てくのすけ

リトルプリンス 星の王子さまと私のてくのすけのレビュー・感想・評価

4.0
原作をそのまま映像化するのではなく、物語がいかにして受け継がれるかというのを、語る者と読む者を具現化することで一層強く印象付ける。原作の味を損ねることなく、現代社会への皮肉と心の在り方を問う形をより強調したのは面白い。とても良いです。

ストップモーションアニメと3DCGの共存も違和感なし。あの絵がイメージそのままに動き出すだけでワクワク。柔らかそうな和紙のような質感が凄くいい。画一化された街並、灰色の家々、その中で飛行士の家や庭だけが華やかに色付き少女に自由な世界を見せる。

母親作の人生設計ボードは少女を縛る管理社会の象徴ではあるものの、あのシステマチックな機能美、あれはあれでちょっとカッコいい、などと思いました。あと星の形が星型なのが可愛い。