ガンズ・アンド・ストレンジャーの作品情報・感想・評価

ガンズ・アンド・ストレンジャー2012年製作の映画)

El Gringo

上映日:2014年02月19日

製作国:

上映時間:99分

2.5

あらすじ

男は、追われて いた。美しいビーチでの 悠々自適の生活を夢見な がら、大金の入ったカバン と、血塗られた過去を抱え て国境を超え、メキシコの 田舎町エル・フロンテーラ へと足を踏み入れた。しか し、よそ者に冷たいこの街 で男は次々にトラブルに 巻き込まれてゆく。やがて それは酒場の美人店主、街 の愚連隊、ギャングのよう な保安官に盗人の少女、そ して男と大金を追って街 へやってきた警官ら一癖 も…

男は、追われて いた。美しいビーチでの 悠々自適の生活を夢見な がら、大金の入ったカバン と、血塗られた過去を抱え て国境を超え、メキシコの 田舎町エル・フロンテーラ へと足を踏み入れた。しか し、よそ者に冷たいこの街 で男は次々にトラブルに 巻き込まれてゆく。やがて それは酒場の美人店主、街 の愚連隊、ギャングのよう な保安官に盗人の少女、そ して男と大金を追って街 へやってきた警官ら一癖 も二癖もある連中を巻き 込み、事態は予想だにしな いヴァイオレンスを巻き 起こしてゆく!

「ガンズ・アンド・ストレンジャー」に投稿された感想・評価

santasan

santasanの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

中盤のガンファイトはなかなか見応えがあるものの、全体的にはどこにも正義がないし、この無理矢理落とした感バリバリのオチはなんなんじゃ…。
6月のアドキンス・ナイト、2本目。

絶対にバスに乗りたいアドキンス
vs.
絶対にバスに乗らせたくないギャング

の1日1便をかけた戦いだけ面白かった。

ただ、ED開始と同時に、
「El Gringo!!!」と始まる、MANOWAR書き下ろし楽曲がクソカッコ良かったので、+0.5点
太田

太田の感想・評価

2.3
凝ったガンアクションとギャングの街が旅人に冷たすぎる映画。金を奪おうとする女がクソ腹たつので撃ち殺して欲しかったのに、女に優しい主人公でなんだかな〜と思いました。
追われる身の男は、大金の詰まった鞄を手に国境を越え、メキシコの小さな町エル・フロンテラスへと流れ着く。だが、町の住人たちはよそ者に冷たく、次から次へともめ事に襲われる。やがてギャングや悪徳保安官にも狙われてしまう…



スコット・アドキンスとクリスチャン・スレーター共演作品。

ジャケットではクリスチャン・スレーターの方が大きくなっていますが、主人公はスコット・アドキンスです。
ちなみにクリスチャン・スレーターの出番は少しです。

自分はスコット・アドキンス目当てで見たので良かったですが、クリスチャン・スレーター目当てで見ると残念になるかももしれません。


スコット・アドキンスといえば華麗な肉弾戦アクション!
しかし、今作は銃撃戦の方が多いです。

特に中盤の1対多数の街中での銃撃戦はなかなか良かった!
ノリの良いBGMの中、敵を撃ち、銃を拾ってまた撃つ。
手榴弾やロケットランチャーまで出てきて、爆風で吹き飛ぶシーンもあり俺得でした!
爆風で吹き飛ぶシーンってなんだか好きなんですよね。

肉弾戦も少しですが、しっかりあります。

しかし終盤でクリスチャン・スレーターも参戦してくるのに、アクションシーンが少なくなるのが残念。
ラストもそのままあっさりと終わってしまいました…。
でも、犬が活躍したのは良かったかな。


あまり期待せずに観たら、中盤まではそれなりに楽しめていたので、その勢いのままラストまで行ってほしかったです。
スコットアドキンス主演作は比較的面白いアクションが多い

麻薬ギャングと汚職保安官に支配された田舎町をよそものでめっちゃ戦闘力の高いスコットアドキンスが解放させようとする話

いつものスコットアドキンスとは少し違ってガンアクションがメイン、ただの撃ち合いではなくスコットアドキンスのアクションを活かしていてガンフー寄りのアクション、ガンアクションは素晴らしい、相手の銃を奪っては撃つを繰り返していくシーンとかジョンウィック2のあのアクションに近いし興奮した

格闘戦もあるけどそこまで魅力的じゃない、弱点が帽子ってベタすぎる

ラテン系美女がヒロイン
熱いラテン音楽に乗せて真夏にピッタリのスコットアドキンス映画

クリスチャンスレイターには必ず裏がある
KY

KYの感想・評価

3.0
アドキンス友達から「これはクソだ」と言われたので鑑賞。いや、クソかもしんないけど、クソ楽しかった。とにかく水を飲みたいアドキンス、バスに乗りたいアドキンス。たのしい(笑)
ギャングがバカっぽい。
いや、全員か。

脚本2
演出1
映像1
俳優1
印象1
スコット・アドキンスって誰やねん!って観たの覚えてます。
観たら、「あれ?ベン・アフレックやん!改名したんや…」って。
調べたら別人でした。
別人なんかーい!

スタントマンとしても凄い人らしいんですけど、画面には俳優だから知らんわな💧
鉄平

鉄平の感想・評価

1.0
出だしからつまらなそうだし、世界観もあまり好きではない。
クリスチャン・スレーターが途中から登場したから期待はしたけど、観るのやめた。
大金を持ってアカプルコへと逃避行を決め込む男は、ギャングが牛耳ってるコトでおもてなし精神皆無な街へと立ち寄った。そこで水一杯を求め続けて断られ、女スリに執拗に狙われ、しまいにはギャングや悪徳保安官にまで命を狙われるハメに……という勧善懲悪系バイオレンス作品。
使い古された感のある物語のために、見た目ド派手で飽きないとはいえ逆に単調な展開とも。とはいえ、登場する警官や保安官らの悪に対する諦めや開き直りや絶望などが見終わったアトにヒシヒシと感じられる辺りは絶妙感満々。その感慨を見てる間に感じられればもう少し……という気になるのが残念で、とりあえずソコを味だと理解してから見るのが妥当かな、と思ったり。
もう一度見ればきっと爽快感溢れる一作という印象になるのかも。

ともあれ、ブラやパンティで止血されるトコロにイチイチ反応する主人公が男の子してて可愛かったかも (笑)。