SPARKS スパークスの作品情報・感想・評価

「SPARKS スパークス」に投稿された感想・評価

てつ

てつの感想・評価

3.7
チープなウォッチメンみたい
いい暇つぶし
CGヒドイとか色々あるとは思うが、ノアールタッチで話が二転三転する展開はこれぞグラフィックノベル!

アメコミはマーベルとDCだけじゃない!
Pivote

Pivoteの感想・評価

1.0
なにこれ…
B級、C級…とすら言っていいものなのか危ういレベル。

色々ひでぇけど、個人的には何故あのオバはんを敢えてヒロインに持ってきたのかが一番気になるところ。
製作サイドの趣味??、あれはやっちまった感がスゴい。
どー考えても、あの顔変える女の方がマシでしょ。配役が逆じゃね??
もはや内容とかよりそっちの方が気になってしょうがなかったねw
2016/08/02


1920年NYに隕石が落下。生き残った者たちはその影響で特殊能力を身に付けた。スパークスはヒーローとして活躍を始める。


ロチェスターの13人←


隕石落下は、神の御業

おばあちゃんにスーツを作って貰ってた。
しかも、すぐ破れるから何枚も

〝世界が必要としてる“光”になってね〟

レディーを見つけ

大物はレディーに任せて、僕は雑魚。笑

ナイト・キング・コールの歌の意味をついに理解した。

マタンザ、ソウみたいだな←

スレッジ、かわいそう。
一緒に行ってもええやん。

まさかの、サプライズ←

からの、捕まる←

マタンザとマスター・イエス。

復讐によって、おばあちゃんが...

“力”を持った2人と出会う

ドーンがレディーに姿を変えて...

RED・G←

ヘビ男の顔で〝早く、良くなって〟ってwww

いつの間にか“力”があった。
気づくの遅くないか

指だけ残る。

半年後←

指1本で再び復活!

〝君のイエスだ〟

また、犯人は屋上にのサプライズね。


ローズ、エリザベス、デダル、ギーエンにサメとか捧げる。アンジェリーナ、ドミニク、ジェレミーにも。
花紫

花紫の感想・評価

2.1
CGはショボいけど雰囲気は嫌いじゃなかった。
善悪がボヤッとしていて、入り込めない。
私にはどうしてもレディが戦う強い女に見えなくて苦手。
ストーリー構成が滑らかじゃないというか、展開が雑。アクションもカッコ悪いし、面白くなかった。
2015.08.
のじこ

のじこの感想・評価

2.9
なんかアメコミヒーローっぽくない感じ
時代的に仕方ないのかもしれないけど
コスチュームもへっぽこいw
まぁ、ばあちゃんの手作りだしヽ( ´ー`)ノ

レディーとスパークスの見た目年齢みたいなのが
吊り合って無い気がする

見始めは退屈な感じで見るのやめようかと思ったくらい
終盤になって、色々と分かって来た時にやっと面白くなったかな
よくヒーロー物で大活躍する映画の後で「こうして誕生した」みたいな作品出るでしょ
あんな感じ
グラフィックノベルを上手く映像化したシンシティのCG表現を流用するも安っぽ過ぎで予算足りなかったんだろうなと思えてしまう。アクションや迫力は期待しないで見てください。ストーリー自体はウォッチメンが好きならこっちも楽しめるかなぁ。脚本は矛盾点潰しをもっとしないと原作がもったいない
脚本としてはまあまあ面白いと思った。20年前の隕石によってスーパーパワーを手に入れた人物がいて、その人たちは悪を退治していた。だが主人公はただの何の能力も持たない凡人。そんな中で彼なりに悪行退治をしていき、事件に巻き込まれていく物語。
鑑賞後に思ったことは、脚本は悪くない・・・。問題はなんといっても派手さ、そしてB級映画にもならない作品の否めなさ。気になったのが、CGの使い方が下手。なんの変哲もない夜の街の風景がCGになっているし、かと思えば別世界をCGで表現したり、そのせいで、世界観がイマイチつかめなかった。これは正直駄作。肩を持つとすれば、ストーリー性はあって、サスペンスを感じて退屈はしなかった。
全く盛り上がらないシンシティて感じ。能力が全然活かされてなくね?
桔梗F

桔梗Fの感想・評価

3.4
1920年、ニューヨークに隕石が落下し、わずかに生き残った者の子孫はその影響で特殊能力を身に付けていた。
その一人スパークスはヒーローとして活躍していたが…

↑という宣伝文句だが若干偽りあり(苦笑)

アメリカで「ダーク過ぎる…」と一部で有名なアメコミ原作らしいが確かにダーク過ぎる( ;∀;)

まずスーパーヒーローではないし、アクションも少ない。

見終わった後、「とんでもないアメコミものを観てしまった」と思い、他の方のレビューを探したが、ほぼレビューなし(*´∀`)


ストーリーはヒーロー・スパークスが警察や何者かに終われ,深夜の新聞社に逃げ込んでくるところから始まる。

そこで、新聞記者にこれまでの経緯を話し始め、過去に遡る回想もの。

主人公は少年時代の事故で両親を失い、祖母に育てられる。
スパークスはヒーローに憧れ、なんちゃってヒーローとなり悪を倒し成長する。
戦闘力はケンカにちょっと強い程度。

同じくなんちゃってヒロインの人気者レディー(アシュリー)とペアを組み、恋に落ちプロポーズ♪

しかし、連続殺人鬼の罠にかかり、スパークスの人気は失墜し、レディーは別なヒーローの元へ… 

ここからヒーローのクズドラマが(苦笑)
どんな人物にも変身できる特殊能力を持つドーンと体の関係を( 〃▽〃)

しかし!!彼はドーンに元カノへ変身させてからH…まさにクズ
結局、生活のため変身売.春で生計を立てるドーンのポン引き(ヒモ)に( ;∀;)

ちょ(笑)スーパーヒーロー…

その後も騙されて強盗の片棒担がされたり、殺人事件の濡れ衣を着せられ(笑)警察に追われる(笑)

結局はスパークスにも実は「不死身」という特殊能力があり、連続殺人鬼と戦うのだが、戦闘力の低いヒーローは不死身ならではの超必殺技を披露する( ;∀;)これだけは必見!!

回想映画だが編集が下手でストーリーがわかりにくく、アクションも殴る蹴るくらい、主人公はカスだし(笑)映画としての質は高くない(;´_ゝ`)

ただ、1940年代設定のアメリカ描写とあまりにダークな世界観はツボにはまった(*^^*)

日本のアメコミファンには総スルーされてるが、コアなアメコミファンか珍作好きの好事家にだけはお勧め(;´_ゝ`)

主演のチェイスは日本で発売された映画がド珍作「クリーチャーズ」と本作だけと珍作ヒーローになってしまった( ;∀;)b
そんな彼が大好きだが(*´∀`)

王道アメコミヒーローものや派手なアクションを期待すると爆死です(^^;
>|