フリー・フォールの作品情報・感想・評価

「フリー・フォール」に投稿された感想・評価

無

無の感想・評価

3.5
ドイツ映画熱がまた上がってきたのでずっと観たかった作品をついに鑑賞!
ただの恋愛映画なら切ない…で終わるところが不倫物なので他の方も書かれてるように現代版・ドイツ版の「ブロークバック・マウンテン」と言った内容だけどこちらの方が奥さんが裸にならないのが良いし、何故あえて既婚者を選んでしまうんだろう…とか妻が妊娠中だったからそうなってしまったんじゃないかとか色々モヤモヤする部分もあるが恋は理屈じゃない!と言われれば黙るしかない。
「サマー・ストーム / 夏の突風」では最初からゲイだったハンノ・コフラーが今作では戸惑いつつも同僚のカイに惹かれていくマーク役を好演。
マックス・リーメルトも彼の持つ綺麗な瞳を活かした悲しげな眼差しが印象的でマッチョだらけでたくましい男の世界の象徴みたいな警察官役で仲間に同性愛者である事を知られ、マークとの関係もあり職場を去るカイ役がものすごく良い。
病院でマークがカイとキスしてる所を母親に目撃されるシーンは至ってシリアスで気まずい場面のはずなのについ噴いてしまう…w
妊娠中に夫に浮気をされずっとマークの態度を怪しんでいた妻役のカタリーナ・シュットラーが幸が薄そうな顔立ちのせいもあってか、どの映画でも不幸な役が多くて可哀想。
「ジェネレーション・ウォー」でもそうだし、先日観たドラマ「リトル・ドラマー・ガール 愛を演じるスパイ」でも最後は殺されてしまうしドイツの女優って歴史的なものもあって悲惨な目に遭う率が高すぎ。
前から思ってたけどマックス・リーメルトって切ない雰囲気や目元がマティアス・スーナールツに似てると思う!
この映画のラストは決してハッピーエンドではないし、ドイツらしい暗いタッチで進むストーリーは嫌いではないけど監督がクラウドファンディングを募ってこの話の続編を作る計画があるらしいのでその後の二人を観てみたいし今度はちゃんと幸せな結末を観たいが、そうなるとマークの奥さんと子供の事があるし、どう決着をつけるのか気になるので是非続編を作ってほしいし、日本での公開も希望!

Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=dzQWmi2Glzc
2の予告?
https://www.youtube.com/watch?v=33Jd-1gG2mo
https://youtu.be/Va7P6_L9nS0
KYON

KYONの感想・評価

4.0
これぞマックスリーメルト、、一番彼の実力が発揮されている作品だと思います。

ブロークンバックマウンテンとかよりだいぶ現実味が強く、共感を呼びやすいはず。
https://twitter.com/ryoko_movies/status/1269994979968991233?s=21
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.8
「フリーフォール」
ベルリン映画祭出品LGBT作品の本作は題材が非常に良くて好きだ。父親の警官が同性愛者の同僚のために転落し彼の人生が崩壊する一部始終を描いた良作で激しいキスシーン等ゲイワールド炸裂してるが警察組織の中の少数派の人生対策や家族持ちの一線越え等非常に重い映画だ。
LALA

LALAの感想・評価

3.8
友人からオススメされて鑑賞。

うぅぅぅぅぅ…ってなった。

彼女、この映画を題材に論文書いたらしくて、それ読ませて欲しいなぁ。

ドイツ語だからチンプンカンプンだろうけど🙈
『ブロークバックマウンテン』でアメリカのカウボーイ、そして今作のドイツの警察官。
どちらも「男の中の男」像がステレオタイプ。
その警察官が同じ警察官に対して、ゲイに目覚める。
その警官には妻と産まれてくる子供が。
不倫というのには、あまりにせつない。
誰が悪いとは言えない、誰も幸せになれない。


2017年に次作の制作費をクラウドファンディングで募集していて、その後の2人を垣間見ることができた。
彼等のその後を見たいような、このまま(自分自身の記憶を)そっとしておきたいような...
遠いほろ苦い記憶のよう。
zogli

zogliの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

レッドバロンで毛皮のコート着たユダヤ系戦闘機乗り役をやってたハンノコフラーと、ボクシング推薦でナチのエリート養成所ナポラに行ったフリードリヒ役のマックスリーメルトの共演という夢のようなユニバース
ちょっと思う事があって所持円盤(独音声英字幕)を数年ぶりに鑑賞

誰も幸せにならないし希望のない終わり方が嫌だと思っていたけれど以前と比べて見方が変わったのか受ける印象は違ったし、必要なのはゲイとかストレートとかバイとかのカテゴライズではなくてあの人だったという終わり方は決して残酷ではないと思った

肝心なとこはダイレクト描写じゃないのに職場のシャワーシーンが無駄に加工無しなので興味も無い同僚役のチ○コまで観る羽目になったのはいかがなものか
Hiroki

Hirokiの感想・評価

3.0
結婚をして、もうすぐ父親になる男が、ゲイの同僚と関係を深めていく様を描いた作品。結末を受け容れなきゃいけない関係って苦しいだろうな。
A

Aの感想・評価

3.7
*193 2014/07/20 スパイラルホール(第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)にて鑑賞