バッド・ウェイヴの作品情報・感想・評価

バッド・ウェイヴ2017年製作の映画)

Once Upon a Time in Venice/Going Under/Untitled Detective Comedy

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:94分

3.0

あらすじ

カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のヴェニス。西海岸でも有数の観光地として知られる美しい海岸沿いの町で探偵業を営むスティーブは、窮地を救ってくれた友人の頼みで凶暴なギャングのボス スパイダーに奪われた車を取り返しに行く。激しい銃撃戦の末、何とか車を奪還したスティーブだったが逆にスパイダーの恨みを買ってしまい、襲撃を受けた挙句に愛犬のバディを誘拐されてしまう。そして再度スパイダーのアジトに向かったス…

カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のヴェニス。西海岸でも有数の観光地として知られる美しい海岸沿いの町で探偵業を営むスティーブは、窮地を救ってくれた友人の頼みで凶暴なギャングのボス スパイダーに奪われた車を取り返しに行く。激しい銃撃戦の末、何とか車を奪還したスティーブだったが逆にスパイダーの恨みを買ってしまい、襲撃を受けた挙句に愛犬のバディを誘拐されてしまう。そして再度スパイダーのアジトに向かったスティーブだったが、そこにバディの姿はない。なぜかスパイダーからバディと麻薬を持ち逃げした彼の妻の捜索を依頼されたスティーブは早速調査に乗り出すが……

「バッド・ウェイヴ」に投稿された感想・評価

剛毛

剛毛の感想・評価

3.5
冒頭の、ハダカでスケボーは笑えた。
アクアマン、強面だけど案外いい奴。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.5
やっぱりブルースは最高!
いきなりここまでやる?ってことに!
ドタバタがすごすぎて、途中でわからなくなりそうになりますが、ラストまで一気にぶっ飛びました!
ブルースにはまだまだ頑張って欲しいと思った作品でした。

2018年221本目
ブルースウィルス見たさに _(:3 」∠)_
確かに主演ではあるけど・・「完全復活」の言葉に期待しすぎました!
パッケージで想像したのと違って、かなりコメディよりのアクション
特に見所もひねりもなく、うまいことポンポン話が進んでいく感じなので何も考えずにポケーっと観れます ◎ 疲れた頭にオススメ

スパイダーが意外に憎めないキャラで微笑ましかったのと、全裸のスケボー大疾走はシュールすぎて笑った(笑)(笑)(笑)
む

むの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

全裸スケボー笑った

ゆるーくて面白かったけど、パッケージはちょっと詐欺かな笑
久しぶりにブルースウィルスのアクション見てちょっと安心した。少年みたいにスケボーやったり、女にすぐ手出したり、完全にコメディではあるけど、彼のまだまだ現役感が味わえました
さこん

さこんの感想・評価

3.5
冒頭から全裸でスケボーに乗り、街を疾走する😄さすが、ブルースさん👍面白かった、探偵物語👍
あめり

あめりの感想・評価

4.2
ジャケットとのギャップ!普通のアクション映画かと思ったらB級コメディーな感じ。個人的には凄く好き。ストーリーがぐちゃぐちゃでぶっ飛んでる感じもツボです。
ロク

ロクの感想・評価

3.5
ブルース・ウィリス久々の主演作ということだったのでアクション物なのかなって思ってたらユルい感じのコメディ映画でした。不祥事で警察をクビになって今は私立探偵をやっているブルースさんが強面の兄さん達から捜索を頼まれていたセクシーなアジア系姉ちゃんと寝ているところを兄さん達に見つかって殺されそうになったところを助けてくれた友人から地元ギャングのボスに取られた愛車を取り戻して欲しいと頼まれてボスの自宅から愛車を盗み出したことからギャング団やロシアマフィアなどを巻き込んだ騒動へと発展していくという話ですがブルースさん全裸で町中を走りまくったり女装したりと老体にムチ打って頑張ってましたし嫁さんに逃げられて自暴自棄となって暴れまくるブルースさんの相棒役のジョン・グッドマンもイイ味出しててB級クライムコメディとしては面白かったです。ギャング団のボスを演じてたアクアマンのジェイソン・モモアや少しだけ出てくるX-MENのジーン・グレイ役のファムケ・ヤンセンなど脇役の俳優さんは意外と豪華だったので、ビックリしました。
Nori

Noriの感想・評価

4.0
近年ブルース主演のジャケ詐欺に何度も騙されたが、これは文句なく主演です。
評価は低いようですが、私は好きだ。

40歳以上のおっさんには、ブルースの生き方には夢を感じ共感も出来る。

男の友情もいい
ゆるいコメディー探偵映画です。
俺向いてなかったす…
コメディとしてもスベってないすか?それとも俺がすれてんのか…
>|