ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊の作品情報・感想・評価

「ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

-
自分入れて8人しか観てない(笑)スコアはマイナス三点
この映画を観終え時間の浪費感に襲われちゃってます。ボ~クボ~ク笑っちゃいます♪(by 風見しんご)不完全なパニックに、不気味じゃない不気味さに、意味分からない勇敢さ、ここいりますか?のセクシーシーン、なんやわからんゾンビ若しくはバンパイアいやそのハーフ、B級以下のも一つ⬇の映画よろしく、日本版のジャケット表紙は米軍の最新歩兵装備で完全武装した女性兵士がライフルを構える写真が載っとりますが完全に詐欺の差し替えがおこなわれてる。そないなリアルキャラは一切登場しいひん。『アンダーワールド』と『G.I.ジェーン』の間くらいの美しきLADY VANP の兵士が片方の目玉が落ちかけて腐乱したゾンビをメッタメタのギッチョンチョンでバッタバッタと倒してくれる場面を期待してたんやけど、甘い期待は裏切られ、そないな場面は皆無。ホントに全くnothing で、FUCK movieす!ゾンビ加えることのVANPってのは、はじめっから怪しいのに、まんまとタイトルに騙され観ちまった!汚れちまつた悲しみに今夜も小雪が降りかかる。しかも最後まで、痛い今風にイタいハズレ作品やったFUCK! 毎度~嗚呼~お馴染み~のアホな若者グループ、乗ってきた車が故障し、とある町に迷い込み、アホなのだろう、いきなり服を脱いで、水着に着替えたとおもたら湖にダイブ!彼女が水着に着替えたら原田知世と織田裕二ならまだしも、このアホな若者グループは汗で臭いと云いながら、汚い藻が一杯の湖に入る根性が解らん。餅の論、後は無人のモーテルに無賃でチンはマンは複数で宿泊し、その夜お約束通りゾンビ登場!若者達に襲い掛かる!その後の展開はもし気になった人は観てのおたのしみにしておきます。意味なく銃はバンバン撃ちまくるし、メイクアップへたくそゾンビはクソ湧いてくるし、クソ殺陣ソードアクションもあり、ソースアクションも入れば完璧にjunkなのに、ストーリーなんてまさに皆無に近いかな。何でも有りみたいやし。それなら有吉反省会に出演してる岩下志麻子を出して欲しかった!知らない人のために画像を添付しときます

https://goo.gl/images/QHCbrb

ただ云えることは!クソ映画の割には銃火器はB級とは思えへんほど多く使用されとるさかいに、監督はガンマニアに違いないって事かな。とはいえB級映画と割り切って観てたならまだ普通に観れたかも!期待し過ぎた自分の落ち度があるんかも。
ヴァンパイア・アーミーVSゾンビや狂牛病に感染した“VZ”(ヴァンパイアゾンビ)という設定は悪くないけど、ほとんど撃ちまくるシーンしかないので途中で飽きてくる。

むやみに人間の血を吸ったら悪い病気になったり(仕方ないので牛の血を吸ってる) 活動できない昼間はネットオークションやネットラジオの人生相談などで生活してる悲しい事情もあったりして最近のヴァンパイアも大変ですよ(´;д;`)

ラストは残ったみんなで頑張って行こう!みたいな感じです(笑)

やたら奇をてらったB級映画です。人間&良いゾンビ VS 悪いゾンビ、という構図は少し目新しい。異様に多くて長い銃撃戦シーンは多くて飽きます。

多少目新しかったので見て損したとは思いません。途中のストーリーずれは目をつぶるとしても、できればリーダーが永遠の命を授かるシーン、顔にキズにあるリーダーの旧友についての説明も欲しかったですね。リーダーがファルサルスの戦い(Wikipedia)がどうのこうの、と言ってたので歴史に詳しい方ならリーダーがあの歴史上の人物で、キズの男が同じく歴史上のアイツなんだな、と把握できるのかもしれません。でもそんなのパッとわかる方は極少数のはずなので歴史好きな監督の一人よがりです。

そうつまり、ネタは斬新で面白いが、ストーリー脚本ともにガバガバ斬新なネタのままアクションで引っ張ってそのまま走り抜けた感じですかね(笑)
オチも微妙すぎて半笑いでした(笑)
でもまあ斬新でB級感突っ走った印象は個人的に好きなのでまた見ます(笑)
SHiKa

SHiKaの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

見たときのメモに「頭を撃っても死なない」「脳みそを破壊・脊髄を切断・燃やす・日光に当てると死ぬ」って書いてあって、その下に「じゃあ頭撃ったら死ぬんじゃ……」って書いてあった。

ひたすら戦闘シーンが続く上に、何コレという回想シーンが挿入され(それも戦闘シーン)、挙句俺たちの冒険はまだまだ続く的なエンディング……。
稀に見るクソ映画!と思ったけれど、何故だかまた見てみたい気になっている。