ハゲタカゾンビ 感染注射の作品情報・感想・評価

「ハゲタカゾンビ 感染注射」に投稿された感想・評価

Cem

Cemの感想・評価

4.5
エリン・ブラウンちゃんが好きで2年前に買ったっきり観てなかった
特殊メイクもグロゴア描写も良かった!怪しい実験と怪しい博士が最高♬.*゚この博士が実験した男に殺られるっていうお決まりな冒頭から楽しい!死んだ感染者を食ったハゲタカがゾンビになって人間を襲っていくのも面白いし、アナルに棒突っ込むエリン・ブラウンちゃんが素敵じゃん🥺
B級ゾンビにしてはテンポいいし良く出来ていた。へなちょこハゲタカも、へなちょこCGも好き!
ゴアゾンビ映画もう一丁!!!!w

兎に角、滅茶苦茶血みどろ!!!ハイテンション!!!

ちったぁ落ち着いてください。w




狂気のマッドサイエンティスト、ワシリエンコ博士によって森の奥で密かに行われている、おぞましい人体実験。
博士はカメラを回しながら、泣き叫ぶ男の脳みそを切り開きレイジウィルスなるウィルスを投与し、男は怪物に進化!!!

だが制御不能レベルに狂暴化した怪物は拘束を解き、大暴れした挙句博士をぶっ殺し逃走!!!
乳繰り合ってるカップルを喰らい山の中を彷徨っていたが、苦しみ息絶えてしまう(!?)。

だが、そいつの死肉を沢山のハゲタカがムシャムシャしたことによって狂暴化し「ハゲタカゾンビ」へと進化!!!!!w
ハゲタカゾンビはそこら辺の人を襲い狂暴なゾンビに変えてたり、おバカな若者グループ襲い掛かったりして、山の中はトンデモねぇ地獄に変貌するのだった!!!!!!!!




狂気の科学者の実験によってゾンビ化したハゲタカが生まれ、人々を襲う、ハイテンション・グチャ味噌・スプラッター・ゾンビ・モンスター・パニック映画!!!w
監督は「ウィッシュマスター」のロバート・カーツマンさん。

何やら凄まじいグロゴアモンスターパニック映画と聞いてず~~~っと気になっていた今作、ようやく見ることができました。
そして実際、その期待を裏切らぬ凄まじいシロモノと化してました。www


何と言っても全編、ハイテンションでパワフルな残酷演出のオンパレード!!!

初っ端から脳みそ丸出し女の絶叫から始まり、その後も脳天切開、脳天ザックリ、目玉抉り、臓物ムシャムシャ、首チョンパ、脳天ドリル、等…。
兎に角凄まじい勢いで繰り出されるゴア描写の嵐。
序盤から女子供が容赦なくブッ殺され、その後もやたらグロシーンまみれな惨殺&血みどろのオンパレード。
どうやら制作陣が特殊メイク畑の人々で構成されてるみたいで、全編特殊メイクをフル活用したスプラッターな見せ場が満載!!!

作品自体は低予算らしく、空飛ぶハゲタカのCGはチープだし、どう見ても合成丸出しなシーンも多々見受けられが、それでも気持ち悪いクリーチャーや残酷シーンはしっかり特殊メイクを活用して描いてるのも好感触でした。


お話は、「若者グループがマッドサイエンティストの実験に巻き込まれエライ目に遭う」というありがち~なお話で、滅茶苦茶ベタな内容。w
脚本はツッコミどころ満載で、よくよく考えると行き当たりばったりな展開の連続だ。w

だが、話のテンポはやたらとスピーディだし、特殊メイクをフル動員したグロやモンスターの見せ場も多く飽きずに楽しめる。
怪物の襲撃シーンも凄まじく、凄まじい勢いで襲い掛かり、対する人間も石で激しくブッ叩くわ、そこいらの凶器を拾ってキレながらブッ刺しまくるわで全編、落ち着きがない!!!
(ゾンビに噛みつく博士に笑ったw)
この凄まじいテンションが最後まで続く!!!
多少落ち着く場面はありますが、それ以上にテンション高い場面の方が目立つ&多いため、終始テンション劇高で見れた。w
素晴らしいね!!!w

またハゲタカのゾンビだけでなく、凶暴ゾンビやら巨大ヒルやらゾンビ化した博士達等、登場するモンスターもやたら凝っており、良い味出してます。w
(後、博士の過去がやたら悲惨だが、笑えばいいのか泣けばいいのか。w)
話は薄っぺらいのですが、怪物側のキャラが妙に立ってるので、内容のしょうもなさを感じずに見れる点も大きい。
(まぁ結局はしょうもねぇお話なんだがw)
個人的にはアミバチックにマッドすぎる科学者のキャラが何か好きだw
(博士のキャラやクライマックスで「死霊のしたたり」を思い出す人、何人かいると思う。w)

ハッキリ言って話が多少スローになる場面はあるのでそこを気にする人は多いかもしれない。
が、肝心の内容が滅茶苦茶忙しないのでむしろ落ち着けるという不思議現象。w


一般視点から見たらしょぼくてグロいだけのバカ映画にしか見えんかもしれん。
だが、グロやスプラッター、パワフルさに全振りし、しょぼさ、チープさを物ともしない熱量に圧倒された、凄まじい映画だった。
ハッキリ言ってバカ極まりない映画だが、俺この映画、滅茶苦茶に好きですwwwwwwwwwwwwwwwwwww

