kuuさんの映画レビュー・感想・評価

kuu

kuu

映画とはリアルでもありリアルでもない世界、虚構、妄想、生き物領域から、神の領域、別時代、現在、過去、未来、記憶、願望、絶望、光、闇、笑い、哀しみ、俗物、芸術、その他あらゆるもので、我自身の身体の内で生きることはなく、別人生を生きる場所でもある、我の脳では思考し得ない、他者の脳を介し風景や色、感情や思考を彩り辿ることのできるものだと思う。

映画(1533)
ドラマ(0)

ZOOMBIE ズーンビ(2016年製作の映画)

1.0

オモロい映画と出会えなくなったユーネクスト解約時期かなぁ

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

4.0

カミソリは痛い、水は冷たい、薬は苦い、銃は違法、縄は切れる、ガスは臭い。生きてる方がマシ。

ザ・スリル(2013年製作の映画)

3.9

かなりスリルを味わえたなぁ!
自称変態の私でもってひゃっとした。
食事中にはどうか観ないで下さい。

>|