス・オリヴェイラ」が登場します。クリーチャーの追跡者「ネメシス」等も登場しネメシスの正体をめぐる葛藤も見どころになります。

物語は。。。
アンデッドの街と化したラクーンシティでアリスは生存者のジルたちと行動をともにしていました。そこへ、全ての元凶<Tーウイルス>を発明したアシュフォード博士から電話が入ります。彼は街に核爆弾が投下されると告げ脱出を手引きする代わりに、娘の救出を要求します。さらに、背後には追跡者“ネメシス”の陰も忍び寄っていました。最悪の結末まで、あとわずか。果たして彼らは、無事に生き残れるのか。。。

ラストにはパート3を予感させるシーンもあるので、やっぱり続きを再鑑賞しなければという気にさせられます(笑)

▪️Overview
ヒット作「バイオハザード」の直後からストーリーが続く続編。前作の監督ポール・W・S・アンダーソンは脚本と製作に回り、監督は「デアデビル」などの第2班監督を務めてきたアレクサンダー・ウィット。主人公は前作と同じミラ・ジョボビッチ扮するアリスだが、今回は原作ゲームに登場するキャラ2人も登場。ジル・バレンタインを英国女優シエンナ・ギロリーが、カルロス・オリべイラをイスラエル出身のオデッド・フェールが演じる。(引用:映画. com)
2020/0922 U-NEXT 1.0~2.0倍速 2回目

うーん久しぶりに観たけどこんなにB級ぽかったですっけ。
次回作への匂わせ展開はワクワクさせるいい感じですね。
・バタリアンぽいシーンがあって愛着感じた
・アンブレラ部隊の胸糞少佐は韓国映画タクシー運転手のドイツ人記者役
・アンブレラ傭兵たちの芝居が結構な棒で逆に面白い
バイオシリーズ好きなので、愛すべきB級作品ということにしておきましょう。
風神

風神の感想・評価

3.2
ジル・バレンタインの再現度に驚き!

アリス無双モード突入です!
Rikuto

Rikutoの感想・評価

3.4
2020年204本目

ネメシスの実写再現度が凄まじい。美術班の腕の良さを痛感。コスチュームを再現したジルが美人で最高。この惨劇の夜、もしかしたらクレアとレオンもいたのかもしれないと考えると、なんだかワクワクする。
誰もが知ってるゾンビパニックアクション映画2作目

舞台は地下施設からラクーンシティ全域に広がりアクションも感染者の数もグレードアップ!ストーリーも勧善懲悪といった感じで1作目以上にアクション娯楽映画としてシンプルに楽しめます。
そんな中でもサンゲリアみたいな蛆だらけゾンビが出てきたりしてるのは嬉しかったり

本作でも主人公はミラジョボビッチ演じるアリスではありますが、それ以上にシエンナ・ギロリー演じるS.T.A.R.S隊員のジル・バレンタインが映えてますね!
アリスが強すぎる上にピンチで登場する外側の存在なっているのに対して、ジルは強いけどあくまで人間レベルで、仲間を失ったり増えたりと最初から最後までドラマがあるあたりアリスとは違った魅力にあふれています。ウルトラマンと科学特捜隊みたいな感じでしょうか?ちがうかな?
私はゲームはプレイしたことがありませんが、彼女はゲームの主人公だったんですね。

全体的に若干の説明不足感はありますが、雰囲気つかめれば全然問題なくついていけるのであんまり細かいことを気にするのは野暮ってもの
というわけで勢いのあるうちに3作目見るぞ!
評価低いけど普通に好きだった
ただただミラがかっこいい映画
ゲームしてないと話複雑で分かりにくいて人いるけど、そんなことは無いと思う。戦闘シーンも普通に好き。最後のミラ普通にぱいおつ見えててえっちい
バイオハザードシリーズ全部見ました。
最初が一番でどんどん評価が下がる。
仕方ないのかな?
ZAKK

ZAKKの感想・評価

2.5
ゲームが好きだったから楽しめたけど、わからない人にはイマイチかも
ゲームは知らないけど、ミラ・ジョヴォヴィッチが強くてカッコイイのでバイオハザードは全部観てます!
>|