kuuさんの映画レビュー・感想・評価

kuu

kuu

映画とはリアルでもありリアルでもない世界、虚構、妄想、生き物領域から、神の領域、別時代、現在、過去、未来、記憶、願望、絶望、光、闇、笑い、哀しみ、俗物、芸術、その他あらゆるもので、我自身の身体の内で生きることはなく、別人生を生きる場所でもある、我の脳では思考し得ない、他者の脳を介し風景や色、感情や思考を彩り辿ることのできるものだと思う。

映画(1355)
ドラマ(0)

天の茶助(2015年製作の映画)

3.5

今「わたしに××しなさい!」に出演してる、玉城ティナがこの映画で主人公の妹役で出てるが、高知弁が妙に粋に感じたかな。

罪の余白(2015年製作の映画)

3.0

オイオイ、主人公って心理学を修得した、大学の先生ちゃうんかい!
まぁ、実際、心理学を学んでんのに、弄ばれる奴は、多々見たことあるが、
また、主人公も『学問と父子愛は違う』なんてほざいとったけど、こぅも
>>続きを読む

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

3.5

ケツの青い女の子が、友達の父ちゃん(ヘタレでジジくさいが、分からんでもない渋みを醸し出す中年パパ《金銭的なパパじゃない》)に恋をしちまう話。
恋に盲目になる故に、
はたまた、『恋』ってモンにLOVEし
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.9

見た目は平和に生活を営んでる家族が、
ある日、ある時、ある場所で、ひょんな事をキッカケに、一瞬のように絆が破壊される。
月日がながれ、壊れた己の家族を振り返れば、
崩壊は一瞬の出来事やったんちゃうかっ
>>続きを読む

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

4.0

絵画、音楽、そして、写真とか芸術と同じく、映画は、人の心を何らの形で動かす。
人は、己の今立ってる場所で、どないな風に心を揺れ動かされたいんか、
どんな心理状態を味わい、どういう風に心を揺れ動かされん
>>続きを読む

昭和最強高校伝 國士参上!!2(2016年製作の映画)

3.0

え?
誰も観てない!
一番乗り(笑)
主人公じゃない、サブキャラ、皇士舘一年生の番長「ステゴロ無敵」の阪東靖国役で、元DA PUMPのメンバーでダンサー・俳優の山根和馬が、まぁ鋭いアクションを見せて、
>>続きを読む

セーラー服と機関銃 卒業(2016年製作の映画)

3.5

セーラー服と機関銃 橋本環奈
https://youtu.be/pWcMuZdmUq0

まぁこのPV観てええなぁって思う方は観てハズレないでしょう。

また、
夢の途中 来生たかお
https://
>>続きを読む

ザ・ロード(2009年製作の映画)

4.0

悪が満ちた世であっても良心を持ち続けることの大切さを教えてくれます。

おとうと(2009年製作の映画)

4.5

両親の死に目にも逢えず、
元気なのに兄姉とも会えなくなった自分には、涙なしには観れない映画でした。

ベアリー・リーサル(2014年製作の映画)

2.5

主役のメーガン役の、ヘイリー・スタインフェルドは脇役なら味がある可愛い娘さんかなぁ。
彼女のことは、
Taylor swift のBad Blood ft.Kendrick Lamar
って曲のPV
>>続きを読む

ウォーロード/男たちの誓い(2008年製作の映画)

4.0

男三人(真誠実践よりも理論的なパン《ジェット・リー》、情のある故カリスマ性を発揮し、皆に慕われるツァオ《アンディー・ラウ》、誠心誠意生き、規律と義兄弟の絆を大切にするチャン《金城武》)が「生死を託し助>>続きを読む

ニック/NICK リベンジ(2013年製作の映画)

3.5

『ニック』シリーズもこれが第2作目やそうですが、初めて観ました。
主人公のニックはムチャクチャ強いってわけでもなく、また、ビックマグナムで撃ちまくるわけでもなく(映画の幕開け早々セックスシーンでブチか
>>続きを読む

ウォーキングZ(2013年製作の映画)

1.0

劇中人物はクソほど少ないし、演技もクソ。
劇中ゾンビはクソよか少しは多いがクソ。
クソ閑靜な雰囲気な映画す。
モノトーンと感じるか、心の底から深く感じるかは、観る人のコンディション、好み、木の実ナナに
>>続きを読む

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ 終わりなき旅(2014年製作の映画)

4.0

見当識ってのがある。
それは、今どないな時か、はたまた、ここがどないな場所かについての意識で、今自分はここで何をしとんのか、はたまた、何のためにここにおんのかについての意識で。
この見当識があらへんと
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.9

現代社会を現実的にキリこむ現代に現れた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者Führerヒトラー。
イマのドイツだけじゃなく、世界の諸問題を現代に現れたヒトラーがバサリとキル!てな感じなか。
>>続きを読む

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝(2011年製作の映画)

2.0

景色は風光、女性キャラ4人は強くて明媚。
風光明媚が事象が爽快に変化し暴れまくる。
ただ、全体的にそんな感じしか記憶にない。
非常に期待して見始めたんやけど、ちょい残念無念な感じ。
なんやろぅストーリ
>>続きを読む

夜と霧(1955年製作の映画)

3.8

この映画を、題名が同じやし、精神科医のヴィクトール・エミール・フランクルが書いた『夜と霧』を原作にした映画やと思い込んで鑑賞し始めた。
せや、題材が同じだけで違った。
違うのは違ったがこの映画と出逢え
>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

3.5

この映画は、人種の坩堝アメリカ、ホンでもってとりわけその顕著なロスアンジエルスの底辺での人種の衝突(クラッシュ)を、追突事故(クラッシュ)の前後の2日間の出来事を通し描いてる。
そこには、White、
>>続きを読む

>|