勢いのあるバカスプラッターが好きなら是非とも見て損はない。
超が付くレベルでオススメします!!!!wwww
ILC

ILCの感想・評価

4.3
数あるゾンビ映画(とはいってもほぼ駄作しかないが)の中でもこれは好きだな。
CGしょぼいけどそれ以外でカバーできてる。
6cm

6cmの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

悲劇のおじさんが復讐のためにやべー薬作って実験したら悪魔の毒々モンスターみたいなのが出来上がって脱走、それをハゲタカが食べて、
「ハゲタカは特異な酵素を持っている」っていう都合でハゲタカゾンビ大量発生。
子供も容赦無くひどいことになるところが好き。
水溜りに食べ頃のサンマくらいのヒルがウヨウヨいるのが謎。
しゃべるタイプだし、ゾンビじゃないじゃん!って残念だったけど、すごい見応えあって結局楽しかった。
ハゲタカ✖︎ゾンビ

こんなぶっ飛んだ発想誰が思いついんだろう

序盤から幼女が惨殺されるサービスぶり

スプラッター描写はストーリーが進むにつれてパワーアップしてゆく

頭部切断や人肉貪りは勿論のこと、脳味噌もズルムケになる

非常にコンパクトで斬新な映画

ホラーマニアには嬉しい"レジーバニスター"もゲスト出演(ファンタズムの人)
グロまで3分。いきなり汚い実験室で脳みそイジくります

★狂サイエンティスト
★実験体(ゾンビ)
★実験体を食べて凶暴化した禿タカ
★オマケのヒル

に森で襲われる。ドストレートなノリとBGMはパーティホラーの様です。車窓の景色がそのまんま合成で懐かしい気持ちになるし、粗々しいハゲタカの動きは古き良き怪獣映画を思わせる。カメラガクガクだし血も爆発もう◯こもガッチリCG…

顔面メイクや臓物のぷるぷる質感が結構ハイレベルで、演技その他のチープさとの激しい落差が一番の味と言えそう

ゾンビの長い長い自分語り回想シーン&胴から離れても喋っちゃうワイヤレス頭部が印象的📶やっぱりそう来る?とハズさないエンドからのハードロックでしっくり収まりました。頑張った👏
ハゲタカとゾンビ

なんだこれは(笑)
しかし、面白い( ´∀`)

グロもよく出来ていて、首も吹っ飛ぶ子供も食われる、なかなかの景気の良さでした!

ハゲタカのショボさがまたイイw



マッドなサイエンティストが、山奥で"レイジ・ウィルス"を開発。
それを投与されると……まぁ意識のあるゾンビみたいになるのだ。

で、案の定そこから被験者が脱走。
何人か食って倒れたら、それをハゲタカが食べてしまう。

そして、そのハゲタカに噛まれたりゲロられると、その人はゾンビになってしまい…



やめてー
ハゲタカで殴らないでー

冒頭から、脳ミソ見えてる女性の絶叫!
からの被験者大暴れ!!

楽しい(* ̄∇ ̄)ノ

血糊もべっとり大量、特殊メイクもかなり凝ってます♪
目玉はご馳走のようですね(笑)

途中登場の子供2人も、迷うことなくぐっちゃらけにされるのが、素晴らしいw

ラストはヒロイン無双!
マッド・サイエンティストにも引けを取らない、ぶっ刺し祭り~

爆発や血飛沫、ハゲタカがCGなのは残念ですが、その分色々暴れてるから許すw

途中野外フェスがあるのですが、そこに出てくるバンドが"ラムシュタイン"みたいで格好良かった~!!!
踊ってるお姉様も綺麗だったし☆

EDはMushroomhead!!!

ハゲタカである意味はいまいち分かりませんでしたが、楽しいぐっちゃらゾンビでした♪
Haman

Hamanの感想・評価

3.4
マッドなサイエンティストによってゾンビなのか何なのかわからんやつが生まれて、ハゲタカがそれ食べてゾンビハゲタカになって、ゾンビハゲタカに吐瀉物かけられた奴がまたしてもゾンビなのか何なのかよくわからん奴になるという無限ループ。子供にも容赦はしない漢気は感じた。
ハゲタカよりもコンドル派です。
ある研究者が森の中でゾンビウイルスの研究をしていたら、ゾンビが脱走しちゃって、そのゾンビをハゲタカが食べたらハゲタカゾンビになっちゃった話

午後ロードで巨大生物映画でよくあるクオリティ程度のB級映画。制作費の少なさに起因するスケール感の小ささ(ほぼ森)や雑でチープなCGはさて置き、めっちゃ下手くそなカメラがぶんぶん上下左右に振るせいで画が見づらい。そしてそして、ゾンビが理性で食欲を抑えて会話も出来て、あろう事か研究までしてるときた。ゾンビじゃないですこんなの!!そこら辺を除けば、ストーリー展開は割と良いし、このB級臭にしては面白い方の映画だったと思います。
odoro

odoroの感想・評価

3.5
初っぱなの、ゾンビウイルスで人体実験を行う博士と感染させられた旦那ゾンビ対決からして◎。ニヤッとしたあとの頭突き、旦那ゾンビ良いですねぇ。

襲われる若者グループにはなんの魅力もないですが、ハゲタカゾンビに襲われた後にも、何かと映り込み登場するジェイ君がツボでした。

彼氏がまたアホっぽい。
やることなすことアホっぽい。
鼻血までアホっぽい。
愛くるしいハゲタカゾンビにつつかれてしまいなさい。

子供だってお構いなしにズタボロ、注意。
>|