ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊の作品情報・感想・評価

「ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊」に投稿された感想・評価


やたら奇をてらったB級映画です。人間&良いゾンビ VS 悪いゾンビ、という構図は少し目新しい。異様に多くて長い銃撃戦シーンは多くて飽きます。

多少目新しかったので見て損したとは思いません。途中のストーリーずれは目をつぶるとしても、できればリーダーが永遠の命を授かるシーン、顔にキズにあるリーダーの旧友についての説明も欲しかったですね。リーダーがファルサルスの戦い(Wikipedia)がどうのこうの、と言ってたので歴史に詳しい方ならリーダーがあの歴史上の人物で、キズの男が同じく歴史上のアイツなんだな、と把握できるのかもしれません。でもそんなのパッとわかる方は極少数のはずなので歴史好きな監督の一人よがりです。

そうつまり、ネタは斬新で面白いが、ストーリー脚本ともにガバガバ斬新なネタのままアクションで引っ張ってそのまま走り抜けた感じですかね(笑)
オチも微妙すぎて半笑いでした(笑)
でもまあ斬新でB級感突っ走った印象は個人的に好きなのでまた見ます(笑)
SHiKa

SHiKaの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

見たときのメモに「頭を撃っても死なない」「脳みそを破壊・脊髄を切断・燃やす・日光に当てると死ぬ」って書いてあって、その下に「じゃあ頭撃ったら死ぬんじゃ……」って書いてあった。

ひたすら戦闘シーンが続く上に、何コレという回想シーンが挿入され(それも戦闘シーン)、挙句俺たちの冒険はまだまだ続く的なエンディング……。
稀に見るクソ映画!と思ったけれど、何故だかまた見てみたい気になっている。