キリング・マシーンの作品情報・感想・評価・動画配信

「キリング・マシーン」に投稿された感想・評価

cinemaBOND

cinemaBONDの感想・評価

3.5
相変わらずキレッキレ!
スコットアドギンス好きにはたまらん映画。
こういう映画に出て欲しいところ。
内容は正直全くnothing。
スコットさん好きだから見たよ。こんなジャケット作った奴らも皆殺しにしておくれ。

このレビューはネタバレを含みます

キリング・マシーン
〜暴力では何も解決しない〜
※暴力を使わないとは言ってない
※解決しないとも言ってない
※殺人は暴力に入らない
※ただしイケメンに限る

期待せずに見たら面白いシリーズ認定👍

スコット・アドキンスが暴力をふるうためのとってつけたようなストーリー!
味のある悪役!
頭を使って抵抗する子役!
キレのある蹴り技!ガンアクション!
なんの不満があるだろうか⁉️
問題の99割を暴力で解決する平和主義者最&高❗️息子の担任になってくれ‼️

手を縛られた状態で無双するシーンには感動した🤣

子役がシャッターを開けようとするシーン長すぎくどすぎなので笑いながら見ましょう

バンダムの動きにキレがなくなって寂しいが、そんな人は殺人マシン・アドキンスを見よう!
もちろんバンダムも応援しよう!
NF

NFの感想・評価

3.0
全体的には程よくまとまっていて悪くないのだが、やっぱり少し地味だったかなという印象が残る。
なるべく暴力では解決しない、がテーマの様なので狙ったのかもしれないが。
そういう意味ではマリオヴァンピープルズが良いとこ持ってったような気がする。
MOVIEMAN

MOVIEMANの感想・評価

3.3
いまやB級アクション映画の新たな帝王とも呼べるスコット・アドキンスだが、彼の作品はその他のB級アクション俳優(ブルース・ウイリスやニコラス・ケイジ)の作品とは違って、意外にも良作が多い。
本作もスコット・アドキンスらしいスピード感のあるテンポの良いアクション映画だった。同じくB級アクション俳優となったジャン=クロード・ヴァン・ダム作品では、これだけのスピード感はもう味わえない(笑)。

より詳しいレビューは、
http://movieman.sblo.jp/article/188058700.html
アイザック&アドキンスという何度目かわからないほどの黄金コンビによる凡作寄りの良作、アドキンス版トランスポーター3

かつて最強の工作員だったアドキンスは引退し息子と二人暮らし、息子との関係は冷え切っている、そんなある日息子が誘拐され自身も麻酔銃で眠らされてしまう、起きるとそこにはアタッシュケースが、そこに入っていたのは小型カメラ付きの防弾チョッキと最低限の装備だった!ギャングの兵士となったアドキンスは息子を取り戻すために殺人マシーンとして復活を遂げる!

めっちゃシンプルなストーリーでひたすらアドキンスがギャングをボコる!頭を空っぽにして楽しむ(毎度のことだけど)分には丁度いい作品

備え付けの小型カメラとアドキンスアクションがライブ感を生み出していて堅実なアドキンスアクションにプラスでハードコアヘンリーのようなFPSアドキンスアクションも見られて若干新鮮味があった

手錠をかけられたアドキンス無双とジョンウィック1を彷彿とさせるクラブでの銃撃戦、格闘アクションもそれなりにあるけど銃撃戦が若干多めかな、アドキンスとタイマンはる強ファイターがアッサリだったしほとんど雑魚兵をボコるからアドキンスの安定性が光る1本だ
netwalker

netwalkerの感想・評価

2.0
身体はキレてるが演技はキレないアクション俳優の二流映画。
ええつまらないですよ。
主人公は特殊部隊の隊員であった過去を隠しながら息子と二人で暮らしていた。
ある日、何者かに息子がさらわれてしまう!
相手は「言う通りに動かないと息子の命はない」と脅迫する。
果たして主人公の運命は…?



いかにも午後のロードショー向きな映画(笑)
意外と面白かったです。

無駄のない銃撃に格闘!
鮮やかな回し蹴りがカッコいい( `ー´)ノ

テンポはゆったりなので前半はキツいかもしれない。
後半に進むとアクションも盛り上がってくる!


物語はすぐさま忘れてしまう自信があるぜ( ̄ー ̄)
ジェシーVジョンソンの映画に出ずっぱりだったアドキンスが久々にフロレンティーンの元に帰ってきました。
とはいえ今迄のフロレンティーン&アドキンス映画に比べるとちょっと落ちる出来でした
アドキンスの大暴れは堪能出来るけどやっぱりアクション映画はラストで強敵とタイマン張ってくれないと締まらないです。
クリス

クリスの感想・評価

3.1
2020年作品にも関わらずこんな超B級作品が製作されるのは、嬉しいやら哀しいやら。

ギャングに息子を誘拐された元工作員が極悪人始末を任されてしまうってストレートな話は、面白い雰囲気だけどアクションシーンがS・アドキンスの特性を活かした物になってないのでそんなにスゴくない…

銃撃戦でのマズルフラッシュが安っぽいし車を運転する車内シーンの背景が合成バレバレ……
ラストのハーレーのワンカットもヒドイ❗

ギャングスタのM・V・ピープルズの悪党だけど悪役じゃ無いキャラでなかなか良かったかな(終盤の格闘シーン、小粒ながら見せ場❗)
>|